15話!!!!!!!!!!

15話でした

今回は最終回か!? っていうくらい動きまくって盛り上がった最高の回でした。
いやいや、ライジングライガー本格始動回で同時にジェノスピノの討伐回でもあるので気合入ってるだろうなーとは予想していました。
しかし予想を大きく超える回でした。


ジェノスピノはアルドリッジの失神により停止する。
共和国軍の作戦は成功した。
ライダーの救助とジェノスピノの確保に動く共和国軍。


頭部に乗るスナイプテラが良い感じ。

しかしジェノスピノはランド博士の工作で再び動き出す。
ライダーの制御から解き放たれ、自らの意思で暴れ始める。
周囲の部隊を蹴散らし、そしてまるで元の任務を継続するかのように首都ネオヘリックに向かう。

共和国軍はジェノスピノを執拗に挑発し、何とか廃墟に誘い込む事に成功。
首都に生かせるわけにはいかない。ここを奴の墓場とする…!


スナイプテラと共和国部隊の連携がバッチリ決まり、ジェノスピノは巨大ビル二棟の下敷きに。
だが「やったか…?」はフラグである……。

ジェノスピノは驚異的な防御力で何らダメージを負っていなかった。
共和国軍はなおも砲撃を試みるが、ビルをぶつけても傷を負わないジェノスピノに通用するわけがない。
共和国部隊は全滅してしまう……。

もうダメか。
いや、ライジングライガー、ガトリングフォックス、ラプトリアが全力で急行していた。
ジェノスピノの破壊をこれ以上許すわけにはいかない。


ジェノスピノに砲撃しまくるライガーとフォックス。
だがやはり、まるでダメージがない。
フォックスの火力も、ライジングライガーのA-Z機関砲もまるで効果がない。
「チッ……、装甲が固すぎるぜ…」というセリフはまさにごもっとも。

このままではいくら撃ってもラチがあかない。
何か策が必要だ…。
どうする。

ここでサリーからの提案がされる。
「ゾイドコアをピンポイントで突けば活動停止の可能性がある」


コアの位置はここ。
(たしかにこれは砲撃では撃ちにくい位置だ)

ライジングライガーがコアを狙う。そしてガトリングフォックスとラプトリアはその援護をする。


効かずとも挑発にはなる。
各機と交戦しつつ、徐々に攻撃所定位置に誘導されるジェノスピノ。
ギレルもキャタルガに乗って援護する(!)

そしてついにライジングライガーが突撃する。
仲間の全力の支援を受け、エヴォブラストそしてついにその一撃はコアをとらえる…!


ジェノスピノは今度こそついに停止する。

共和国首都は救われた。
戦いの後、レオ達は共和国首都に招待される。
だがバーンとギレルはそれぞれの道に進む決意をして別れる。

これからも戦いは続くが、ゾイド乗りとしての敵味方を超えた奇妙な信頼関係も生まれたのだった。


ということで15話でしたが凄かった!!
ジェノスピノは予想通り暴走。
ただしランド博士が一枚噛んでおり、それは意外でした。
(ランド博士、現場に居たけどどういう移動手段を使ってるんだろう?)

暴走状態でもバイザーは付いていた。
対して最終時に倒された時はバイザーが割れ中から目が出てきていた。
これの意味することとは?

ジェノスピノ停止の際には帝国軍シーガル准将は大慌て。
ちょっと小物感が出てしまったなー。
「ジェノスピノのライダーにはとんでもない負荷がかかる」これはギレルの言です。
おそらくライダー予定者だったのでランド博士から聞かされていたのでしょう。
シーガル准将もその情報は知っていたと思うんだけどなぁ。
まぁ、シーガルはゾイド乗りではない。なので「いや大丈夫だろう。アルドリッジだって佐官でそこそこの腕はあるし」位の甘い見通しにしてしまっていたのかも。

共和国軍は暴走ジェノスピノ相手にほとんど何もできず。
ただディアス中佐が「首都への進撃を食い止めるには、わが軍の全ての戦力を費やさねば…」と言っていたので、その気になって前線力を投入すれば撃破も可能という認識だったとは思います。
では何故そうしなかったのか。
これは全戦力を投入しジェノスピノを破壊できたとして、こちら側も深刻なダメージを負う。

破壊した所で大きな軍事力ダウンが避けられない。
ジェノスピノを欠いた帝国軍よりも劣ってしまうであろう。
そうなれば帝国が軍事的優位を背景に圧力をかけて来ることは必至。
そういうわけで全戦力の投入は使えない手だったと思います。


ライジングライガーVSジェノスピノの戦闘は見事な動きでした。
ほんとに最終回か!? って思うくらい動きまくってた。
戦いは熱かったなー。
仲間のサポートも良かった。
ここのところ敗戦続きだったけど、ジェノスピノへの牽制・誘導で見事な動きを見せたガトリングフォックス。
「そういうエヴォブラストもありますか!」と思わせてくれたラプトリア。
あとギレルがまさかのキャタルガで参戦!


ワイルドブラストしてるし!
帝国側でマシンブラストしてる彼ですが、ワイルドブラストも容易にできるんだなー。
凄いや。

ジェノスピノの攻略にゾイドコアを狙うのも良かったと思います。
作戦の立案がサリーで、コア位置情報や成功の可能性をギレルが述べる展開も良かったなー。
あとバズも車でよく頑張りました。

あとアルドリッジも頑張ったね・・・。
あの戦闘中ずっと気を失いつつコックピット内に閉じ込められていたんでしょう。
いやー、最後救助されて良かった。
今後にも期待です。

戦いは主題歌「blue blue blue」をバックにしていたのも熱かったなー。
最終決戦の雰囲気がありまくった。
もちろん今後も続くわけですが。

そうそう戦いは、前話の「首都前にかかった一本の橋」というシチュエーションはバトスト2巻のデスザウラー部隊を思わせました。
そして今話の「仕留めたと思ったが、瓦礫を吹き飛ばして敵が復活する」というシチュエーションは新バトストのギル・ベイダー(キングライガー部隊が爆破工作をした回)を思い出しました。
意識されているのかは分かりませんが、帝国最強ゾイドのシチュエーションを継いでいるのは嬉しかったです。


ジェノスピノはまた、戦いの後にサリーが「ゾイドだって、こんな形で封印されたくないはず」と気をかけていたのも良かったなー。

コアを貫かれたジェノスピノは今後の処遇については、共和国帝国のお偉いさんが話し合いをするらしい。
アイセルはまた誰かが動かすことを危惧していた。
という事は、コアは「大きな傷を負い現在は活動不能だが死んだわけではない」という状態なのかな。

両国の協議はどうなるだろう。状況を見ると共和国側が「この落とし前、どうやって付けてくれるんだ?」と強く非難し迫りそう。
協議というより、共和国側が帝国に対して有無を言わせず迫る感じ。
ただ、なんだかんだいって今回ジェノスピノは膨大な量の共和国ゾイドを破壊した。
なので「共和国が軍事的優位」という状態がかなり揺らいだのかも。だから帝国がモロに悪い状況であるにもかかわらず、協議をする事になったのかもしれないなー。


戦い後の皆の会話はとても良かったです。
特にギレルが良かったなー。参戦した皆の力量を認め称えてた。
共和国軍軍人のディアス。民間人のレオ。脱走兵のバーン。
色んな立場の人を一切区別せずにゾイド乗りとして敬意を払っていたのが良かった。

ついでに言うとバーンのお株も上がったネ。
それにしても、ギレルは腕が良い者の情報収集に余念がない。
天才かつ努力派でもあるんだろうなぁ。

さてギレルは色んなゾイド乗りを認めつつ、しかし帝国に帰っていくという。
レオには「また戦うことになるだろう」とも。
これだけ認め合ってるのにまた戦うのかー。
まぁギレルが帝国に忠誠を誓う以上、それは仕方ないですね。

しかし今回の話の戦後シーンは良かった。
時に戦火を交えつつも、ゾイド乗りはそれを通して互いを理解していくというか。
そんな風な感じがしてとても良いまとめ方でした。

帝国、共和国、脱走兵、民間。
今回、互いを認め合ったのが様々な立場の者であるというのがまた良かった。


今回は15話ですが、大きな区切りになった話でしょう。
来週はライジングライガーの性能アピール回になりそうで、そういうのもいいんじゃないかな!
楽しみです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント