今日は7話

今日は7話!
帝国軍の内情が見えてきそうな感じで期待しています。
また予告映像を見るとビーストライガーの強化回でもあるようで、楽しみです。
(敵にパワーアップさせるって・・・、こんなパワーアップの方法がかつてあっただろうか…)


さてZEROについてあれこれ。

6話ではゾイドを保有するジャンク屋が登場しました。


レオ以外にも民間でゾイドを所有している人がいた。
本作の世界では、「軍や警察組織ではない、いわゆる一般人であってもゾイドを保有する事が珍しくない」ことが証明されたと思います。

彼らがやっていた事は帝国へのゾイド売却。
こういう取引が可能。しかもけっこう強気で交渉に出ていた。
あの態度を見るに、今回は失敗したとはいえ成功する確率も高いのでしょう。

「ゾイドを民間人が保有」というのはかなり危険です。
なのにそれを許す世界である。
「軍備拡張にいそしむ両軍」という状況を考えれば、むしろ「民間人のゾイド保有を発見→没収し軍の装備にする」くらいの事をやってしまいそうなのに。
なぜそうしないのか。
これは本作の世界特有の事情かと思いました。

ゾイドによる軍拡は戦車や戦闘機の生産とは事情が違う。「地中のゾイドを掘り当てる」事から始まります。


場所によって「まとまって埋まってる場所」「まだ見ぬ強力新種が埋まっている場所」などがあるハズです。

「軍拡は運に頼る部分が極めて大きい」という事が言えます。

むろん発掘・調査はゾイドクライシス時の記録などを元に行われていると思います。それによってある程度安定した「生産」が行えるのでしょう。
が、それでも思いもよらぬ場所に良いゾイドが埋まってる可能性は否定できない。

生物は「弱いと群れで過ごす」「強いと単独行動する」傾向があります。
つまり群れて過ごす草食獣タイプなどは掘るべき地点が特定しやすい。一方でTレックス、スピノサウルスなどの個として強いゾイドは単独行動ゆえ発掘地点を特定しづらい。そんな事情があると思います。
ゾイドクライシス時の記録として「ジェノスピノがここで暴れていた」という活発な時のデータはあるでしょう。
しかし力尽き最後の時を一人ひっそりと迎えた場所がどこだったか。そこまでは特定しづらい……。
そういう事情もあって、作中世界における強力ゾイドは「偶然に掘り当てる」ことに期待する状況にあると思います。

どこにあるか分からんものを偶然掘り当てたい。それはもうできる事といえば人海戦術しかありません。
動員できる人員は多ければ多い方が良い。

そこで軍は「ゾイドを発見ないし掘り起こした者には対価を払う」という事をしているんじゃないだろうか。

むろん調査や発掘は人だけよりゾイドがいた方が圧倒的にできる幅が増えます。
なのでゾイドを許可している。

私は次のように考えました。

1:
民間人のゾイド保有を許可する

2:
民間人がそれで事業をする事を許可する(例としてレオたちの運送業)。
これにより市民の生活レベルが向上する。

3:
発掘したゾイドは軍に売ることも可能である。


3をした場合…、
・軍は装備充実という利がある。
・市民は売却で高額収入を得る事が可能という利がある。

win-winである。

なお、ゾイドの調査・発掘にはゾイドがあった方が効率が良い。
これは民間人にゾイド所有許可されている理由の一つである。

なお、ゾイドを悪用する輩も発生すると思われる。
(例えば事業運営や売却ではなく、追いはぎに使うなど)

そうした際は軍が鎮圧に動いているものと思います。
「ゾイドに乗り暴走するならず者を鎮圧する軍」というのは市民感情を味方に付ける。
民間人にゾイドを許可する事は
・生活レベルの向上
・軍備増強
・軍への好感度向上

と、様々な利点があるのである……。

んじゃないかなぁ…と思いました。

本作におけるゾイドと人の関わり。軍と民間の在り方はとても興味深いと思います。
そんなわけで7話が楽しみ!!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント