20話!!!!


※現在は配信終了
20話でした。
今回もまたドラマにのめりこんでしまう良い回でした。

ランド博士とあのゾイド、そして愛すべきアイツの再登場も心躍りましたが、今回は前半としてボーマン博士やレオ達について。


今回の主役はボーマン博士!


各地を転々とし、電子部品を回収するボーマン。
旅客機から電子機器を回収している……。

そういえば一話でもレオ達が電子機器を回収するシーンがありました。
こうしたものは現在では製造不能なオーバーテクノロジーなんでしょう。
各地にはゾイドクライシスで放棄された”お宝”があるんだろうなぁ……。
これらが多く眠っている場所を発見し軍に売れば一攫千金も夢じゃない。そんな世界なのかも。

さてボーマンは、ある村で集めた部品を使い一心不乱に作業をしていた。


集めた電子機器を集めて何をしているか。それはリジェネレーションキューブの再起動だ…!
ボーマンはその「魔法」とさえ言われる技術力で村に貢献しつつ、リジェネレーションキューブの作業を黙々と行っていた。

…リジェネレーションキューブの再起動ってサリーは「手をかざすだけ」で完了させている。
だから簡単なものに見えていたんですが、あれはペンダントやレオの特殊な手だからなんだろうな……。

正攻法でやろうとすれば、各地から電子機器を回収してそれを総動員しなきゃいけないほど手間がかかる……。そんな事情が分かります。
しかも毎度電子部品の回収作業をしているようなので、「再起動に使用したらそれで壊れる」ものでもあるようだ。
これはリジェネレーションのエネルギーがいかに高いものであるか、という事を示していると思います。

…ペンダントって凄いものなんだなぁ…。
そんな力を秘めたペンダントの秘密とはいったい?
もしかして超小型ゾイドのコアだったりして。
………オーガノイドゾイドとかの………。


さてリジェネレーションの”噂”はレオ達の耳にも届いていた。
そこでその地に赴いたのだが……。


サリーとおじいさん(ボーマン)の対面となるかと思いきや、既にボーマンは2週間前に去ってしまったという……。
もどかしいニアミス。
情報を得た喜びと会えない辛さがつのる…。


ところでこの村は複雑な立地であった。
戦略上の要地であるらしく、帝国はこの地に基地を作りたがっていた。
その為、村民に立ち退きを要求していた。
「今よりも良い場所を提供する」という条件を出しているのだが、村民はそれを受け入れない。

頑なに立ち退きを拒む村に帝国は強引な手に出た。
キャノンブル大部隊で強引に奪いに出たのだ。

この事態にライジングライガーが防衛に出る。
しかし数の多いキャノンブルを相手に追い込まれてしまう。
さすがに集団を相手にするのはきついか…。



いやしかし、アイセルが近隣の基地に応援を要請していた。
そして駆けつけたのはクワガノスの大編隊!


空からの強力な攻撃にキャノンブルはたまらず撤退、こうして村は守られたのであった。

戦いの後、ボーマン博士からのメッセージも発見される。


複雑な思いを胸に、旅は続く……。


という事で20話でしたが、今回も良い感じでした。

ところで、ボーマン博士は……、何故一人で作業をしているんだろうなぁ。
残したメッセージからするとサリーの行動を把握しているようである。すなわちその気になれば合流は簡単に出来そう。
それなのに一人で作業している意味とは?

リジェネレーションキューブは世界各地にある。だから単純に二人で分担作業した方が効率が良い……のかもしれませんが、うーん。
合流して一行のブレーンになってくれた方がキューブ再起動は大きく進みそうな気がする。
アイセルが居るから合流=共和国側に捕捉されると認識しているのかなぁ。
それとも別の思惑が…?

今のところとても良い人っぽいのですが(ライト博士っぽい。ランド博士はワイリー?)、その穏やかな人柄の奥はそのままなのか。それとも別の顔があるのか。
これに注目していきたいところです。


今回の帝国軍はかなり悪どい事をしていたなーという印象。
戦略上の要地だからといって村の退去を要求する……。
ただし、リアルではあります。
実際、こういう事はあるものでしょう。

「今よりも良い場所に無料で移住可能」という一見すると破格の好条件で交渉していたのに、村民は全くそれを受け入れなかった。
おそらく、帝国軍は他の場所でも同じような事をしている。
そして「今より良い場所」というのは真っ赤な嘘であるという事なのかな。
その噂が広がっており、このような激しい拒否を去れるようになった……。

あるいは、確かに都会で機能的な場所に移住できるというのは本当かもしれない。
でもその場所には「帝国の軍需工場」にしか働き口がない。
そんな裏があるのかも。
「そこは帝国軍に全てを依存しなければ生きていけない場所であった」
そういう事情が分かっていたから激しい拒否をしていたのかも。

今回はアイセルやレオが居たので防衛に成功したので良かったんですが(しかも近隣の共和国基地によって今後も継続的な防衛が約束される)、不幸にも飲み込まれてしまった村なんかもあるのかなぁ。
そういうシビアな世界である事も分かった20話でした。

今回の帝国部隊は極めて強引であった。
共和国軍の佐官に対して、交渉を一切せず、威嚇射撃もなしに直撃弾を浴びせる。
こりゃ……、一歩間違えば全面開戦しちゃうぞ……。

多分、部隊長は功を焦ったんだろうなぁ。
ガンダムで言うとジーンみたいに。
帰ってからコッテリ叱られたんじゃないだろうか。
部下も残して逃げちゃったし……。


今話の戦闘ではキャノンブルがライジングライガーよりはかなり格下ではあるが、それでも集団戦んで戦えば圧倒できる程度には強い事も分かる回でした。
個としてはそれほど強くない…というのは悲しいものの、牛と言えば集団でもあるし、これはこれで良い気もします。

そしてクワガノス!
これも魅力的でした。というか強い!
キャノンブルの弾幕を潜り抜けてエヴォブラストの一撃を見舞う!
(火器積んでるのにわざわざハサミを使う所が漢だぜ)

まぁ、キャノンブルの方はどちらかというと対陸上ゾイド用で対空射撃にはあまり適していないようにも見えるんですが、それを加味しても凄いなぁ。
良い見せ場でした。

という事で今回は20話感想の前半でボーマン博士と主人公サイドでした。
次回はランド博士とあのゾイドと帰ってきたあの男について書きたい!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント