33話!!!!!!


33話でした。
再開に感動。むせび泣く。
そして物語はさらに加速する!
3週分の「溜め」があったのでどうしても期待がふくらみすぎていたんですが、見事にその期待に応える、いやそれ以上の満足感がある話でした。
やっぱり物語が進むと嬉しいなぁー。


冒頭でバーンとフォックスは再び離脱。
会話から、バーンは帝国から復隊を提案されていた事が分かった。
しかも、「おとがめなしで」とのこと。
帝国軍も随分と融通が利くようになったもんですねぇ。

帝国は「ジェノスピノ事件」「オメガレックス事件」と立て続けに重大事件を犯した。
その原因は帝国最高科学顧問ランドに過度な特権を与えた事……。

また彼によって重罪人のシーガルやアルドリッジは易々と部隊に復帰した。
そしてランドは帝国を離反し両軍に多大な損害を与えた。
無事だったとはいえ一時は首都に侵入され皇帝の身柄さえ確保されてしまった。

そんな状態なので、大幅な意識改革が進められているような状況なのではないでしょうか。
といっても甘くなったわけではない。
復隊すればバーンとフォックスが一緒に居れる保証はない。
そんなわけで、やはりバーンは一人で行く決意をすしたのだった……。
いやそれでも、バーンがフォックスを保有する事を黙認もしたわけで、やっぱり帝国は変わったなぁ。

……ところで、帝国軍は「ガトリングフォックス」「ドライパンサー」を開発したわけだけど、どちらも現在の帝国には無い。
「ステルス機を開発したら奪われる」ジンクスがあるのか……。
ランドはファングタイガーにステルス装甲を与えた。
ステルス技術は彼が持ってそうである。
果たしてこの先、帝国軍がステルス機を持てる事はあるのだろうか?



さてバーンを見送ったレオ達一行は空にオーロラを見る。
これは惑星の崩壊の前兆であった…………。

各地では地割れなどが起こり、ジャミンガが大量発生している。
この先、地球はどうなっていくのか……。


ということで33話でしたが、とにかく内容が濃いのなんの。

突如として起こる地殻変動。
そして地割れから発見される宇宙船!



Ziからの脱出したZi人のこと。
地球から脱出した地球人の状況。
その事についての解説も徐々にされてきました。

正直、事情が複雑でまだ考えをまとめ切れていないんですが(追加記事で行いたいです)、徐々に見えてきたようでとても興味深いです。
面白いなぁ。
そしてやおおあり、どんどん惑星Ziに近づいてる感じがします。


そしてまた、


真帝国の事情も描かれた。
ランドを失った今、シーガルはメルビルをまるで動かせていない。
いい気味である。

そうそう、しれっとスピーゲルも帰還していた。
次はどのゾイドに乗るのだろう…?

真帝国は過度にランドに依存していたのでオメガレックスの修理さえままならない。
そんなわけでかなり焦っており、ボーマン博士の誘拐を企てるなどなりふり構わぬ行動に出たりする。
しかしこれはライジングライガーの奮闘と帝国軍戦略情報局特務機甲部隊によって退けられる。

タイムリミットが刻一刻と迫る中、厳しい戦いが幕を開けたのだった。


細かい事は追加でどんどん書いていきたいんですが、とにかく引き込まれる良い回でした。
・バーンとの会話、離脱。
・起こる破滅の予兆。
・地割れから現れる宇宙船との調査。
・帝国と共和国の協力。
・真帝国の状況。
・戦闘。
今回も、これでもかと内容をぎゅっと詰めてる感じが凄い。
毎度のことですが、それでいて無理に詰め込んだ感じがしないのも凄い。

今回の感想はさわりです。
追加はまた明日以上に。

とにかく最高の話でした。
来週からも続きが見れるのが嬉しくてならない。
今から楽しみです!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント