31話のゾイドとかキャラとか

31話の感想追加です!
今話はキルサイスのごり押しとも言えるほどの(笑)アピールと各キャラのドラマが魅力でした。
感想をいろいろ追加します。

キルサイス

キルサイス、良かった!
量産されており真帝国の主力のようですね。
開発はランド…?

これほどの万能機なのに帝国軍では配備されていない。
真帝国の独自装備のように見える。
ということは以下の想像をしました。

ランドは決戦機ジェノスピノやオメガレックスでなく、一般機の開発も行っていた。
キルサイスもその中の一機。
帝国から離反する際に、ランドは開発データを全て自身の端末に回収し、帝国内端末からは全て抹消した。
その後、真帝国で生産が進められた。

絶妙な強さと弱さ。
ラプトールあたりと戦えば優勢だが、さすがにスナイプテラとまともに空戦できるスペックではない。

有人機と無人機がある設定も良いんじゃないかな。
特に人数の少ない真帝国にとって今後ますます重要な戦力となるでしょう。
「それなりの強さと抜群の運用性」を持つ最良のゾイドと言える。

同様の性能を持つゾイド……かつてのブロックスもそうでした。
ブロックスはネオゼネバス帝国に勝利をもたらしましたが、果たしてキルサイスはどうなる事やら、目が離せません。そしてキットが待ち遠しい!

「飛行が基本」なのは驚きましたが、まぁ……、よくよく考えるとゾイドはカブトムシやクワガタも飛ぶのが基本だもんなぁ。
そういうもんなんでしょう。
ただかつてスパイカーは、ジャングルなどに潜伏して「敵が射程内に侵入したらその瞬間飛び出して鎌でしとめる」というまさにカマキリな戦法を使っていました。
飛行が基本なのは良いのですが、こういう運用も見てみたいなー。

今回はラストで金色の親機みたいなのも登場。


まだまだ秘密がありそう。今後も目が離せません。


レオ
レオは以前からポジティブだと思っていましたが、今回は輪をかけて凄いなと。
「皇帝陛下の奪還」という超超超重要で失敗が許されないミッションに立候補するとは。

一応は先に他の者が立候補しないか様子を見た上で、でしたが。
それでも、ためらう様子もなく立候補して緊張もしていなかったのは凄いなぁというか。

帝国軍の面々の「誰か立候補しないか」の直後にみな顔を伏せるシーンはもうちょっと積極的になって良い気もする。
擁護すると普通は陸戦ゾイド乗りがいきなり飛行ゾイド乗りになれるわけは無い(今回はミスが許されない高度な操縦が要求されるからなおさらである)。だから自分は他の任務動いた方が明らかに良い。自分はやりたくない。そういうことだと思いますが。
ただ、そうであればそのような発言をしたり、レオの立候補に対して「お前…大丈夫なのか!?」というようなシーンがあれば良かったとも思いました。
重要ミッションなのでレオが採用されたことに対する説得力と重みが少し欠けていたとは思います。

ただ他方、色んな描写をすっ飛ばしていたからこそスピーディーに駆け抜けた話だったとも思います。
上に書いたようなライダーとして採用されるまでの流れなどを丁寧に書いて皇帝救出を二話に分けるか。
省略する代わりにスピーディーにかっとばして一話に収めるか。
これは評価が分かれるところだと思います。


キルサイスを修理したり語ったりするレオ、重要ミッション中なのに実に嬉しそう。
実際に嬉しいんでしょう。

だいたいにおいて任務中であればそれに集中して欲しいし余計なことはしないで欲しいと思う。
でもこのシーンは不思議と嫌悪感はなくむしろレオの魅力が増していく感じがしました。
それは前記事でも少し書きましたが、彼が任務において最高の動きをしつつ・同時にゾイドではしゃいでいるからでしょう。


ハント大佐
今回は通信のみでしたが登場。
冒頭で「共和国軍はこれ以上の協力はできない」事を伝える。割と憎まれ役。
ただし、だからと言って「ディアス中佐、皆を連れてすぐに帰って来い」とは言わなかった。
というか、内心は「上」の方針に反対のようなので、反対みたいである。
それで表面上は通信を切りつつも帰還時期は告げない。曖昧なグレータイムを作ってできる限りの支援をしたのでしょう。

なお共和国軍は


「これ以上は協力しない」と言いつつ、ラストで大部隊で帝国首都に向かっていた。
この真意は一体?
決定を覆しこの大舞台を移動させたのは誰? もしやハント大佐…?
そんなことも来週以降に明らかになると良いなと思います。


バーン
今週も美味しいところをさらっていくガトリングフォックス。
さすがは対空装備が充実しているだけのことはある。キルサイスも楽々撃破できるようである。

キルサイスはあくまでも目視で味方を識別している模様である。
(レオとギレルのキルサイスが気づかれなかった点から)
それはつまり、光学迷彩を持つフォックスが大活躍できることを意味しているのでしょう。

それにしても帝国がらみのゴタゴタなのにちゃっかり駆けつけて全力を尽くすあたりに人柄の良さが本当に出ている。
これを機に正式に「これ以上追いかけることは無い」という約束をしてあげるような未来があると良いのに。
あるいはもっと理想的なことを言うなら…、
・やはり軍事機密の塊であるフォックスは帝国への変換が必須
・バーンは帝国軍に復帰する……ただし、今回の件で帝国軍は大きく考えを改めた。
・バイザーは軍にとって必須だが、時としてゾイドを不幸にすることもある。我々は経験から学び、システムをより良くして行くべきである。
・フォックスとバーンは帝国軍に戻るが、今と同じ”バイザーなし”仕様のまま。もしくはスナイプテラのギレル機のような”形だけのバイザー”になる。

これにて負荷をかけず、それでいて整備や補給は軍ゆえの手厚いものが受けられるようになった。
バーンとガトリングフォックスの件は帝国軍はこのように変化するきっかけを作ったのであった……。
というような未来があってもいいのかなぁと思ったりしています。


フィオナ皇帝とメルビル
やはり今話の最大の注目ポイントはここかと。


感動的な対面となり互いに感情を高ぶらせつつも、メルビルは踏みとどまり真帝国に帰還する。
惜しい。
あと少しレオたちの到着が早ければ強引にでも連れて帰って問題解決できそうだったんだけどなー。
やはりメルビルは自身の行動を良いとは思わないが、それでも育ての親ランドを裏切れない狭間に居るようである。

しかしこのタイミングなら「利用されていただけ」と言えるけど、これ以上となると「自らの意思で真帝国に帰った」わけだし、問題解決時に重い責を言い渡されそうな気がする。
ただ、望みも示された感じもします。

サリーはメルビルを気にしており悪人ではないと思う、と。
またメルビル自身も一旦はフィオナと別れたものの思うところがあったのか終盤では脱出を援護。


これがなければ脱出は失敗していたであろう。
この流れでメルビル自身が真帝国を離れる動きが加速すれば良いのですが。

それはそうとメルビルはキルサイスも見事に乗りこなしている。
さすがはギレルに名を覚えられるほどのライダー。ギレルやジェイクに比べれば若干劣るのだろうけど、十分にエース並の技量があるのではないかな。
同じ飛行ゾイドとはいえ、射撃主体のスナイプテラと格闘主体のキルサイスでは戦い方がまるで違う。でも、それを感じさせない見事な戦いでした。


ジーン・エレシーヌ・リネ
今回はイカンかったですね……。
でもまぁ、フィオナ皇帝への思いは本物だし、それが暴走して怒鳴っちゃった感じでしょうか。
また敵対者に対する弁としては普通でありました。
…彼女は今後重要キャラになるのかしら。それとも……名前だけのファンサービスなのか。
今のところは見えないなあ。
……まさかですが「神の雷!!」とか言う方ではないよね。


アルドリッジ
今回は意外だったんですが、シーガルに対して極めて適切な敬語で接していました。
「俺が最強ゾイドを操ってやるぜ…!」という野望はある。しかしシーガルに対して牙をむく意思はなさそう。
またシーガル側もアルドリッジは信頼し貴重な戦力とみている、簡単に裏切ったりはしなさそうに見えました。
どうなることやら。

……ところで、アルドリッジの同僚であるところのスピーゲル。ドライパンサーを失ったスピーゲルは今頃どうしてるんだろう…?
もしかして任務失敗で帰るに帰れなくなってるのかなぁ。
でもまぁ真帝国はジェノスピノに乗りながらあのザマだったアルドリッジを今でも重要視しているし、帰還したところで懲罰はなさそうな気もします。
真帝国は人員少ないし、いちいち懲罰で人を減らすわけにも行かない状態だし。
でも、アルドリッジが組織内で平気ででかい顔できているっていうのは彼が凄まじいまでのポジティブバカだからというか……、そんな気がします。
スピーゲルは真面目な堅物の常識的軍人な感じがするからなぁ。それで失敗の責をどうとるかで悩んでいるのかも。

シーガルと真帝国
今話はまさかのゾイドライダーとしても活躍してくれたシーガル。
ちょっと見直しました。やるやん。
キルサイスの親機? 金色の専用機を作らせたりするところはいかにもという気もしましたが。
でも終盤ではスナイプテラも操縦しちゃうし!
やっぱりちょっと見直した。

しかしなぁ、真帝国…シーガルの行動ってあまり頭が切れるようには見えないなぁ。
というか、何を考えているのか分からない部分が結構多い。
今回の皇帝奪還の件はハッキリ言って「奪還しにきてください。作戦を成功させてください」と言ってるようなもんだった気がする。

キルサイスを警戒に飛ばすのは良い。
しかし皇帝は「建物内に幽閉」しただけで、濃密な警備をしているとは言いがたかった。
本気でやるなら、ぜめてどこかに縛り付けるでもして一切の行動を奪い・その上で銃を携行した複数の兵に常に監視させる位はするべきだった。
こうすればギレルたちが潜入に成功しても撤退させられたんじゃないかな。

えぐいことを言うなら人質は一人ではなかった。
皇帝と侍女ジーンが居た。
二人だ。
皇帝はおいそれと傷つけられない。でも侍女ならどうか。
侍女の方を「みせしめ」にすれば真帝国の覚悟が伝わり降伏していた可能性も高いのではないか。

メルビルを自由に動けるようにしたのも謎というか……、フィオナ皇帝(妹)と会わせるとメルビル離反の危険性が高まることを承知していないのかなぁ。

ランドなら「自由にさせておけば良かろう」とか言いそう。
でもシーガルなら「こいつは覚悟ができとらんし、放っておくと何するか分からん」として行動を制限しておくべきだった気がする。
その辺の計算は余りしていないのかなぁ……というかメルビルは真帝国にとってまさに切り札である。
その扱いはもうちょっと精査された方がよろしいかと!

真帝国にはもうちょっと頭の切れるブレーンが必要な気がする。
スピーゲルならそういう判断ができそうな気もします。
やはり彼は真帝国に帰還すべきかと!


ということでいろいろ書きましたが31話の追加でした。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント