ゾイドコア砲

今回のアンケ、デスザウラーVSゴジュラスギガですが、かなり面白い結果になりそうで今からUPが楽しみです。
今月は29日が月末です(投票は28日23時までです)。なので、お忘れなきように是非是非~
事前資料はこちらから
投票は
PC用
スマホ用
携帯用

お待ちしています。

ところでゴジュラスギガと言えばゾイドコア砲なわけです。
今回はそれについてちょこっと。

「命と引き換えに一度だけ撃てる最終兵器「32門ゾイド核砲」は、デスザウラーの大口径荷電粒子砲すらはるかに上回る威力をもつ」
とされていますが、この装備、具体的にどういうもんなんだろうと当時から疑問でした。
バトルストーリーでは撃ったことがたしかなかったし…。
撃つシーンはもちろん、どういう構造になっているのだろう…というのも分からなかった。

ですが、最近「おっ」と思う資料があったので紹介してみます。


コチラは以前に紹介した、このマッドジェットVSギルカノンの一戦ですが、


最終的にこのようになりマッドが敗北するわけです。
ギルカノンが撃っているのは大型プラズマ粒子砲です。
ご覧のように超重装甲を誇るマッドサンダーが一瞬で溶ける。その温度は3万度にも達するそうだ。

…これですが、付き位置などからしてゾイドコア(ゾイド生命体)から直接エネルギーを供給して撃っているのではないだろうかと思いました。

他のアングルが無いかなと思ってたら…、

おぉ、まさしくコアに直結された砲ではないか。

…余談ですが、これは次回予告ページ。
白いペガサスとはもちろんオルディオスの事。この時点では名称未定だったのですね。
サイ(仮)とかドラゴン(仮)みたいなもんです。

コホン、本題に戻る。
ゾイドコア砲ですが、このように
「コアから直接エネルギーを供給する砲であり、それゆえ全エネルギーを集中した際は凄まじい威力を発揮する」
ものであると思いました。
(他の砲ももちろんコアからのエネルギーで撃つわけだが、コアにストレートに直結されているものとは根本的に異なろう。なにしろこれだけ直結されているのでエネルギーロスが一切ないし無茶な事もしやすかろう)

そしてこの構造ゆえに、あまりにも全エネルギーを集中させ過ぎると死ぬケースも…。
(ギルカノンは撃った後の描写が無いのでどうなったかは不明だ)

…考察という程でもないかな。
しかし、今まで何となく、コアから直接エネルギーを供給して撃つ砲だろうなぁという程度には思っていましたが、それに対しある程度の肉を付けられたかなと思います。

メカ生体ゾイドの時代にゾイドコア砲を持ったゾイドはおそらくギルカノンが唯一ですが、その技術は長い年月をかけゴジュラスギガに変え受け継がれた とか考えても面白いかもなあと思いました。

また、今回の考えが正しいのだとすれば、そのような装備さえつければゴドスだろうがガリウスだろうがコア砲は持てるのかもしれないなぁ…とも思いました。
むろん威力はそのゾイドのエネルギー総量に大きく左右されるでしょうから、搭載した所であまり意味はないと思うのですが。
…ガリウスやゴドスのゾイドコア砲があれば、どの程度の敵なら倒せるのだろう…。

ナッパさんに対する餃子みたいにならなければ良いのですが。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ギガのコア砲と言えば、なんで32門なんて中途半端な数なんだろう、と思ったら、背びれの数がちょうど32枚なんですね。
背びれを必殺兵器にするのはなかなか面白いアイデアだと思いました。

No title

セイスモサウルスとの初対決で撃とうとしたんでしたっけ?非公式だったっけな。。。

範囲攻撃なのか一点集中なのか、前者ならウルトラの全方位攻撃みたいに使えるといいですね。後者だとすると対どのゾイドを想定していたんだろう。。。

No title

ゾイドコア砲ってバトストでは撃ったことないんですよねぇ…ゲームキューブのゾイドVSだと背ビレから発射して包囲攻撃してましたけれども正直アレが荷電粒子砲を上回るとも思えないんですよねぇ…
自分はギガが勝つほうにしたのですがギガはデスザウラーを倒せるってだけで要はギルベイダーとオルディオスみたいな戦力差なのかもしれないですね

No title

「砲」という名前ですが砲口や銃身がある訳でもなく使用すると命を落とす以上、
実質的にはコア出力を開放した自爆技ということになると思います。

ただ、ヴァルハラ崩壊等のコア暴走による破壊と異なるのは背ビレを介したコアエネルギーの
放出という点において、コア砲を放ち生命活動が停止したとしてもギガ本体は残り、
ゾイドコアを交換する事で再び活動が可能になる事ではないかと思います。
ギガ本体は最新技術と高い戦闘・防御力を備えている以上、自爆によって機体丸ごと消失させるのは
この時期の困窮した共和国軍にとって得策ではなく、コアの交換・移植技術もOSのコア関連技術や
ブロックスのコア連結分離に始まる変幻可能な技術がそれを可能にしたのではないかと思います。
ただし、万が一単機で敵陣ど真ん中でコア砲を使う際にはEシールド等の防御機構を
全て解除した上で本体諸共破壊しつくす事もできるとは思いますが。

No title

ドラゴンボールの例えがありましたが小型ゾイドのコア暴走による破壊(自爆)は
ヤムチャを葬ったサイバイマンの自爆技が丁度そんな感じなのかと思いました。

突撃→接触・抱き着き→自爆 をするハンマーロックやモルガ等、
OSにより狂暴化・無人自動(ほぼ暴走)化させた非人道(ゾイド道?)兵器が横行したらと思うと恐ろしい物が。

実際にミツバチが巨大なスズメバチを倒すために集団でまとわりつき羽を高速に動かして
摩擦熱により敵を焼く(当然自ら命を落とす)「熱殺蜂球」という技があるそうですが
コア砲の小型運用が確立すると大量の小型ゾイドの一斉コア砲によりデスザウラーを
打ち倒すなんてエピソードが生まれ…ないか。却って多数の犠牲にも関わらずそこには
無傷のデスザウラーが!とかその犠牲によって時間を稼いだ事により主力部隊が脱出できた、とか
そんな感じがしないでもないような。

No title

餃子の自爆はナッパさんの肩パット壊したじゃないですか!(笑

さておき、32門(背びれの数と一緒)であること、ゾイドVSやフルメタルクラッシュといったゲームでも背びれから放出されてることを踏まえると、
背びれに砲門が隠されていて、使用時には背びれがパカッと割れて砲門がせり出してくる・・・・
または放出時は背びれを強制排除すると内部から砲門が現れるような感じかなと思っています。
それこそ自爆のように全周囲を巻き込むようなタイプの攻撃で方向を定めたりは出来ないんじゃないかなと。

セイスモに発射前に撃ち抜かれたのはひたすら残念というか、あれ書いた奴前に出なさいと言うか・・・・そこはコア砲使って相討ちでいいでしょと思いました。

No title

ゾイドコア砲は
撃ったら死ぬ
すごい威力って所がデスザウラーのコア崩壊といっしょですな
技術的にはこれの応用でしょうかね

No title

後のB-CASに繋がる布石として、コアブロックを大量に合体させてギガのコアと共振させればコア砲を撃つのに十分なエネルギーを発生させることが出来、実は自爆せずともコア砲は使えたとかやっても良かったんじゃないでしょうか。(共振の負荷でギガのコアは無事でも合体した大量のコアブロックは1発でお釈迦になる位のデメリットで。)

No title

アンケ本日投稿しました。
いやー、長くなった長くなった・・・。

ゾイド核砲はゾイドコアのエネルギーそのものを使う分威力は絶大ですがゾイドの命がマッハで縮みそうですね・・・。
ウルトラダイナマイト並みに・・・。

ただ、ゾイド核砲を撃った後はゾイドコアの生命活動は停止しても機体はそのまま残りそうだから、
下手したら残った機体を敵にまるっと回収されて色々と機密が漏えいする危険性が非常に高い気がします・・・。
あと、ギガに関しては
「希少な野生体のコアを使っているゾイドに敵を道連れに自滅する武装を積んでどうする・・・。」
と思う時もあります、威力は抜群でしょうけど・・・。
ただ、機密保持なら自爆装置で十分じゃないかとも思いますが、
破壊力に関しては抜群なので、敵の大群の中で満身創痍になっていたり高脅威目標(セイスモとか)に追い込まれて差し違えるしかないくらい切迫した状況なら有効だとも思います。
(仮にギガのゾイド核砲がゲームのように背中から全方位に撃つようなタイプだったら周囲の敵をまとめて道連れに出来そうですし。)

No title

ゾイドコア砲をいかに運用すべきなのか考えましたが
ギガ自体、偵察等の不意の単機や小部隊での遭遇戦ではなく
趨勢を決める大会戦・決戦向けゾイドなのではないでしょうか。
射撃等の遠距離攻撃は味方に任せ、高機動と鉄壁の防御を生かして
先鋒として敵陣深く突撃、大暴れの後ゾイドコア砲で敵を一掃する
という戦法が考えられました。

ここで考慮となる点としては
コア砲自体設定された武装である以上、使用後パイロットは生存する事は必須
→ビークル等脱出装置がない事からコア砲を使用しコアは活動停止しても
ギガ本体は残るのだと思います。

つまり、突撃→コア砲で一掃の後、勝利した共和国軍が機体を回収、
OSによって増殖培養した新たなコアを移植して戦線復帰というサイクルが可能な
当時の共和国の窮乏に即した機体といえなくともないかと。
もちろん、回収を望めない絶望的状況であれば各種防御機構を停止・廃棄した上で機体諸共消滅前提での自爆的攻撃も可能だとは思いますが。

No title

ゾイドストラグルだと背ビレから多数の光球を打ち上げて、停滞後に光線になって敵に向かう武器でした。
威力とコストはゲームが成り立つ値に設定されていますが、もし撃ち方がこれで正しいならそれぞれが大口径荷電粒子砲以上なのか合計なのか・・・
少なくともこの方式だと、ゾイド世界に偏向ビーム自体がほぼ無いのもあって、曲げられる=制御できる範囲のエネルギーな印象で決死の一撃感は薄かったです。もしこれが普通の装備だったらただただかっこいいんですがね

No title

>No Nameさん
面白いアイデアなので、ぜひ劇中で使って欲しかったですね・・・。
残念です。

>No Nameさん
撃つとしたけど直前で貫かれ撃てなかった…ですね。
撃てる範囲等は気になりますね。決定番的名資料が欲しい所です。

>No Nameさん
やっぱり超威力の砲は口から撃って欲しいですね(笑
ギガが開発段階から対デスザウラーを強く意識している事は確かですね。

>No Nameさん
なるほど。興味深い考察をありがとうございます!
ゾイド=生物という事を考えると実に忌むべき装備ですが、兵器としては理に適っていますね。
装甲が古代チタニウムで超貴重だという事もありますし、発射したとしても回収されているというのはありそうですねえ。

>No Nameさん
小型でも自爆すればせめて上位機を巻き込むくらいの威力は出したいですねぇ。
イメージの問題ですが、ゾイドマンモスやサーベルタイガーくらいなら倒せても、アイアンコングは厳しい・・・デスザウラーだとけろっとしてそうな気がします。

>セイさん
残念ながら肩パットを破壊したのは天さんの気功砲ですね。
餃子は汚れをつけただけだったという・・・。

どうもゴジラ的なイメージが強いのですが、発射前は背びれが発光したりするのかなーと思っていたりもします。
それにしても実際に使われなかったのは本当に残念ですね…。
実際に描かれなかったから「セイスモが間一髪で発射前にギガを倒した」と言われてもいまいち危機を回避した感が無いんですよねぇ。

>No Nameさん
デスザウラーのものを研究し更に発展させた側面もあるでしょうね。

>No Nameさん
コアブロックスは人造コアだから使い捨て的な描写をしても良かった気がしますね。
ガンダム00の後半でガガという期待がまさにそんな使い方をされていました。

>ラウルさん
確かに貴重な情報を盗まれる事だけは避けたいですね。
最新鋭機のギガだから尚の事…。

上でコアは死亡→外装などは回収し再利用という説もありましたが、野生体の貴重さも考えなきゃいけないんですよね。
かなり貴重な切り札だろうし…。

周りを巻き込んでの自爆と言えば・・・・・・・、そういえばウルトラサウルスも「万一の際はそのようにしてやろう」みたいな事があったような…。

>No Nameさん
背びれ(ないしは口)から発射するものであれば、発射後もコックピット内は無事でしょうね。
ビークルはどうでしょうねぇ。
メカ生体ゾイドのケンタウロスやデスドッグはキット上は脱出用ビークルが無いにもかかわらず、劇中では使用されていました。
なので、大型ゾイドならキット上はオミットされているが実はあるように考えてもいいのかもしれません。

>No Nameさん
コア砲の参考資料はゲームが中心になりますよね。
ただ、ゲームはどこまで参考にしていいかかなり悩みます。

コア砲は体威力で普通に使用できる。死を覚悟すれば荷電粒子砲以上の威力にも出来る とすれば良かったのになぁと思いますね。

No title

ギガのコア砲、発動や威力に多少ムラがあると脳内設定しとります。

「ギガが認めた乗り手でないとそもそも使用を受け付けない(まぁ乗れてる時点でこれはクリアしてそうですが)」とか
「使用のタイミングを誤ると受け付けない(ギガ「まだ闘えるだろ!」)」とか
「それでも無理矢理放てるが、威力は激減する(あるいは自分にも来るよう撃ったり、暴発させて自爆に繋げたり)」とか。

逆に「ギガ自身が敗北を悟ったら、最後に一矢報いてやろうと、パイロットに使用を促し、最高潮に高まったテンション(≒コアのエネルギー)で想像以上の破壊力を生み出す」とか
「パイロットが敗北を悟りつつも、普通に闘い機体と運命を共にしようとしたら、脱出装置作動代わりに勝手にコア砲を放ち、相棒を生かそうとする」とか。

仮にも『ゴジュラス』の名を冠する機体だし、それくらいの影響はありそうな気もします。
で、例えば「コア砲使用後、そのコアを何らかの方法で利用して新たなコアを作り出し、新機体(ギガでも他のでも)に載せる。ギガにパイロットが生かされた場合、そのパイロット以外では起動すらしない。無理矢理撃ったパイロットの場合は暴れ出す」なんて展開があったり。

/0のライガーゼロみたいに意思の主張の激しいギガの活躍、アニメ辺りで見てみたいです(フューザーズではどうだったかな)。

何故装備したのかは・・・実は「野生体の時点で似た能力を持っていた」とか、「この種のコアは死に際に物凄いエネルギーを発する」みたいな背景があったりするかも?

No title

最高にシンクロしてないと無理でしょうねぇ。
その辺の難しさも全て内包して「ゴジュラス」を名乗るのに相応しいとされたのかもしれませんね。

/0のようなバトルものではぜひ見てみたいですね。
強すぎるのでチームで使用できるのは一機のみ にしなきゃいけない気もする…。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント