ライジングライガー!

今日はライジングライガーをレポートします!


まず箱がカッコいいですね。
停止ポーズだったワイルドライガー、ビーストライガー違い颯爽と駆け抜けるポーズ。
ビーストライガーの高速機なのにドッシリ構えたポーズも良かったけど、ライジングのスピーディなポーズもカッコいい!

活躍想像図ではジェノスピノのブレードを全部切り落とすという地獄のような戦法を披露しています。


自慢の武器をピンポイントでぶっ壊す。
私がジェノスピノだったら泣くね!

これはあれでしょう。回転する中にブレードを突っ込んだから一気に全部切れちゃったんでしょう。
頑張れジェノスピノ……!


さてライジング!
まずは骨格状態。


素体はまあ今までのライガーと大差なし。
ただし背中のユニットがこの状態では一切付いていないというのが特徴ですね。


ワイルドライガーやビーストライガーではクローこそ付いていないがユニット基部は付いていたのだ。
「骨格」という事を思えばライジングの仕様が良いと思います。


色は牙や爪がシルバーなので今までよりも渋くなった印象がします。
キャップも灰色だし。

そうそうキャップは新型です。


今までの生物系ゾイドのデザインに近いですが、それをカッチリとさせたような感じ。
とても良い感じじゃないでしょうか。
あと私としては色が灰色な事に安心感を覚えます。

では装甲を付けましょう。
完全復元…!


おぉー、ゴージャスだ。そしていい感じにカッコいい。


金は塗装で再現されています。
塗られてるのは主に表側。裏面などは塗装がありません。しかし「金色の成型色を金色で塗ってある」という仕様なので塗ってない箇所もぜんぜん気になりません。

ちなみに金部分でも背中のユニット部分のみは塗装がされておらず、成型色のままです。


やはり成型色なので光沢が鈍いです。
しかしこの写真の通り、パッと見では違いが分からない感じになっています。

「装甲はピカピカの金」「背中のメカニックの金は少し鈍い」というのも良いんじゃないかな。
塗装の金は安っぽさがなくとても良い感じ。
綺麗だし、重々しさもあるし、メッキほど派手でもない。

(ただしうちのコは大丈夫だったんですが、個体差によってハズレを引くと塗膜がやや荒れてる場合もあるようで、そこは更なる品質向上を目指して欲しい所です)

全身の装甲が金というのは買う前は「どうだろうなあ・・・」と不安だったんですが、いざ買ってみるととても良い具合でした。
塗装ゆえの重々しさがあるのが良いです。


唯一だけ懸念があるとすれば、金というのは切り札的なカラーだと思います。
つまり「次」が出るとして、その時にこれ以上インパクトのあるカラーは選択できるのかなぁということです。
物語のラストでスーパー強化された最終形態だったらピタリ分かるんですが、まだまだ物語は続くし。
でもまぁ、これまでも様々な不安を払拭してくれたゾイドワイルドです。
なので今後にも期待しています。


装甲はリベットが付いていて「人工的に強化した」を強調しています。
装甲だけでなく爪なんかも同様の処理がされています。

「今まで生物的進化を遂げてきたライガーがここへ来て兵器的に」ということについては色んな意見があるようですが、私の見解は明日にでも…。
(今日はキットについて述べます)


背中の獲物はいいですねー!!!!
こういう意味のある左右非対称が大好物なんです。

ライジングライガーは片側にリボルバー・片側に砲という配置。
これは面白いなー。
最初は「リボルバーがこの位置?」と思ったんですが、別にここに砲弾が入っているわけではない。むしろ機能面を見るとハイパーローリングチャージャーに近い感じがします。

砲は肉抜きがないのが良いですねー。
さすが主人公機!!
成型にはおそらくスライド金型が使われている。砲口にも綺麗に穴が開いているのも嬉しい所です。

砲の基部がオルディオスのグレートバスター見たいになってるのも個人的に「おぉ!!」と思ったところでした。

基部のメカニカルな感じもいいなー。
実にゾイドらしい良い塩梅のディティールです。惚れ惚れ。


気になったのは爪かなー。
デザインではなく接続部ギミックです。

ワイルドやビーストは爪の接続がプラプラでした。それゆえ歩く時に自然と爪の角度が変わって一つのギミックになっていました。
遊びがあるので足首が動いているように見えるんですね。
しかしビーストライガーはややキツめのテンションで、手で持って角度を変えることは可能ですが、自然に角度が変わるということはない程度になってる。
んー、従来的プラプラの方が良い気がするなぁ。

ただ従来の場合、前進時に床によってはひっかかるのかもしれないなぁと思いました。
絨毯とかで歩かせた場合…。ほぼ「すり足」で歩く上に、爪の先端が地面に常に付いている。
なので引っかかりやすい。
そういう事態を回避し歩行力を上げる為に固定にしたのかな? と思いました。

ま、どうしても従来的プラプラが良ければピンバイスで穴を少し拡張すれば良いので大問題ではないでしょう。

エヴォブラスト!


ギミックは凄い!
やはり最初は歩行し、顔を低く下げてからタテガミショットを展開。同時に機関砲発射とリボルバー回転を始める。
リボルバーの回転が早く小気味良いのがスンバラシイ!!


先端は銃剣のような感じ。
残念ながらここは砲口は開いていません。

そして二段階目のギミックでタテガミクローを展開します。

「二段階ギミック」はビーストライガーと同じですが、ビーストはクローのみでした。
ライジングは砲とリボルバーの動きがあるからとにかく多彩!
見応え充分です。

「またライガーか」とは言わさないギミックが良い感じ。
さすがはゾイドワイルドシリーズを牽引するライガー系と思わせてくれる完成度の高さです。


個人的には装甲デザインが好きだなー。
リベットとかがあって、いかにも兵器的デザインになっているのが好き。
金意外の成型色も見てみたいなー。
いっそ灰色とか黒も似合いそうな気がする!

武装配置も左右非対称で機体サイズに見合ったちょうどいい装備を付けているのが嬉しい!

これからのゾイドワイルドを牽引するライガー。
私は今回は発売日の午後1時にエディオンで買いました。
その時点で、棚の配置から計算しておそらく8個陳列してあったであろうライジングライガーは残り2になっていました。
私が買ったので残り1に。
恐るべきう売れ行きやないかい!

ハンターウルフやデスレックスの飢餓状態が思い出されます。
売り切れる前に早めにお店に走るべし!!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント