18話!!

18話でした。

※現在は配信終了

ジェノスピノ戦がひと段落して、レオたちの新しい旅が始まる……のだが、あまり芳しい状態ではない。
アイセルは急務で場を離れるし、バスのジープは不調で燃料も心もとない。

…バスジープの状況から考えて、首都を出てから結構時間が経ってるのかな?
首都であの大歓迎を受けたわけだから、整備や燃料提供はされたと思うのだけど。


修理中、悪態をつきつつも自分以外にジープをいじらせないバスがちょっと愛らしい。

さてそんな一行は上空にゴミ箱のお化けのような物体を目的する。


それは空に憧れる好青年、ジェイクが製作したいびつな飛行機であった。

空飛ぶゴミ箱…。
最初…、もしかして


このような、かつて軍用で研究されていた「フライング・プラットフォーム」の類かと思ったんですが、マジでゴミ箱に羽をつけた無茶苦茶な構造だったとは……。

ジェイクは「空を飛びたい」という熱意だけは凄まじくあるのだが、知識や技術は一切ない。
それでも果敢に挑戦し続けている。
そんな奴だった。
無鉄砲でハイテンション。無印ワイルドの「ヒジキ」をちょっと思い出しました。

さてそんな航空機設計の知識が一切ないジェイクが、墜落こそしたものの浮かべていたのはなぜか。
それは


マグネッサーウイング!! を偶然にも入手していたからだ。

え、マグネッサーウイング!?
しれっと重要な単語を放り込むなぁ……。
地球でマグネッサーウイングが使えるという事は、Ziフォーミング装置によって地球の環境が惑星Ziに近づいているという事でしょうか。

話を戻します。
ジェイクの熱意にレオは好感を抱く。そしてメカニックに詳しいレオはジェイクの夢に乗っかりマトモな飛行機を設計するのであった。


おお、不恰好ではあるが典型的なレシプロ機の形状になってる。
凄いなレオ。

機首にはプロペラを装備。
これを見るに、「マグネッサーウイングで浮く」「推進力はプロペラで」という使い分けのようだ。

こうしてジェイクは無事に飛び立ち、夢をかなえたのであった。
しかもジェイクは凄腕の航空パイロットであった。アクロバット飛行も何のその。
凄くない…?


しかし話はこれで終わらなかった。
実は付近の基地で共和国軍が新型ゾイド「クワガノス」の発掘や性能テストを行っていた。
これが事態を実にややこしくした……。

従来、共和国軍は空軍力が格段に劣っていた。
しかし今、クワーガの二倍にも達する性能のクワガノスの発掘・復元に成功。
共和国軍にとって極めて重要なゾイドが誕生しようとしていた。


…今期はクワガタVSクワガタなんですね。
カブターはあんまり発掘されてないのかなぁ……。

クワガノスはクリアーのウイングを持っており、純粋にクワーガの上位版って感じ。
贅沢を言えばクワガタの大あごは種類によって様々なので、その辺で差を付ける感じでもよかった期はしています。
例えばシャープなヒラタクワガタとゴツゴツしたミヤマクワガタじゃ全然違うし。
大あごの形を同じままにして翼で差を出すっていうのはちょっと勿体ない感じもします。
今後、改造セットでクワーガの大あご換装用パーツとかも出るといいんだけどなー。

話が逸れました。アニメに戻します。

さてクワガノスの作業が進められる基地だが……、何たる偶然か、クワガノスの性能試験をする空域にジェイクの飛行機が進入してしまった!


一瞬で切り裂かれるジェイク機。不幸体質だ……。

しかも更に、基地の情報を嗅ぎつけた帝国軍も部隊を派遣、激しい戦闘まで起こった。
共和国軍はクワガノスで迎撃しようとするが、トラブルで正規ライダーが搭乗できない事態に。
そこで緊急でジェイクがクワガノスに乗り込み迎撃。

飛行機でみせた凄腕は本物だった。当初はやや戸惑うものの、クワガノスの性能を掴んでからは圧勝。
見事に敵部隊を壊滅させ撤退にい追い込んだのであった。


ということで18話でした。
ちょっとギャグタッチな回でもありました。が、その中で極めて重要な単語が出てきたりと見所はたっぷり。

「マグネッサーウイング」が出てきました。やはり大注目でしょう。
サリーの知識が披露された回でもあった。
うむ、そろそろ番組最後の解説はサリーに代わっても良い気がしてきた。
というか機体解説は今まで通りレオで。そこに半々くらいで舞台や技術解説も盛り込む。それをサリーで、という風に。


最後に機能停止したシーンを見ると、マグネッサーウイングはプテラスの翼そのもののデザインですね。
細かなディティールまで完全再現だ。

プテラスやサラマンダーなどのマグネッサーウイングを持つゾイドはこれで揚力(浮く力)と推進力(前に進む力)の両方を生んでいる。
しかし今回のジェイクの飛行機の描写を見ていると、どうもマグネッサーウイングは揚力にのみ利用し推進力は他(プロペラ)で得ているようであった。
(※垂直尾翼にも利用していたので揚力+「機体の安定を保つ」機能にも使用しているかもしれない)


なぜそのようになっていたのか。
思うに、翼だけでゾイド本体がなかった。なので、浮かぶのがやっとという状態だったのでしょう。
コアから切り離されて翼だけの状態なのに機能していたというのも凄い話ですが、これは翼にエネルギーが少し残っていたものと思いました。


共和国軍基地の秘匿や防衛システムは面白いなぁと思いました。
極めて厳重でした。
これを見ると、ジェノスピノ戦後に和解ムードになったが、まだまだ対立する状況なんでしょう。

アイセルも状況に何ら疑問は抱いていなかった。
「和平条約が結べれば良かったんだけど…、なかなか上手くは行かないものね…」みたいな台詞があれば「期待と落胆」になるんですが、何ら疑問を感じていなかった。
すなわち帝国と共和国の対立はやはり極めて根深く、ちょっとやそっとじゃ解決しないものなんでしょう。
そんな事が伺えた回でもありました。

また…、帝国にしてみれば「補償」で莫大な金が出て行ったわけで、軍にも少なくない影響を与えたでしょう。
開発費・生産費・訓練費とかの減少があったと思える。
そんな帝国軍は、せめて出来ることとして共和国軍の新型ゾイド配備…しかも空軍力という絶対に犯されてはならない領域…は絶対に見過ごせない。
ここだけは多少強引にでも攻め落とさねばというのが今回の動きだったと思います。


ジェノスピノ戦後のやりとりは、大筋では両国に和平を。しかし局地的には戦闘の激化をもたらしたと言えるかもしれない。


しかしそれにしても和解ムードを出しておきながら実弾を撃ちまくるというのは凄いなぁ。
シビアだ。


ミサイルを持ったクワーガはなかなかカッコいい!
さすがの対地攻撃力を持っているようで、トリケラドゴス部隊を壊滅せしめる。
……トリケラは模擬弾だったんじゃないかなぁ。
さすがにヘリを相手に一方的にやられる事はないと思うんだけど……。


ジェイクの載ったクワガノスは強い。強すぎるくらいに強い!
しかもジェイク、ノリノリである。
クワーガを次々と撃墜。今回はこれで良かったんだけど、ちょっと状況が違えば国際問題になってたかもしれんで……。
多分、すごくハイになってたんだろうな。
スモークディスチャージャーを使っていたのも印象的でした。


ドライパンサーも登場!
鉄壁の共和国基地の防衛システムを破ったのはステルス機ドライパンサーだった!
早々とリベンジの機会が与えられて嬉しい。
そして強い!
ライジングライガーに傷を負わせる快挙!
そしてまた再戦もありそうな予感での幕引きでした。


今話は全体的に各ゾイドの見せ場が多くて良い感じでした。
クワーガ対地攻撃仕様もカッコよかった。
やられちゃったけど空に弾幕を上げるトリケラドゴスも良かった。
ドライパンサーも大活躍。
そしてもちろんクワガノス。

ちょっとジェイクが強すぎんか? 軍の正規ライダーだって訓練積んで一生懸命やってるんやで……と思わなくはないですが、「勢い」で駆け抜けた回だったと思います。


そしてまたランド博士関連で謎が膨らんだ回でもありました。
ということで18話でした。

次回はサリーがピンチに!
お約束のヒロイン救出回に期待がかかります!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント