Mark1コンプリート

ホビージャパン増刊のMark1
わずか3号で廃刊となった悲運の雑誌です。
ただ、廃刊となった翌年から、ホビージャパンはMark1と全く同一のコンセプトの季刊誌“ホビージャパンEX”をリリースします。
従って見方を変えればホビージャパンEXの前身であり、廃刊ではなく生まれ変わったと。

ホビージャパンEXがゾイドを超積極的に扱ったことはZoids Ignitionの資料コーナーからも明らかだと思います。
しかしMark1もEXに引けを取らないほど、ゾイドを積極的に扱っていました。

違いは、EXのゾイドストーリーは、ゾイド本来のストーリーとは関係ないものだった(舞台が地球で、ゾイドが異性人の兵器だったり)のに対し、Mark1のものはゾイド本来のストーリーに準じたものになっています。
非常にミリタリックで読み応えがある文章になっているので、なかなか入手困難だとは思いますが、手に入れる機会があればオススメします。

先日、めでたくコンプリートしました。



アイアンコングが“山”と呼ばれていたり、かなりゾイドバトルストーリーに敬意と理解がある記事なのも良い感じ。

いずれZoids Ignitionでも詳しく紹介できればと思います。

しかし当時こんな大人向けのものがあったとは驚きです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

Mark1コンプおめでとうございます
掲載されていたバトルオブゾイドは
ヒストリーオブゾイドと共に
自分のゾイド観の基礎となりました

No title

いい記事ですよね。
ヒストリーオブゾイド時期の、ゴジュラス、コング、サラマンダーが三台ゾイドだった時代の空気は何とも言えずいいなと思います。
Mark1の3号は、第二回X-DAYの作品が多数掲載されてるのもポイント高かったです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント