ブロックスとか

ここ最近ライガーゼロフェニックスの話を何度か書きましたが、当時・・・そして今も「うーん・・・」と思ってしまう所として「合体が便利すぎやしないかい?」という所があります。
今日はそれについて。
これは本機というよりブロックスシステムを持つ全てのゾイドに対しての想いです。

ブロックスは装備を相互で換装したり合体したりが出来る。
それはまぁ良いとして。
何が「うーん」かというと、便利過ぎないかという。
合体や分離は基地ではなく現地で出来てしまう。戦闘中にだってOK。要する時間はわずか数秒。
B-CASの機体も同様で、装備換装は戦闘中に瞬時に可能。



ゾイドってリアル系でそれが大きな魅力だったと思う。
特にメカ生体の時代には「内部図解」が多くされていた。
それはパイプやシリンダーがリアルに表現されていて、ゾイドの現実感を大きくしたものです。

装備換装をするならエネルギー等の回路をつなげる必要がある。それはやっぱり簡単じゃないと思う。
ゾイドには改造タイプも多く登場しますが、それぞれ決して簡単じゃない開発のドラマがあった。


「ライガーゼロ」は大掛かりな装備換装を当初から見込んだ設計をしている。
CASです。
それゆえ従来機に比して極めて短時間で装備換装が成り、その形態で出撃ができる。
/0でもおなじみの換装シーンです。

思うに、ライガーゼロの時点で超絶便利である。しかしこれ位であればギリギリで「リアルさを保った上で」なおかつ「最新鋭の換装を見込んだ仕様だ!」とワクワクさせるバランスに立っていると思う。
ライガーゼロのバランスは凄く好き。

またライガーゼロは便利だが万能では決してないんですよね。
公式ファンブックでは戦闘中に一度後方(ホバーカーゴ)に戻って「何でもいいから装備を付けろ」と言って、整備に「無茶言うな」と言い返されつつも短時間でそれを完了させるシーンがありました。
(公式ファンブック3巻のブラッディデーモン戦におけるレイ・グレッグ機)
同じことをもう一度言いますが、これくらいがフィクションならではの都合の良さを含んでいつつもリアルさを感じさせる。世界観を壊さず憧れも感じる。というバランスを高次にとった地点じゃないかと思う。


それに対してブロックスは便利すぎるんだよなー……。
「ネオブロックス」のように独立した世界なら良いんだけど、ブロックスはバトストの世界に合流して重要な戦力になったからなぁ。
それは今でも思ってしまいます。

実際にどういう機構なんだろう。
私は「マグネッサーだから」という何でもその単語を出しとけば解決するだろというのはモヤモヤが残ってしまって。できれば理屈を考えたい感じです。面倒くさいかもしれませんが。

各部の分離や合体は磁力的なものを使っているのだろうか?

極めて簡単に言うと、装備を分離する時は「S極とS極」のようにして勢いよくパージする。
合体する時は受ける側を「N極」にして引き寄せるような……。

多少強引ですが、これで瞬時に分離し合体する事は不可能ではない?

では次。
合体後すぐに動ける事について。
これは無茶だよなぁ…くっつけても外観だけで内部的にはエネルギー回路等がつながってないだろう……と思っていたんですが、最近あるものを見て考えを少し改めました。

最近はスマートフォンなどの充電にケーブルは不要で。非接触ワイヤレスでできちゃうんですよね。
原理はよく分からないんですが「電磁誘導で電力を伝送できる」とのことで。
スマートフォンが実際に充電されるのを見ると凄いなぁと思います。


ブロックスもこれと同じような(もちろんもっと強化された)機構を使用しているのかなーと思いました。
だからパイプなどはないけどちゃんと動く。

今のところ送電の確実性や送れる電力量はやっぱりケーブルを使った方が上である。
ワイヤレス充電は時間がどうしてもかかる。変換時にロスが出るから。
ゾイドブロックスの世界ではワイヤレス電磁誘導の技術に大きな確信が起こった……のかなぁと思いました。


少し話題が飛びますが、機獣新世紀ゾイドの設定は「早すぎた」ものがあって、それがとても惜しいのかも……と、今見返すと思います。
ブロックスだけではなく。

例えばダークスパイナー。

おそらくもっとも大きな議論を生んだ中の一機です。
「ジャミングウェーブで敵を操ってしまう」という機体で、当時は「それは違うんじゃないか」と言われていたと覚えています。

ですが現代戦では電子性能がどんどん重要になってきている。無人兵器もここ十年で続々と誕生。
無人機はハッキングされる危険を常にはらんでいる。
2011年には米軍のRQ-170センチネル無人偵察機がイラン軍にハッキングされ同軍の基地に着陸し鹵獲されるという事件も起きています。
(GPS信号の上書き偽装によってRQ-170が自軍基地に帰還したと誤認識させた)

現代であればダークスパイナーは抜群のリアル感をもって受け入れられたんじゃないかなー。
惜しいなと思います。
「ゾイドは豪快にガチンコで殴りあって欲しい」という観点はともかく。


ブロックスも、今見るとワイヤレスがこれだけ進んだ世の中なので、ちょっとリアルさを感じられるようになってきた。
ここでもう少し深く切り込んで機構を考えたりしたいです。
できるだけ好意的な見解を導いていきたい。

ただ、、その上で厄介なのはやっぱり便利過ぎる所かなぁ。
瞬時に分離・合体する。瞬時に回路が繋がる。
これは上記の通り、どうにかして解釈できそうな気がします。

ただブロックスはもう一段階便利です。



この画像はフェニックスの脚部。そしてフェニックスの脚部パーツを回転させると「砲身」が出てくる。合体後はこれがビーム砲として機能する。
このような明らかにそれは内部的におかしいのでは……と思うような部分が多い事です。

凱龍輝・真の雷電も、凱龍輝の装甲が脚部になる。
装甲が脚部になるって……可能なのか? ショックアブソーバーとか膝を曲げる機構はどうなってるの? というのは思ってしまうんだよなぁ。

こういう部分の解釈は……時間がかかりそうですが、どうにかして自分なりの解釈を付けていきたいと思っています。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント