新世紀本進捗その1

新世紀同人本の制作を少しずつ進めています。


本ですが、レイアウトはバトリサと同じ感じにしたいと思っています。

冊数はメカ生体のver.と同じく3冊構成で行こうと思っています。
・西方大陸戦争(ガイロス帝国軍撤退まで)
・暗黒大陸戦争(ヴァルハラでプロイツェン自爆まで)
・中央大陸戦争(終結まで)
です。

各巻で開戦(再戦)に至るまでの経緯やプロイツェンの事情などを盛り込んでいけたらと思っています。
最終巻は曖昧に終わった戦争に私なりの見解も付けたい。

新世紀の100年後を描いた三匹の虎もカバーできればうれしいんですが、んー…、時代が違い過ぎるしなぁ。
この辺はちょっと未定です。

タイトルは「ゾイドバトルリサーチ」ではなく新しくします。
実はもう決めているんですがこれはまだ秘密。


戦史はバトリサと同じく「全資料を総合して」としたいんですが、これはけっこう困っています。
一言で言うと少ない。

メカ生体は何といっても「学年誌が掲載していた」事で大きなふくらみがありましたが、新世紀はそれが少ない、、、。
あるにはあるんですが、例えば小二は「アニメをジオラマで再現しよう」だったから使いにくいし、その他の学年も基本的に単発の改造が主な内容。
しかも改造だと平気でウルトラザウルスやデスザウラーを改造しているので、どうにも整合性を取りにくい。割り切ってパラレルと解釈した方が良さそうな感じ。

あと「キット箱」「販促冊子」「バトスト」などで使われている画像がメカ生体の頃は全部別というのが基本でした。
しかし新世紀は出来る限り統一されていて、キット箱裏の活躍想像図の写真がそのままバトスト(コロコロ/公式ファンブック)で使われていたりすることがほとんど。
なので新世紀位は抜群の統一感がある反面、ちょっとふくらまし方は難しいなーという印象でもあります。

良し悪しですね、、。
メカ生体は利点も多い反面、終わり方は各学年誌でバラバラだったし矛盾も多い。
一方で資料としては量が膨大なので膨らまし甲斐がある。

資料を見ていると、箱裏の活躍想像図なんかは独自でも良かったんじゃないかなーとは思います。
ま、その中でも自己解釈を最大限に盛り込みつつ研究し掘り下げていきたいと思っています。
良いものになればいいのですが。

という事でまずは進行状況の最初の報告でした。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント