16話!!!!

16話でした。

※現在は配信終了

まるまるライジングライガーのアピール回かと思いきや、ストーリーとして重要な展開もあり大いに楽しめた回でした。

冒頭はジェノスピノの今後の処遇についてと、両国トップの会談。
帝国皇帝自ら趣誠実な謝罪(!)をする。

これは両国にとってインパクトが大きかっただろうなぁ。
将官クラスに会談で済ます、いわゆるお茶を濁す事も可能だったと思います。
それなのに、わざわざわ両国のトップが直接握手を交わしたのだから凄いインパクト。



帝国皇帝は名をフィオナという。
ゾイドの国のトップとしてはルイーズ大統領に続いて二人目の女性ですね。
(余談だが無印アニメのフィーネは海外版ではFionaつまりフィオナの名であった。偶然?)

それにしても若いなあ。
「近年まで父が皇帝だったが、崩御に伴いその座に就いた」ような感じなんだろうか。
これだとすれば、同じ経緯としてルドルフが居ますね。
ルドルフは”お飾り”だった。
フィオナ皇帝はどうかなぁ。政治家としては若いけどしっかりと意見を述べる事ができるレベルでは大人に見える。

対して共和国大統領は少し年配。第一世代かな。
性格は温厚そう。名前はクレストウッド。

国のトップが出ると世界観、国家に厚みが出ますね。とても良い!
フルネームは何でしょうね。まさか「ムーロア」だったりして。
(…もしもムーロアだったら星が滅んでも対立してる図式にも納得ダネ)


さて今回の被害に対して帝国は全面的に非を認め保証も自国側で保証するとのこと。
この姿勢は立派だなあと思いました。
今回の件で共和国軍はだいぶ軍事力を落としたハズ。それに付け込み強気で迫る事も可能だったはずなのに。

ジェノスピノ暴走はとてつもなく悪い事態だったけど、これを機に両国の関係を良くしていこうという意思の見える会談でした。
雨降って地固まるというか、怪我の功名というか。

そしてジェノスピノは争いを繰り返さないよう、残骸はそのまま残し和平の象徴とすると。
要するに記念艦の戦艦三笠みたいにするという事ですね。
なるほどなー。
劇中で言及はなかったけど、コアなどは抜き取り強奪などがされても動かないようになっていると思われる。
いやしかし、それでも後半でまた動きだしたりするんじゃないかなー。
そんな期待もちょっとしています。

帝国ではまた、今回の件を起こしたシーガル准将の裁判も行われていた…。


シーガル准将は容赦なく裁かれ、実質的に死刑と言える懲役500年に。
この裁判は帝国の正義というか自浄作用というか…を示していると思いました。
シーガル准将は結局、小物でした。もっとも去り際に残した皮肉は的を得ているとも思いますが。
復権はあるかなぁ。


ギレルはコリンズ准将の墓の前で佇む。
どうやら彼は特におとがめは受けていないようだ。
「無断出撃の上、敵に捕まり一時的に飛行ゾイドを奪われた」というと普通なら銃殺されても仕方ないくらい。
ここは皇帝が恩赦を与えたのかなぁ。

あるいは、帝国軍にとってスーパーエースのギレルを失う事はどうしても避けねばならん。
本来なら刑を与えるべきだがおとがめなしにせざるを得なかったのかも。


ランド博士とは関係が険悪になった模様。
おそらく「野望丸出しのシーガルの提案を断らなかったこと」に対して怒ったんじゃないかな。
「コリンズ准将はジェノスピノを抑止力に使う意思だった。それをお前は知っていたはずだ。シーガルが真逆の事を考えているのは見え見えだったじゃないか。それなのになぜ変更を断らなかった!」
というような。
ただ最近帝国に来たばかりのランド博士にそういうのを求めても仕方がない気もしないではないかなー。


あぁ、そうそう、我らがアルドリッジは帝国に送り返されていた模様!
あぁ、共和国側に鞍替えするチャンスだと思ったのになぁ。返還されちゃったか。
ま、国同士が「これを機に蜜月に」となった以上、送り返さぬわけにはいかぬ。佐官を残しておいたら人質にしてるのかと思われても仕方がなくなる。
彼も過酷な刑を受けそうな予感…。
彼は情状酌量の余地はかなりあると思うんですけどねぇ。どうなるんだろう。


さてレオ達はニューホープとネオヘリックに招かれていた。
ここでは新キャラ、シェリー・ハント大佐が登場!


おお、大佐だ。
ディアス中佐よりも上の階級。ディアス中佐とは幼馴染らしい。
大佐という割にはとても気さくだけど、接するアイセルが緊張してるように見えたので、実はかなり厳しい人なのかもしれないと思っています。

レオとライガーを高く評価しており、勲章を与えたり大規模な性能テストをしたりとかなり特別な待遇をする。
そして更に、レオに軍への加入を求める。
しかもかなりの好待遇を約束。

だがレオは一瞬も迷わずそれを断り、旅に戻っていったのであった。


という事で16話でした。

シェリーは気さくな雰囲気でありながらも、大佐という地位にふさわしく頭は切れるし合理的なな判断も躊躇なく下せる「優秀な軍人」という感じがしました。
先ほども書きましたが、気さくではあるが恐そうでもある。

今回レオが軍に誘われる事は知っていましたが、シェリーが誘ったかー。
そして一瞬でふられていた。

迷いもせずに断る。しかもあれだけ喜んでいた勲章さえ躊躇なく返却するのはレオの魅力だなーと思いました。
レオは目的に対して一切のブレがない。一直線に向かう。そこが魅力だと改めて思いました。

事前の記事で「アイセルかディアスが誘えば気持ちが揺れるかも…」と書いていました。
しかし今回を見て思ったのは、アイセルやディアスは「誘っても断る事を分かっていただろう」ということです。
言っても困らせるだけ。だから言わなかったのかなー。
逆に、今まで交流がなくて「今回挙げた戦果」だけで合理的に判断したシェリーは何としても加入させねばと思い行動に出たのでしょう。


その他。

バーチャル戦闘のシーンはやたらハイテクだなーと思いましたが、ライジングライガーの販促はバッチリ。
牛がもはやザコ扱いなのがちょっと悲しい…。
バズートルは一撃でやられんだろー…と思ったんですが、よく見ると非装甲部にピンポイントで当たっているのでさもありなん。


着弾位置が悪かったね……。

スティレイザーとの戦いではクローを押し込む感じが良いと思いました。
色んな機構を実に分かりやすく解説してくれていて(笑)、良い販促でした。


あと今回は何といってもアイセル姉さんが裏の主人公だった気がします。


今まで行っていたレオ一行の監視任務終了を告げられ寂しそうな顔をするアイセル姉さん。
でも気丈にふるまうアイセル姉さん。
終盤で今後も”監視”する事になってはしゃぐアイセル姉さん。
いいやん!
いや、いいなぁ。
仲間への信頼がとてもよく出た回でもありました。

さてジェノスピノの一件は一段落ですが、これからも旅は続く。
来週からも楽しみです!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント