ゼログライジス!

ゼログライジス!

発売日が決定したようで、8/8みたいですね。
コロコロでは7月告知でしたが誤りだった。
というか、本当は7月に発売したかったが新型コロナの影響で・・・というのが真相でしょう。
しかし8月にずれたといっても上旬の発売。
かなり頑張ってくれたと思います。

画像では胸部からごっつい砲を撃ってますね。
ヤベー。荷電粒子砲を超えてきそうだ……。
個人的には荷電粒子砲を越えるのはまだ早いという気もするんですが、それはともかくとんでもない威力が予想される。
(メカ生体の「初年:最強(デスザウラー)「翌年:防ぐ(マッド)」「更に翌年以降:越える:ギル・キンゴジュ」くらいの進みは最高だったと思う。まあ80年代とは事情も違うんですが)

コアから撃っているようなのでシステム的には「コア砲」で確定かなあ。
大気中のゾイド因子を口で吸収し、そのエネルギーをコアで増幅、そして発射。
荷電粒子砲が「ファンで荷電粒子を吸収し口から発射する」だったのが逆になっていて面白いですね。

しかしこの位置から撃つ砲はまさにキングゴジュラスのスーパーガトリングだな……。
スーパーガトリングはデスザウラーやギル・ベイダーをを簡単に貫く。
あの威力は…、コア砲だったからかもしれないなぁ……と思ったりもしました。

コア砲はギガの場合は一発撃ったら終わりだった。
これは「自身のコアエネルギーで撃っていた」からだと思う。
対してゼログライジスは「大気中からゾイド因子を吸収・充填してから撃つ」ので負担が少ないんじゃないかな。

なおキンゴジュは特にゾイド因子を吸収しているような描写はなかったので、ギガと同じシステムと推測します。
(キンゴジュで技術が確立されていたなら同じシステムがギガに搭載されたはずだ)
ただしなにしろキンゴジュだからコア砲を撃ってもぜんぜん平気だったよという事情じゃないかな……。
キンゴジュだし…………。

ギガは……、キンゴジュが搭載したあの伝説の最強砲「コア砲」を再現しようとした。
だが強力なギガノトサウルス型野生体をもってしてもキングゴジュラスには遠く及ばない。
それゆえコア砲はどうにか搭載できたのだが発射は一発限りになってしまったのであった……というストーリーを想像しました。
なおそれでも実戦投入されたのは当事の共和国の事情ゆえ。

というか新世紀の共和国軍はけっこう後の時代からみれば「欠陥」と言われそうなゾイドを出してるんだよなー。
ケーニッヒウルフの強力だが使うと機能停止するかもしれない牙とか。
やはり戦況から余裕が全くなくそのような仕様でも戦場に出さざるを得なかったのでしょうか。

…書いていて、そら「一回使ったら機能停止するかもしれないケーニッヒウルフ」「安定してストライクレーザークローを使えるライガーゼロ」だったら、価格のネックを覆してでも量産されるわと思いました。

話が逸れてきました。
ゾイドグライジスは吸収したゾイド因子をコアから撃つ。
また同時に背中からも撃てるんじゃないかな。
背中のズラリ並んだ砲身を見ると、いかにソニックバードやスナイプテラをもってしても接近は自殺行為にしか見えない……。

凄いなぁ、これは攻略できるのか…?
「発射の瞬間にあらわになったコアを狙う」位かなあ。めっちゃ難度高そうですが。
でも、こういう可能性が見えるのはデスザウラーのファンやマッドサンダーのローリングチャージャーみたいで良いなと思います。

ということでつらつら書きました。
夏の大物はゾイドグライジス。そして冬は新作ゲームかな。
(冬にも大型キットはあるのだろうか?)
軍資金の調達は抜かりなく行いたいところ!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント