エネルギーシールドの技術史を考える

エネルギーシールド。通称、Eシールド。
最初に採用したゾイドはシールドライガーである。
電磁フィールドを機体前方に展開し、敵のビーム砲をはね返してしまう強力な防御装備。
ただし、その特性上、ビーム砲には強い耐性を示すが、実弾砲に対しては無力である。
ゾイドの装備の中でも、アニメの影響もあり特に有名なものだろう。



さてEシールド。
これは高機動機と相性が良い装備だと言える。
敵の攻撃を防ぐには、分厚い装甲かEシールドの二択になろう。
パワー系の戦いをするゾイドなら、分厚い装甲を施した方が合理的だろう。
しかし出来るだけ重量を減らし機動性を高めたい高機動タイプには、分厚い装甲は相性が悪い。
そこで、発生装置の開発やコストは大変だが、その上でなおEシールドが望まれたのである。

Eシールドは共和国軍で開発されたものだ。サーベルタイガーではなくシールドライガーで採用されたものだ。
技術的にリードする帝国軍がなぜEシールドは共和国に先んじられたのかというと…、
帝国は先鋭性ゆえにビーム砲を多用していた背景があった。つまり共和国は対ビーム装備の開発が必須だった状況である。
逆に、共和国軍は実弾砲主体であり、それに対する帝国軍にとってEシールドは不要なものだったのだろう。

実弾砲のデメリットは重量がかさむことだ。砲に加え砲弾重量がかかる。
特に可能な限り軽くしたい高機動ゾイドではビーム砲が好まれるだろう。
しかし例外もある。グレートサーベルだ。
グレートサーベルは、Eシールドを装備したシールドライガーと交戦する事が必須だった為、強力なビーム砲ではなく強力な実弾砲が必要だったのだ。





気の早い話ですが、バトリサ二巻の時期における諸々を考え導いています。その一環で「おっ」と思いついたものです。
考えられてるなー。
サーベルタイガー、シールドライガー、グレートサーベルの関係はやっぱり凄いなと思った次第です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

弾頭にもよるが、通常は実弾兵器より光学兵器の方が威力は高いだろう。
アニメのシールドライガーの影響か、Eシールドは非常に多くの機体に搭載され、効力を発揮した。

しかし、逆にEシールドが主体となった時、実弾兵器が有効になる事もある。まさにメタゲーム。

No title

ガンダムなんかでもビームシールド系の装備、
特にガンダムSEEDシリーズのモビルスーツが装備するビームシールド系の装備やガンダムOOのGNフィールドなどは
対抗策として実体剣や実体弾(どちらも耐ビームコーティングなどの対策を施したもの)が用いられたりしていますし、
Eシールドの対策に実弾が有用と言うのも納得です。(アニメ無印にもEシールドを貫いたガンスナイパーの特殊鉄鋼弾がありましたし。)

ところで、ふとアニメなどで描かれていた様な、Eシールドの実弾に対する防御力や、シールドアタックの様な突撃戦法への応用について考えて見ましたが、
個人的にEシールドは、多分ビームほどではないにせよ、
実弾に対してもある程度の防御力は発揮できると思います。

アニメや漫画版機獣新世紀ゾイドの影響もありますが、
ファンブック一巻のバトストではEシールドについて、
「(セイバータイガーが)至近距離から叩き込んだビームがシールドライガーのタテガミの周辺に発生した空間の歪みに弾き返された。」
と言う旨の文章が描かれていたのと、シールドの原理に割と突っ込んでいた漫画版機獣新世紀ゾイドの描写を参考にすると、
Eシールドは展開時に一種の力場が発生することでビームなどを弾く事が出来ると思います。

そして、個人的にはこのビームを弾き返すほどの空間の歪み(力場)を発生させるのならば、実体弾などに対してもある程度の防御力を発揮したり、攻撃に転化できてもおかしく無いのではないかとも思います。

ただ、本来は対ビーム兵器を想定した装備である以上、
実体弾の防御や攻撃への転化は、例え想定の範囲内であったとしても、機体に掛かる負担と言う面ではビームを防ぐ時よりも負荷が掛かるし、防御力の面でも劣る可能性は十分にあると思います。
特にアニメ無印のトラウマシーンの一つである、「首都攻防」の回のレイヴンのセイバータイガーがシールドライガーのシールドを強引に突き破ろうとするシーンでは、ライガーやジークにも相当な負荷が掛かっているような描写もあったので、
Eシールドでの実体弾の防御や、特に攻撃への転化は機体に対する負担も大きく、Eシールドの用途としては、あくまで緊急的なものだと思います。

No title

物凄く細かい突っ込みかも知れませんが、「実弾砲」「実弾兵器」といわれると「実弾=実包」のイメージが強いので何だそれはと思ってしまいます。「実体弾」ならなんとなくわかりますが。
あと、ビーム兵器を表す言葉としてよく「光学兵器」といいますが、レーザー砲ならともかくゾイド世界でのメインウェポンである荷電粒子砲は厳密には光学兵器ではないのですよね。厳密には「指向性エネルギー兵器」だと思います。
細かすぎる突っ込み、失礼いたしました・・・

シールドライガーという名前になる程、当時は革新的な装備だったのだと思います
マッドサンダー、ガンブラスター、凱龍輝など、後年には更に進んだ防御装備が開発されるところを見ると、共和国は特にビーム兵器に対する対策技術が優れている印象があります

No title

>NoNameさん
光学兵器は出力次第じゃないかなあと思いますね。
例えばガリウスのビーム砲がイグアンを貫けるとも思えない。
ただ、大型ゾイドの場合は出力の問題はクリアされており、素晴らしい威力でしょうね。
砲が一極化せず、色んな種類があり互いに長所短所があるのは面白いですね。

>ラウルさん
おそらくですが、
ビーム砲というのは粒子を飛ばすものです。粒子は電磁波の影響を受け、容易に偏向します。
すなわち、Eシールドというのは強電磁波によってビーム砲の進路をねじ曲げてしまうものと思われます。
その特性を考えれば、実弾砲にはさほど影響が無い事が見えてくると思います。
(ただし、信管がその地点で爆破するなどの影響はあると思われる)

最も、強電磁波なので人には致命傷になる事や、ゾイド自身がその地帯に突入すればただではすまないでしょう。
という風に考えています。
この辺はそのうち考えをまとめて投稿したいです)

>名も無い者さん
ご指摘ありがとうございます。
ただ今回の場合、私の考えとしては通じれば良いという事ですね。
言葉の正確さというよりEシールドの特性を主にしたものです。

>横転臼砲さん
そういえばていこくぐんはこれといった特殊な防御装備はないですね。
デスザウラーのスーパーヘビーガードくらいか...。
やっぱり、攻める帝国と守る共和国というのが普遍的なものかも知れませんねぇ。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント