32話~

32話でした。



真帝国…の中でもシーガルにスポットを当てつつの総集編でした。
そういえば無印ワイルドでも四天王にスポットを当てつつ総集編な回がありました。
http://zignition.blog3.fc2.com/blog-entry-4326.html
総集編ということを利用して、普段はスポットをあてにくい敵側の印象を強くするのは上手いやり方だと思います。


さて総集編というのは「今まで見てないユーザーに向けてあらすじを分かりやすく解説するもの」と「見てた人にしか分からないもの」に分かれると思います。
今回は後者かなー。あれだけ見ても初見のユーザーは話の内容が把握できないと思う。
ただ、とにかく展開が激しく「え、そうなの!?」という展開続きだったワイルドZERO。
そうなるのもやむないでしょう。

なお悪いわけではない。
最近はめまぐるしく話が展開し、最高に楽しめる半面「情報を整理する間もないぜ!」という嬉しい悲鳴でもありました。
作中の「謎」についていったん落ち着きじっくりと考えたい頃合であった。
確かにあらすじの解説としては荒い総集編であった。しかし名シーンを中心に「見ていた人になら分かる」構成で総集編をしてくれたので、「いったん落ち着きじっくりと考える」ことがとてもしやすくなったのではないかと。
そんな総集編でした。

最後、シーガルには「志がある」ように描かれていたのはちょっと印象的だったかな。
「真帝国の建国は正しいのだ。私は正しいのだ。それを成し遂げるんだ」という決意が出ていたと思う。
しかし、そうなのか・・・?
彼は助平心を出してジェノスピノで失敗して。今まで順風満帆だった自身の軍人生命が一気にひっくり返ってしまった。
それゆえ自分のプライドを保つためには「いや私の行動は正しかったんだ!!!」と思うしかなくて、だから「そうだ私は真帝国を作るためにやったんだ。あれは正しかったんだ」と思ってるだけじゃないのかな。
人間の精神ってもろいから、そういう事態になったら自分さえも騙してしまう。そんな所があるからなぁ……。

そんな事も思いました。

さて…、来週からは遂に新型コロナウイルスのせいで放送がセレクション放送に。
新型コロナがにくい…。
ですが、この機会を積極的に捉えて、作中の世界観の踏み込みや謎の研究なんかに取り組んでいきたいところです。

以前にも書きましたが、「話が大きな区切りを迎えた」という所まで放送してくれて本当にありがたかったです。
ここ最近は製作がめちゃくちゃ大変だったことは想像に難くありません。その中で区切りまでやってくれたスタッフの皆様には大感謝だし、そこまで行くという決意をしてくれたタカラトミーその他の判断にも大感謝をしたいと思います。
さて、区切りの期間をむしろ積極的に活かしつつ、再開を待ちたいです。

セレクション放送も良いけど、無印ワイルドの時にあったユーチューバーによるキットの解説なんかがあっても良いかも。
パーフェクトヒューマン片山のゾイドを語る回とかでもいいかも。
そういうのも検討していただけるととても嬉しいかなー。もちろん無理はしないようにですが!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント