グラビティキャノン

30話の対オメガレックス戦で活躍した「グラビティキャノン」ですが、30話の見事な展開に興奮する一方、「グラキオサウルスに付けた方が良いんでは?」と思った方も多いのではないでしょうか。


作中の解説によると「反動を受け止められるゾイドはわずか」との事です。
が、反動というのは単純にデカいゾイドの方が受け止められる。

ライジングライガーより遥かに巨大なグラキオサウルスならグラビティキャノンを受け止められそうなんだけど。



「ゾイドのパワーを充填して撃つ」のかもしれませんが、その場合でも巨大なグラキオサウルスの方がエネルギー値は上でしょう。
この点からも適していると言える。


ライジングライガーが搭載した理由を考えるなら………、

発射できる回数が少ない。これがキーワードになるかも。

許された発射回数はたった2回でした。
必中が求められる。
よほど良い位置についてから撃つ必要がある。変な位置から撃ったら外してしまうから。

昔、「ザ・スナイパー」という改造ゾイドが居ました。


これを見て「とても好きな改造ゾイド。ただ、巨砲ならレッドホーンに積んだら良いのに…とは思いますが」と記事を書いた事があります。
するとそれのレスで「サーベルなら適切な射撃位置に迅速に移動し撃つ事ができる。そのような目的では?」と頂きました。
なるほど、これはその通りです。

実はグラビティキャノンは発射衝撃自体は大したことはない。
もちろん相応の衝撃はあるが、アンカーを地面に打ち込んでいるし、ここでかなり吸収できる=Mサイズのゾイドでも十分に運用できる。
「反動を受け止められるゾイドはわずか」という説明は帝国軍に対する欺瞞を含んだ言い回しだった。

ライガー系への搭載がされたのは、反動の問題ではなく「適切な射撃位置に迅速に移動できるゾイドがライガーだった」という理由が最大である。

Lサイズ・XLサイズのグラキオやトリケラではあのビルの頂上に迅速に移動できまい。
できたとしても、大きいから見つかりやすい。そうなれば発射の機会を失う。それもまた都合が悪い。

Sサイズゾイドだとさすがに衝撃を受け止められないから論外。

Mサイズのライガーは「衝撃を受け止められるサイズ、高速性、見つかりにくいサイズ感」という非常にバランスの取れた立ち位置であった。
それゆえ選ばれたのだと思いました。


もしくは……、ビーストライガーやライジングライガーは「唯一無二の伝説のゾイド」と解説されています。
なので、発射時に「ライガーが持つ何か特殊なエネルギーを砲弾に充填する。それによって砲弾が準備完了となり発射できるようになる」のかなぁ、とも思いました。
エネルギーの充填は他のゾイドでも可能だがライガー程純度の高いものではない。
これは特殊なエネルギーであるから、単純に重ゾイドでエネルギー値が高いからとって適するわけではない。グラビティキャノンの構造と合致するゾイドのエネルギーが求められる、という……。


そんなわけで妄想膨らむグラビティキャノンについて少し考えました。
正直、グラキオに積んだらええやん!! と思ったユーザーは多いと思う。
でも、そこから何故ライガーにこだわったかを考えて積極的に解釈していきたいです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント