悪乗りする

そうそう、先日ゲットしたアクアシューターズの可動拡大の改造をしました。


公式ブログで推奨してある方法で、スカートのデザインに合わせて切れ込みを入れるだけ。
これで座りポーズもバッチリ。


これにより、ゴーレムやメガトプロスにも搭乗可能になりました。


ピッタリ収まる。


すげーフィット感…。奇跡的なピッタリサイズです。


ハッチは少し浮きますが、気にならない程度には閉まります。
少し浮くというのは、サイズこそ24ゾイド兵士と同じくらいだが顔がデカい。
なのでその部分がつっかえるという事です。


デフォルメ頭身なのでこれは仕方ないですね、、。
機種によっては頭がつっかえる事もありますが…、それでもかなりいい感じに使える。


後部ステップに載せても良い感じ。


メガトプロス


メガトプロスはクリアー装甲なので見栄えが良いですねー。
いやー、いいなー。
こういう方向で売り出すのもアリだと思う。再販望む!

なおアクアシューターズの握り手は2.5mm軸に対応。なので無改造では24ゾイドの操縦桿(3mm)には対応していません。
これはピンバイスで握り手を3mmに拡張すればよろしい。
ただし、それをしちゃうと手が若干ゴツくなりすぎるので今回は行いませんでした。

さて前回これをトリケラ改に乗せたらあんがいいい感じだった。


そこで悪乗りしました。
オマケで換装用パーツを作ろうぜ計画を発動。


これは、いつか24ゾイドの改造とかで役に立つかも…と思ってストックしておいた1/24のシート。
持つべきものはジャンクよ……。
ここから一つ選び、以下のものを作りました。


座席の底面に合わせてプラ板をカットし、5mm穴をあけます。
これを底面に接着します。

ラウンドサンダーの背中には5mmのジョイントが付けてあるので…


こんな感じ。付きます。そしてフィギュアが綺麗に座れます。

座席によって背中の砲塔が付かなくなった。
そこでこんなものを作りました。


プラパイプとモデサポとブロックスのジョイントパーツと流星号の余りパーツで適当にこしらえた新型基部。
流星号をどこまでも搾り取る男、三式。


これはブロックスのジョイントと流星号脚部関節を組み合わせて作ったものです。
ブロックスのジョイントパーツと奇跡的な融合をしています。
サイズ感抜群。最初からそう作られていたとしか思えんピッタリ感です。


新型基部を組み立てた図。
砲はまたしても流星号からぶんどりました。
流星号の主砲です。最後まで残っていた大型装備ですが、容赦なく使ってしまいました。ごめん…。

ちなみにこういう改造なので実用性よりハッタリ感が重要と思い、角度は真っ直ぐではなく若干だけハの字に広がりを持たせて付けました。


基部はキャップ使ってるのがポイントですね。
射角は広くとっています。
基部旋回は全周囲へは不可能ですが左右ぞれぞれ30度くらいに旋回します。

砲は仰角と俯角が優秀です。
画像を見エレは分かると思いますが、前・上・後にまで砲が動きます。

30度の旋回性と仰角・俯角を組み合わせれば真横を除く広範囲をカバーできます。
逆に言うと真横は弱点ですが、まぁこれはこういう弱点があっても面白いかなと思います。


まだいきます。


これは100均のダイソーとかセリアに売っているアメリカンバイクという商品。
けっこうでかい。だいたい1/18くらい・・・?
模型としては大味ですが、100円という価格を考えれば凄く良い出来。

これのハンドル部分を取り外して少し加工すると……、


ほい。
アクアシューターズの手にピッタリのコントロールボックスの出来上がりです。


ふふふ・・・・・。


これは以前に作ったフリル裏の換装用パーツです。
ここから工夫します。
コントロールボックスをこれと接続します。

コトブキヤのジョイントと流星号のパーツを使い、3mmプラパイプを伸ばします。
ここでも流星号のパーツがピタリはまりました。凄いぜ!



プラパイプを伸ばしただけじゃありません。プラパイプを伸ばすだけだったら、穴を開けて挿せば良いだけです。
わざわざコトブキヤのジョイントを使って複雑な構成にしたのは意味があります。


プラパイプは上下に可動します。これは大きな意味を持ちます。


コントロールボックス裏面に3mm幅の穴をあけます。
円でなく長円形です。これは大きな意味があります。
更に穴を補強するパーツを付けます。すると…、


フリル裏から伸びるプラパイプがコントロールボックスと接続できました!


サイズてプラパイプを可動式にした事と、ボックス裏面穴が円でなく直円形なの事。これは、フリルが可動するからです。


フリルを倒した時と起こした時で角度が変ります。
またフリルだけでなくフィギュアの腕も動きます。
そのような角度が変った時にも追従対応できるよう、可動の構造が必要だったわけです。

なお完全に接続はしていません。パイプはボックス裏面の穴に挿してるだけです。
なので実は問題もあります。

フリルからパイプが伸びています。すなわち、ワイルドブラストするとコントロールボックスから抜けてぶっ飛んでいきます

当初は伸縮する機構を作ろうかとも思っていたんですが、ワイルドブラスト時はかなり前まで移動する。
なのでどうやっても無理だと判断しました。

次に考えたのはフィギュアを改造する事でした。

1:ワイルドブラストでぶっ飛ぶ
2:フィギュアの関節をユルユルにしておく
3:2の措置によりワイルドブラスト時に引っ張られるようなポーズで飛び出す

という作業を考えたんですが、これもボツ。理由はこの措置だと飛び出すときは良い。しかし収縮時に絶対に引っかかると思ったからです。

ワイルドブラスト発動前はコントロールボックスで操作する。
ワイルドブラストすると接続が引き抜けるので、それ以降はコントロールボックスでの操作は不能になる。
ところでワイルドブラストとは人とゾイドが究極の絆を結ぶことである。
よってワイルドブラストした瞬間、もはや精神リンクだけでゾイドを操れるはずである。

接続が途切れる事は、もうこんなものに頼らない。俺達の絆で戦うんだという意思なのである……!


と考えようと思います。


そんなわけで悪乗りして作ったものでした。こういうのも良いですね。
換装用パーツとして作ったんですが、せっかくなのでもう一機買ってこれ仕様でも仕上げたくなるなぁ……。

あ、そうそう


24スケールの座席を使ってるので、もちろん24兵士も乗れますよ!


当サイトは超硬派であります!!!!!!!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント