設定に関する話

今更ではありますが、ふと思った事。
デスザウラーに関してです。
そういえば背中のファンを弱点というだけでなく、荷電粒子砲のエネルギー供給という攻撃面にも使用しているのが改めて凄いなーと思いました。


そういえばこれ、弱点弱点言われていますが、攻撃面において最重要な装備なんですね。

そんなデスザウラーのファンについて考えててふと思ったんですが、ケーニッヒウルフも背中のファンも、デスザウラーのような設定の方が良かったんじゃないかなーと思いました。

けっこう設定で損をしていると言われていると思います。
「必殺技は、機体の全電磁気エネルギーを牙に集中させ、敵を噛み砕くエレクトリックファンガー。ただ、一時的に機能停止する恐れがあるため多用はできない」
っていう部分ですね。
それ欠陥機やないか。そらライガーゼロが選ばれるで。
そんな風に言われているし実際そうだと思います。単機としてはヒロイックな設定でカッコいいんですが、戦争で使用する兵器として考えるとやはり辛い。

しかしこれを、
「背中のファンでエネルギーを吸収し、その結果として絶大な威力を持つエレクトリックファンガーを使用できる」
「ただしファンを破壊されると使用不能になる。無理やり撃つ事は出来るが、一、二撃が限界。しかもファンが壊れた状態だと安全性が確保できず、一時的に機能停止する恐れもある」
みたいにしておいたら好みだったかなーと思いました。
まさにデスザウラーのファンのように。

ピンチはチャンスとはよく言われる事ですが、ああなるほどなぁと思ったりしました。
同時に設定っていうのはやっぱり凄く重要だなぁと改めて思いました。
デスザウラーのような「攻め」の設定は凄く好きです。

以前に「ここがこうだったら良かったのに」というアンケートをやった事があります。
これとは別に、「この機体の設定が最高!」っていうのもやっても面白いかなーと思いました。
次回は多分新型アイテムに関しての項目を作ると思いますが、次々回くらいでやっても面白いかなー、と。

そういえば、アンケと言えば締め切りあとわずかです。明日いっぱいまでが募集期間です。
PC用
携帯用
こちらも、おまちしています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

あわててアンケート

アンケートの投稿を忘れてました。
新ゾイドを創作するのは楽しいのですが、時間がかかるので後回しにしていました。
いまからあれこれ設定を考えてみます。

No title

メタな視点から言っても明確な弱点があると他の箇所をその分強力な設定にしても違和感が薄いというのもありますね。
ウルトラのキャノン砲にも耐えうる装甲、ゴジュラスを無双する格闘性能、さらに荷電粒子砲とそれだけだと子供でもやりすぎと感じてしまうかもしれませんがファンの存在がそれらを受け入れやすくしていたのではないかと思います。

No title

普通に考えて、エネルギーを供給したり外部から補給したりする部分が他の部分よりもどうしても弱いのは当然ですよね。
デスザウラーの場合は、その狙われるであろう供給部の周りをしっかりとビーム砲や隠し武器のミサイルで固めてあるのが素敵です。16連装ミサイルって名称がまたカッコ良すぎます。「過重力衝撃テイル」も好きですが・・・。

デスザウラーが背部にファンを配置している理由は色々考えられると思いますが、空気中の荷電粒子を吸い込むのにやはり一番都合がいいんじゃないかと思ってます。これが尻尾付近とかだと敵の射撃武器で手が届く距離になってしまいますし、地面にあまり近いと異物を吸い込んで壊れたりしそうです。

セイスモサウルスの腹部にあるファンは絶対に砂を吸い込んだり近くにいる歩兵を巻き込んでしまったりすると思うんですよね・・・・

エレクトリックファンガー・・・・・・・もっと具体的に威力に関する記述があればここまで産廃扱いされなかったんでしょうけど・・・・・。

個人的に、相手がデスザウラーでも内部機関を破壊し行動不能に追い込むことができる(完全には仕留めきれないのでとどめを味方に任せねばならない)だったらよかったんじゃないかと思います。

でもコングPKでもライフルで仕留められる(ような描写がある)から対デス以外に使い道がほぼないからやはり産廃なのかな・・・

欠陥機だからゼロの方が選ばれたでなく、CAS非搭載でB-CASへの対応が難しかったから選ばれなかっただと思いますね。(キット的にも)

No title

設定が魅力的だとますますカッコよく思えますよね。
デスザウラーに関してですが、以前から思うことがあります。
重装甲、超パワー、俊敏性に火力。デスザウラーは全点豪華主義といっていい。しかしそれだけのものを作れる技術がありながら、何で背中のファンという、いかにもな弱点を作ってしまったのか。
他が素晴らしいだけに、相対的に見てお粗末すぎる。デスザウラー作れるなら弱点対策ぐらい出来そうなものなのに。
 個人的な推測ですが、それは帝国が荷電粒子砲という新技術を当時完全にはものにできていなかったから、と思います。
荷電粒子砲以外は既存技術と研究の集大成で高い完成度を誇るが、荷電粒子砲はいまだ研究中のものであった・・・と。
帝国にもう少し時間があれば、大陸をおいだされたりせずにアニメ最終回のような欠点を克服した状態のデスザウラーが無双していたかもしれない・・・
 ケーニッヒも同じで、ゼロの奪取により完全野生体という新しい方向性が発見された。ゼロはもとはガイロスのゾイドなので、純正共和国完全野生体ゾイドとしてはケーニッヒが第1号。持てあますところも多く、ノウハウが無い共和国はだいぶ苦労したんじゃないか。かつてのゼネバス帝国と同じく時間もなく、コマンドウルフからの技術流用で急ピッチで仕上げた。その結果不安定な部分もあるが、堅実で優れた既存技術はゼロと互角に戦える力を発揮。
むしろオプションを装備すればイクスと互角レベルなら大健闘。
主力の座は取れずともアンチステルスとして帝国のゼロを封じた。


それぞれ当時の状況から妄想してみました。新技術をものにする間もなく急速な状況の流れにより弱点を持つまま実戦投入されたゾイド。そしてすぐ後に雷神、毒電波というさらなる革新的新装備ゾイドの登場で弱点を克服する間もなかったゾイドたち。
そう考えると弱点も納得がいくかもしれない・・・

エレクトリックファンガーは・・・まあ、電磁牙はいざとなったらそういう使い方もできるよ的なモンというか、普段使いするもんじゃなくて、重要な目標をリスクを負ってでも確実に仕留めるためのもので、必殺技というよりリーサルウエポン的な感じ?と解釈してます。

No title

以前のアンケートの際には、「(少なくともファンブック4巻のバトストの時点では)ケーニッヒは急造機であるが故に不安定な機体なのではないか?」と言った解釈を考えてみたりもしたんですが、
デスザウラーの様な「攻め」の設定も強力さと欠点が紙一重になっていていいですね。
ケーニッヒは大好きなゾイドだけにもしこの設定があったらとてもいいです。

でもその一方で、ダークスパイナーのジャミングウェーブの設定もそうですが、こう言ったヒロイックな設定はホビー系のバトルもの(/0やゾイドバトラー雷牙みたいな系統の作品)であれば映えそうな気もして、
場合によっては世界観も含めて、設定作りと言うのはとても大事なんだなぁと思います。

ついでに、最近見ていたとあるアニメが、ストーリーや設定の面でとにかく残念すぎたのも、そう言う思いが強くなる一因だったりします・・・。
元々原作が設定の緩いブラウザゲームなのですが、
アニメ以前に世に出た同じゲームを原作にした小説や漫画などは、それぞれ物語の骨子となる部分やそれに関連する設定がしっかりしている物が多いのに対して、
そのアニメは「前後の話が繋がっている連続したストーリー」の筈なのに、
その連続したストーリーの中で「前後の話で矛盾する点」が出てくる事が日常茶飯事の様なもので、
骨子となる部分やそれに関連する一貫した設定や描写が殆ど無く、
その上、原作を知っている人ほど悪感情を煽られる描写も多いという代物なので・・・。

なので、設定と言うものは疎かにしてはいけない、とても大事なものだと言う事を改めて考えさせられました。

そんな事もあって、世界観やそれに沿った設定をあれこれ考えるのは、楽しくもあり、大変でもあり、とても大切な事だと思っています。

No title

>アンキロさん
間に合いましたでしょうか。
面白いのが集まりました!

>No Nameさん
バランスの取り方ですね。
それをどうとるかって重要だなと改めて思いますね!

>セイさん
デスザウラーの武器はどれもカッコいいですね。
背中周りの武器は強力ですが、あくまで荷電粒子砲には大きく劣るというか、そういうバランスも良いですね。

片方上げれば片方下がるのが常。背中は供給上は最も良いでしょうね。
セイスモは凄く態スピードなら集めれそうな気もしますが、次々撃つのはしんどそうです。
撃てるもんなら撃ってみやがれ!な姿勢で敵に構わず猛烈な勢いでエネルギー吸収するデスザウラーがカッコいいです。

>No Nameさん
具体的な威力って描かれてないですよね。
そこまで登場しなかったというか・・・。
漫画だと使ってましたが。

基本、高速機はそこまで固くないはずなので同クラス相手には過剰な威力だと思いますが、アイアンコングやジェノ・フューラーなど頑丈な奴に見舞ってほしかった所ですねー。

>ラウルさん
紙一重ですよね。
デスザウラーも一歩間違えば白けるものになるし、ケーニッヒもあと一歩踏み込んでいればもっと違った位置にいるかも・・・。
仕上げの段階で更なる精査を求めたいなと思います。

No title

>3aさん
荷電粒子砲は帝国にとっても未知の領域だったはずなので、ああするほか無かったのは確かでしょうね。
なにせアイアンコングMK-IIの大型ビームランチャーの次に荷電粒子砲を作っている。その飛躍はすさまじい。中間が無い。凄すぎです。

成熟期間を経て弱点を克服する事はままある事ですね。
ゴドスがバトスト1巻時点より3巻次点の方が評価が高い事や、プテラスがレドラー登場後も苦戦しつつ運用されたのはアップデートが思われます。
一方でそういった期間の無かった悲運の機体のifを想像するのは楽しいですね!!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント