スーパーヘビーガード

HP更新しました。コラムです。
こちら

以前にブログで書いており割と反響のあった記事、デスザウラーの防御力に付いてのものを再編したうえで編入しました。


しかし暗黒編での弱体化は悲しかったですねぇ…。
もしあと1年メカ生体ゾイドが続いていれば、ゴジュラスMK-II量産型みたいになっていたかもしれん・・・。

一方、

アイアンコングは常に活躍しているのだから凄いです。
アイアンコングは作者に凄くい愛されてる気がするなあ…。

ゾイドにも色んな「装甲」があるのでいろいろ考えていきたいですね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

三式さんのコラムは、読んでいて本当に楽しいです。
裏付ける資料がわかりやすく用意されているのも素晴らしいです。

コラムだけで一冊の本になりそうな……。

よくある量産機

ゾイドだけでなく、フィクションに出てくる所謂「量産モノ」が弱い理由に納得がいきました。生産所の環境や状況に因ってそうせざるを得ない、という理由には特に。まあ、ゾイド星は戦時でしたからねぇ…、焦りもあったのだろうと私は解釈しました。
戦時、侵略中は焦ってトチ狂う連中が多いんじゃないですかね。

駄文失礼します

読んでてなるほどと思わせる文章でした。

 確か、デスザウラーと、セイズモサウル固有の装備に加重力衝撃テイルがあります。
 ともに荷電粒子ファンを持つ機体ですし、この装備が重力制御によるものだとしたら、デスザウラーの装甲は頑丈だが重すぎて通常の使用に耐えないものを、荷電粒子を利用した重力制御で高機動に動かしていると仮説を立ててみました。

No title

スーパーヘビーガードについて考えていたら、
ふと、ガンダム最新作の「鉄血のオルフェンズ」のモビルスーツなどの装甲に施されたナノラミネートアーマーにビビっとくるものがありました。
ナノラミネートアーマーの設定はザックリ言えばコラムの中の
「荷電粒子を転化した装甲」説に近いものですが、
劇中で描写されているその防御力は中々のものです。
何しろ通常のモビルスーツ用のライフル弾ではダメージを殆ど受けないし、
高威力の滑空砲ですら接射でないと機体がよろめくだけと言う重防御っぷりを発揮しています。
(しかも後者に至っては所謂ザクポジションの量産機であるグレイズがそれ位の防御力を発揮していると言うのがまたすごい。)
そんでもって同作における現状でのナノラミネートアーマーへの有効打になるのは主に大質量の近接格闘武器(斧やメイス)でぶん殴ったりパイルバンカーや高威力の実弾砲の接射で撃ち貫くと言った戦法で、
それが何処と無くデスザウラーのスーパーヘビーガードを連想させました。

仮にデスザウラーのスーパーヘビーガードにもこのナノラミネートアーマーに近い防御特性があったとしたら、
ディバイソンやマッドサンダーの様な重量級ゾイドによる突撃戦法が最も有効な手段になりえた理由の一端にもなるかも・・・。
でもこれだと流石にハウンドソルジャーの突撃にやられている事に対する説得力が無いですが・・・。
(個人的にはハウンドソルジャーは装甲の繋ぎ目を狙ったと思いますがそれでも効くかどうか・・・。)

移動速度と排熱

①デスザウラーの移動速度の遅さは、装甲が重いから+ゾイド種の特徴と考えていました。
 でもコラムを読むと、希少金属説もなるほどと思います。
②デスザウラーは、全身ガッチガチに装甲で固めています。そこで疑問。
 荷電粒子法の排熱はどうしているのでしょう?私は、背中から荷電粒子だけでなく区風も送り込んで冷やしていると思ていました。それとも装甲に秘密がある?

No title

>メカカブトムシさん
ありがとうございます!
励みになります。色んな謎にチャレンジしたいですね。

>スサイド生田さん
ガンダムとジムも装甲の差が大きいですね。
「量産機が強い」のは現実の話ですが、「初号機が強い」のはカッコいいのでフィクションで使用されがち。
そこに強力な説得力のある理由を導きたいですね。

>puku2systemさん
そういえば加重力テイルと重力砲は関係あるのだろうか・・・なんていうのも思いました。
重力制御は面白い説ですね!
ゾイドは大きさに比して非常に軽いので、そういった方面での考察ははかどりそうですね!

>ラウルさん
ガンダムで言うと、seedの実弾を無効化するシールドも興味深かったですね。
あれはギル・ベイダーのイメージにも近かったです。
(ギルもディバイソンコブラのミサイルを受けて無傷だったりとんでもないです)
今回の説は後にギル・ベイダーとも複合させて考えたいです。

ハウンドソルジャーは難しいですねえ・・・。
最高速度で突っ込むなら、まず「あたる」だけでもけっこう大変です。そのうえで「継ぎ目」というまさにピンポイントを射抜けるかというと、んー。
それが出来るエースなら体当たりはしないよなあというのもあって、なかなか難しいです。

>アンキロさん
デスザウラーのスタイルと大きさを考えると、帝国ゾイド中で最も遅いのは仕方が無いでしょうね。
廃熱は難しい問題ですよねえ。
それこそ、ブラストルタイガー並みの廃熱機構が必要な気もするんですが、どうなってるんでしょうね。
その辺も考えて行きたい所です。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント