良いインフレと悪いインフレを語る

今更ながらインフレは良くないなあと思うわけであります。
まぁ本当に今更な事で、よく言われているしZoids Ignitionでもよく書いていることです。
そんな今更な話題ではありますが、今一度迫ってみたいと思うのが今回の趣旨です。

私がゾイドでインフレを感じていたのは暗黒編以降のものです。
デッド・ボーダーに端を発する暗黒ゾイドの強力さ。
そしてガンブラスター以降の共和国ゾイドの超兵器っぷり。
次世代機に次ぐ次世代機。
あの展開は凄まじい。

ですが、暗黒編以前にもインフレと語られたゾイドが居たということで。
デスザウラー。
デスザウラーを指してインフレという言葉が使用されているのを見た時は、「え?」と思いました。
そういえばごく最近まで、デスザウラーに関しては「成るべくして成ったスペック」であり別にインフレじゃないだろうと思っていた。
まぁ、これは「自分がゾイドを知った時期、既にデスザウラーが居た」事が大きいと思うんですが。

しかし改めてデスザウラーを見ると、あぁ確かにインフレだと言わざるを得ない要素が多数ある事に気付きました。

メカ生体ゾイドの第一次中央大陸戦争期は、一機一機のゾイドが本当に大切にされていたように感じます。
ゴジュラスは初代最強ゾイド。
アイアンコングはそれを超えるべく登場したけど、砲力で上回りつつ格闘では及ばなかった。
総合力では上だが負ける要素も用意しており、ある意味でゴジュラスの強さの要素をより際立たせるものでした。
サラマンダーは文句の付け所の無い超兵器だけど、量産が効かないという致命的な弱点があった。
サーベルタイガーも無敵の機動力と引き換えにゴジュラスほどの決定力は持たないものだった。
ウルトラザウルスも単機での戦闘力はどうかというと例えばサーベルタイガーのような機体とは相性が悪くゴジュラスの護衛が欲しいとか、あぁ無敵ではないのだなというものでした。

・・・余談。ただレッドホーンだけはもうちょっと扱いを上げて欲しかった。切に!
ちょっとねぇ、レッドホーンスキーとして悲しくなるものですよ。

本題に戻る。
まぁ、そんなわけで第一次中央大陸戦争の機体はそれぞれの良さがあってそれが連携しあって戦っていた印象があります。
ではデスザウラー。
格闘力でゴジュラスを超える。
砲撃力でウルトラを越える。
防御力も従来とは次元の違う強固さ。なんたってウルトラキャノン砲さえはね返す。
機動力はさすがに劣るが、それでも近接すればシールドライガーを捉えるほどの俊敏性を備える。

唯一の弱点は、荷電粒子砲は発射数に制限があるもの。ですがまぁ、こうして振り返ると総合的に超超スペックだなぁと改めて認識したものです。
インフレである。
ですがその上で、デスザウラーはいいんじゃないかなと思っている自分がいます。

何故かというと理由は二つあり、一つ目は優等生になりすぎてはイカンという事です。
コラムの「モチーフから導く性能」に次の事を書いています。
「基本的には生物の生態に忠実な機能の機が多いからこそ、たまに出る生物からかけ離れたような装備を持つゾイドが引き立つものでもある」
これだと思います。
良い設定、皆が輝ける設定。それは素晴らしい。まさに素晴らしい。
でもそこで安定してしまうと正直インパクトに欠けてくるのも否めないと思います。
だからたまにアクセントは欲しい。必須。

二つ目はD-DAY以降の推移です。
例えばコマンドウルフやアロザウラーをインフレだと言う人はあまり居ないと思います。
しかしこれ、ヘルキャットやイグアンをゴジュラスに置き換えてみよう。そうやって考えるとコマンドウルフやアロザウラーってデスザウラー級のパーフェクトさがあると思います。
攻・走・防いずれも大きく上回る。ノーリスクで。
しかしいかにも新型機といった見た目ややや大型化した体躯には大いなる説得力がありました。
いわゆるHiユニット級。
これらの機体は一気に戦場の主役となっていった。
旧来のイグアンやハンマーロックはブラックライモスに更新された。ゴドスは姿を消しアロザウラーに変わった。
そういった主力歩兵の移り変わりは、戦場全体のレベルアップを大いに感じさせました。
なので、そういった過渡期において登場したデスザウラーが、従来機をすべての面で大きく上回るスペックを持っていても、なんとなく自然な流れとして納得できたと思うのであります。

インフレは良くない。しかし逆の事を言えば無くても平坦すぎてつまらない。
そういった意味で、デスザウラーはインフレといえば否定できないが「例外として扱うべき」ものだと改めて思ったのでありました。

あと、ついでに言うと、このインフレしたゾイドであるところのデスザウラー。
そのデスザウラーを越えたゾイドはマッドサンダーです。
ではマッドサンダーはインフレだったかというと、そうではなく対デスザウラー用に特化した造りなのが興味深い。
荷電粒子砲を防ぐ…とはいえ前盾以外はヤバい。
運動性能ではデスザウラーに対しやや劣る。
砲撃力は言うまでも無く大幅に劣る。
けっこう、負けてるところがある。でもその上で、想定したとおりに戦いを進めれば勝つという推移。
マッドサンダーは、割と第一次中央大陸戦争機の、一機一機の得意と不得意を大事にしていた頃のスタンスが強いと感じます。

インフレしたデスザウラーを倒したのは従来の哲学に則って作られたた機体である。
まぁ、この辺の事情がゼネバス帝国VSヘリック共和国の最終局面を更に盛り上げたのかなあと思ったりします。
(マッドはこういった機体だからこそ機獣新世紀の扱いはガッカリした)

・・・あともう一個だけ。
デスザウラーがいるからこそ、より技術力の帝国っていうイメージが強くなったというのもある。これも良かったと思います。
共和国は国力が強さ。帝国はそれを越えようと必死に技術でカバーした。
その究極形がデスザウラーであると思う。
このように思うと、またひとつインフレしたのもまた良い事だと思えます。

しかし暗黒編以降はやりすぎだったなぁと改めて思います。
デスザウラーにおいて、歩兵級のゾイドが移り変わっていたから戦場全体がレベルアップしていると感じられ、インフレをインフレと感じさせなかった。
むしろインフレが素晴らしい高揚感になっていった。
しかし、暗黒編以降はそんな風な感じが薄かった。

ゼネバス帝国の滅亡。暗黒軍の参戦。
これはD-DAYと同じくらいのインパクトがあったと思います。
その舞台は整っていた。
しかし、その舞台において歩兵はアップデートしたのか?
というと、していない。

ハウンドソルジャーやジークドーベルはHiユニット級を上回る次世代機として登場しました。
確かに、グレードアップユニットを搭載している事や電動駆動な事はより強化されたゾイドというイメージでした。
コマンドウルフよりハウンドソルジャーの方が強そうだ。そして実際強い。
しかし致命的な事は二つあった。
あまりにも強すぎて、もはや歩兵ゾイドのイメージを持てないレベルに達した。
量産型の歩兵ゾイドというよりは単体として強力なゾイドのイメージへバランスが傾いたと思う。
思うに歩兵のイメージを持たせられるものは、Hiユニット級がギリギリだったと思う。

もう一つは、実際の戦場ではその後もHiユニット級が主力だったと読める事です。
ベアファイターやコマンドウルフはその後も各地で姿が見られる。
このような状況は旧型機いまだ現役のイメージを強く思わせ、それゆえに戦場全体のアップデートを今ひとつ感じさせなかったと思う。
そのような状況下で登場する新型機はとんでもないスペックで登場したのだから、ストレートにインフレを感じさせ白けさせたのかなぁと思いました。

インフレというのは扱い方が上手ければ素晴らしいアクセントとなる。それはたまらない高揚感となる。
しかし扱いを間違えればこれまで積み重ねていたものをすべて崩壊させかねないものとなってしまう…。

そんな風に感じるものでありました。

で、ここまでが実は前書きです。
ここからが本題です。
暗黒期のインフレを上手く解釈できないかなぁという事でちょっと思いついた事があるので書いてみたいと思います。

・・・ですが、長くなってきたのでいったん区切ります。
続きはおそらく明日投下。
お楽しみに。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

・自分もデスザウラーは悪いインフレというより帝国と共和国のパワーバランスを壊すくらい強力なゾイド、というイメージです(まあそれもインフレと言えばインフレですが)。
個人的には一度帝国が首都を落とされ大陸から撤退せざるをえない状況に陥った…というのが大きいでしょうか。
追い込まれるだけ追い込まれ、そこから領土奪還をするための執念が生んだ機体…と思うとそりゃ強力に決まってるとw
またデスザウラーに匹敵するような脅威が次々と生まれると「オイオイ」と感じたかもしれませんがデスに一点集中してたのも理由のひとつかもしれません。
・ガイロスはなぜあそこまで圧倒的な科学力を持っていたんでしょうね。
地球人の漂流で技術力が一気に向上したというゾイド星ですがゼネバスとヘリックで兵器を被せ合い、ある意味切磋琢磨して高め合った両国より最初から数段上の技術を持ってたのはちょっと気になります。
・レッドホーンの扱いは……
昔公式ファンブックのダイアグラムでAの機体1機に対しBの機体何機なら互角になるかというページを見た時、
サーベルタイガーが完全上位互換のライガー相手になんとか1体1という状態で踏みとどまってるのにレッドホーンは同系統のディバイソンに7対1でやっと互角と書かれていて悲しくなりました。
ディバイソンをレッドホーン7機で取り囲んでる図を想像するとすさまじい画なのですがこれでやっと5分かと…。

No title

結局インフレも「ストーリーを盛り上げられるか」ですよね。
ウルトラまでの全員協力時代の世界観をじっくり作り上げたからこそ、全てを覆すデスザウラーの登場が際立ったのだと思います。そして現実にそういうことはまれによくある。武装についても大口径は実弾ばかりだったところに荷電粒子砲が装備されたという新しい要素がありました。
小型はともかくそれぞれの分野のトップである大型ゾイドを凌駕するのは新型でも難しいのだと皆に定着させてのこの流れは現実感もあってドキドキしたし、その後のストーリーも劣勢側(共和国)の必死の工夫が見られその興奮に見合うものでした。マッドの下りでそれは最高潮に達したと思います。

デスザウラーマッドサンダーの後については、妙な新型を出してインフレを繰り返すよりもゴジュラスウルトラ等のアップデート&救済をした方が良かったのではとも思います。新世紀についてもそうですが、定期的に(しかも短期に)インフレすると見破られてはいけません。

>レッドホーン
これもアイアンコング&サーベルタイガーのカタルシスの犠牲になったのだと思います(涙)あの中型に近そうな出力に数々の武装を積ませるコンセプトは装甲が進化すると苦しい気もしますね。
殆どの口径はゴジュラスの連射砲より口径が小さいですし。。。
ゴジュラスの射撃はあの時代にしては実は強そうだと思ってますし、本当に中距離戦にも優位はあったのか!?

インフレは宿命。しかし…

色々インフレについては思う所がありますが、描写が短絡的かつ手短に繰り返し行われた事で新型機の肯定意見を育てられなかった事や、意匠面でのブレが大きいのではないでしょうか。また単純に自分の好きな機体が勝てなくなって冷めるとか。

大切に強さを描いてきた初期ゾイドを大幅に上回る機体が出てくる、更にそれを上回る機体が出てくる、そんな事を繰り返していれば冷めるのは当たり前です。

初期の如く得意分野ではなお一線級というのが救いの手だったと思います。その唯一の得意分野でさえ上回る機体が出て来、更にその機体はあらゆる面で上回っていたとすれば、インフレを感じてしまいます。だからこそ私はデスザウラーにインフレを感じました。しかしデスザウラーは色々考えられていた為に、受け入れられたと思います。


しかし好きな機体が勝てなくなり、それを受け入れた頃に受け入れた新型が負けると、何と言うかついていけなくなります。

ゴジュラスが負けた→うーん…でもウルトラが居るよ。
ウルトラが負けた→いやマッドも好きだし。
マッドが負けた→オルディオスが…(あんまり好きな子じゃない…)
オルディオスが負けた→キング…ゴジュラス…(無言)

次々短期間に凄まじい性能の強力機体を出し続けると白けるんです。そして暗黒軍参戦後のゾイドが今までの意匠と違い過ぎた事で受け入れがたかったと思います。


だからこそコンセプトアートで世界観をリセットし、往年の人気機体を主役に戻したのはご英断だったと思います。続かなかったのが残念ですが…

No title

>No Nameさん
デスザウラーはやっぱり良いですよね。
あれがあったからこそ色々輝いたと思います。
デスザウラーに対抗するゾイドを次々と作り出し挑ませる構図も面白いですね。

ガイロス帝国の技術力は考察したいですねー。
ゼネバス帝国との連携がどの程度あったかも問題にしたいと思います。
難しいですが、本を製作する上でも避けて通れないものなので導きたいところです。

レッドホーンVSディバイソンはちょっと差がありすぎですよね。
せめて2対1か3対1で互角くらいでいいと思うんですよねぇ…。

>No Nameさん
その通りだと思います。
高いレベルであっても安定しすぎると平坦な道に感じますからね。
適度に段差を置く必要はありますね。
やっぱりゼネバス帝国VSヘリック共和国の戦いは完璧だったなぁと思います。

ガイロス帝国は、D-DAY上陸作戦の際に存在が語られた謎の国だったので、いずれ現れるのは必須だったのかもしれません。
しかしその展開がああなったのは少々残念ですね。
...北斗の拳が修羅の国編になってちょっとグダグダになったのを思い出しました。

レッドホーンVSゴジュラスで砲戦を展開した場合ですが、射程はさすがにレッドホーンに分があると思います。
ただ接近したゴジュラスが射程圏内にレッドホーンを捉えたら…、
レッドホーンの砲って、見た目的にあんまり連射できなさそうです。
逆にゴジュラスの76mm連射砲は形状も名称も速射に向いてそう。なので実は貫く力では上回ってるのかもしれませんねー。
76mmなんていうと、かなりの威力を発揮しそうだし。

>かかしさん
仰る事はその通りだと思いますが積極的な解釈も試みてみると良いと思います。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント