王者の風格

線画~
今日の線画もライガーゼロのバリエーションです。

どんっ


エナジーライガー!

…野生体の設定としてはライガーゼロと同一なのでバリエーションの中の一機と言えますが、線画的には全くの別物ですね。
もちろん線画を流用した場所は無く、完全に1からの描いています。
いやー、線の多い機体だったので苦労しました。



最高速度660kmの超高性能機。
しかも初動からわずかな間でその速度に達するという凄まじさ。
最大出力での戦闘可能時間は5~10分とされていますが、おそらく抑えながらだとある程度の稼働時間があるのかなと推測します。
ジェット戦闘機もアフターバーナーを使うとあっという間に燃料がなくなりますが、通常の飛行だと長い間飛べるのと同じで。
それでも大きくて重い(パンツァー以上!)ので、ライガーゼロより稼働時間は幾らか少ないとは思いますが。
通常時でもライガーゼロを大きく越える程で、なおかつ5~10分に限れば巨大ゾイドとも戦える能力があると推測していますが、この辺りは詳しい設定があったかな……。
エナジーライガーは実は凄く好きなので、能力に関しては踏み込んで考えてみたいです。

線画は、パイプ類のラインをやや整えていますが、その他は忠実に描いています。
デザインは脚部の力強さがとにかく凄いなと思いました。
ボディも胸部が太くたくましく見えるように工夫されているのが良い。
そこから尾部に向け跳ね上がる装甲のラインも気持ち良い。

ある程度、武装を別レイヤーで描いているので、軽装にも出来ます。


・・・こやつ、以前から思っていましたが、あんがい脚が短い。
しかし、これは悪い意味にあらず。
ライオンの足はそれほど長くないし、どちらかというと太くガッシリたくましい。
エナジーライガーはライオンの持つ「力強さ」を極限まで追い求めたデザインだと思います。



力強さを極限まで求めたエナジーライガーには、王者の風格が漂っている…。
色も素敵。
正直やりすぎ盛りすぎな感じも否めませんが、エナジーライガーはなんかあの過積載な具合が良いというか、突き抜けた魅力があると感じます。
アイス・ブレーザーやキングバロンも過積載ゆえの魅力がありますが、あの辺りは「無理やろ・・・」な思いが勝ってしまうように思う。
もともとスピーディーなデザインだったものに盛ってるから。
対し、エナジーライガーは元より過積載どんとこいな母体デザインになっているので、過積載でもシックリくるのかなーと思いました。

エナジーライガーは、メカ生体ゾイド末期や機獣新世紀ゾイド末期に見られた過積載なゾイドに対するアンチテーゼな面を感じます。
もはや武器が主で母体(ゾイド本体)がキャリアーに過ぎないようなものも珍しくなくなっていた状況…。
それは必然で、より戦闘力を求めれば武器がデカく多くなるのは仕方が無い事です。
その状況に、あえて過積載でありながらも「盛るなら盛る為のデザインであれ」というメッセージを持っているような気がします。

FZカラーも良いですね。


どちらも甲乙つけがたいぜ…。

FZだと何故だかキャップがジェノザウラー型に変わっていた。
能力的な差はあるのだろうか。


黒いので、帝国機と捉えてもイケるカラーですね。
脳内でバトスト機と完補しても面白そう。
贅沢を言えば、緑のクリアパーツも欲しいなぁ。

そんなわけでエナジーライガーです。
エナジーライガーと三匹の虎ではどっちが強いのだろうなあ。
その辺りも含めて今後考えていきたいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

エナジーライガー格好いいですね!
なにげにFZカラーがMk2系の配色だったり
2種ニコイチで真っ黒or真っ赤にできるのも面白いポイントかも。

通常形態でデザインが完成しているのでブロックスとの合体がいずれも
蛇足的な状態が多く、公式合体であるはずのエナジーファルコンや
エナジーレイライガーも妙に全高が高くなったり、
必殺技の「エナジースラッシュ」は、ゾイドインフィニティでの
通称「チャクトハリケーン」の名称の方が有名になったり、
使用条件が地方民には非常に厳しかったりと、バトストでの活躍以外の
ところで印象に残るゾイドでした。

No title

レーザーストームとシザーストームを合体させたエナジーストーム形態もカッコイイですよねぇ。
ただでさえ重武装なのに背中にガトリング2丁追加は反則級の格好良さ!

No title

FZカラーが本当にカッコいいですね。
ビーム砲とバルカンは最初は要らんと思って外してましたがある日、付けたまま斜めから見ると・・・やだ、この子かっこいい・・・・ってなりました。
角や顔回りのグワッとした感じのいかにも凶暴そうなデザインがとても好きですね。
なんというか、悪の仮面ライダーの方がかっこよく見えるみたいな感じでしょうか?(笑)

実際問題、いくら強くても10分しか動けないなんて欠陥兵器もいいとこですけど戦場ではどう思われてたのか気になりますねw

No title

かっこいいですよねー。
背中の盛り上がりというか胸板の厚さが力強さをだしていて風格あります。
最初足に装甲があまりないのはいかがなものかと思いましたが実際手に取ってみると全身のメカの露出と装甲部のバランスがこっちの方が断然いいと感じました。
個人的には腰のあたりはもっとスッキリしてる方が好みなのですが新しいギミックのためにも致し方なしでしょうか。
カラーリングも旧ゼネバスゾイドに近い色合いがふんだんに使われていてお家復興というか魂を受け継いでる感じがしてとても良いです。

No title

こうやって見ると、東洋風の「獅子」という感じの意匠だと思いました。
神社の前にいそう……。
太いゾイドは力強くていいですね。

No title

最終決戦においてヴォルフのエナジーは外見は
他の通常機と同じカラーでしたが、そこは学年誌における
皇帝専用デスザウラーのように特別カラーや
専用装備の意匠にしてほしかったなあ、と思います。

まあ、ストーリー展開がキット付属の小冊子という事で
改造ゾイドを登場させる余裕はなかったかもしれませんが。

私も最初はエナジーライガーダメでした。660キロって...。ブレードやサイクスが築いてきた、、高速ゾイドたちの最高速度を如何にリアリティの範囲内で、開発競争や技術者達の苦労を全部ぶち壊した張本人だと思いました。でも時は流れ、改めて見てみると、なかなか良いやんけ。笑
設定は今だ好きになれませんが、外見はとても好きです。なので、ブラックライモスのレビューのように真っ赤なエナジーライガー、真っ黒なエナジーライガーの組み替えも是非見てみたいです。お願い致します。

No title

うむ、カッコいい。ギミックもいい。風格もある。
拒否反応を起こしていた当時の自分に説教してやりたいです……。

No title

武装を外したFZエナジーがキリンビールのロゴに見えましたw

エナジーライガーを倒したライガーゼロファルコンについて
ジェットファルコンの箱絵ではフェニックスの青素体+ファルコン装備ですが
ストーリー上はイクス(偽装)に青フェニックス→ファルコンの合体なので
正しくはイクスの金素体にファルコンを載せるのが
ストーリー準拠じゃないのかと思いました。
さすがにヴォルフ護衛のイクスが青素体だと、
いくら偽装していても曲者だとばれるのではないかと。

No title

個人的にはFZ版のカラーリングがメリハリがある感じがして好きですが、
EZ版もRZ版ゼロフェニックスやゼロファルコンと対になっている感じがして良いです。

設定上ライガーゼロと同じ野生体を使っていながら、
ライガーゼロはシンプルで程よくスレンダーな体形、
エナジーライガーはマッシブで力強い体形になっているのが面白いですね。
頭の角や背中の羽はともすれば幻獣型にも見えますが、それも個性的で良いです。
(ちょうどこの時期はゼロフェニックスやゼロファルコンなどの合体ゾイドも出てきてますし。)

ファンブックなどではエナジーチャージャーは試作段階とあるので、
個人的には普段はある程度リミッターが掛けられた状態で、
フル稼働時にはリミッターが一定時間外される様になるんじゃないかと思います。
(例えるならLOD(平成)版ガイキングのフェイスオープンみたいな感じのリミッター解除。)
確か電ホビあたりにも載ってた機獣新世紀のバトストの最終局面ではレイのゼロファルコンに倒されたヴォルフのエナジーライガーのエナジーチャージャーが暴走してあわや大惨事になりかけたので、普段はリミッターが掛けられていた可能性は高いと思います。

それから、エナジーライガーはフューザーズで謎のゾイドとして何度か登場した後に終盤にボスとしてRDやブレードの前に立ち塞がりましたが、ゲームのサーガフューザーズの隠しシナリオでその事がパイロットも含めてネタバレされた事もあったりします。
(ついでにラスボスのリヒターとFZ版セイスモも・・・。)
そもそもサーガフューザーズ自体もまだフューザーズの1クール目をやっていた2004年の年末に発売されたので、
サクサク進めていると年明け後の2005年初めに放映された2クール目序盤のファイヤーフェニックスの最期とジェットファルコンへの交代劇がゲーム本編中でネタバレされていて、
隠しシナリオもパスワードが記載されている攻略本がフューザーズのクライマックスよりも早く出たので、
隠しシナリオの中で終盤の展開が思いっきりネタバレされていたりします。
(隠しシナリオ自体がフューザーズの終盤のストーリーにサーガフューザーズの主人公であるウィルたちが関わると言うシナリオなので・・・。)
当時はそんなに気になりませんでしたが、
今思い返すと「リアルタイムでここまで放映中のアニメのネタバレをしていいのかなあ・・・。」って思っちゃったりもします。

話は逸れてしまいましたが、主役のライガーとは異なるデザインながら、抜群の風格を持つエナジーライガーもまたいいゾイドだと思います。

No title

>No Nameさん
いいですよねー。
ゾイドフューザーズは治安局のように重厚感のないカラーが多い印象というのが正直なところですが、エナジーライガーは例外的に凄くカッコいいと思います。
(他にブレードライガーブラックインパクトが良かった!)

エナジーレイライガーはちょっと不恰好ですね…。というか合体する意図を理解しかねるというか…。
ブラストルタイガーとブリッツハーケンの合体にも共通する無理や良さをちと感じます…。

>ドラさん
いくら過武装に盛っても「エナジーならいけそう・・・」と思えてしまうところがこのゾイドの持つ所が風格ですね。

>セイさん
当初は軽装の方がいいと思っていましたが、なんかこのゾイドに関しては重武装で当たり前な感じもしますよね。
ただ脚のデザインが凄く太くたくましいので、それが見えにくくなるのがちょっと残念ではありますね。
ただ、それでもやっぱりカッコイイ!
カラーはアイアンコングMK-II限定型を思わせる赤なんですよね。実にニクい!

>す さん
首をひいているのが独特で東洋っぽくもありますね。
マッシヴすぎる感じですが、いいですよねー。

>No Nameさん
確かに、豪華な装飾があればより”らしい”感じは出たでしょうね。
ただエナジーライガーは配備数もかなり少ないと思いますので、それに乗る時点で華があるのかもしれませんね。
キングゴジュラスがーノーマル状態で常に戦うのと同じで。

>No Nameさん
設定は、おそらくキングゴジュラスと同じで「最後だからこそできた暴走」でしょうね。
やりすぎ感は否めませんが、最後を飾るには十分なインパクトを持った機体だと思います。

>メカカブト虫さん
当時は私も同じでした。
過武装という表面だけで嫌っちゃってたんですねー・・・。勿体無かったです。

>No Nameさん
首を前ではなく後ろに引いているのがそれらしく見える要因でしょうね。
フェニックスの色についてはそうでしょうね。
さすがにあの場で青は使わないと思います。
(ヴォルフの政策からすると共和国市民に配慮し”あえて”青いゼロを配置した可能性も無くはないと思いますが・・・)
この辺は深く考えると人物像がより深く見えてきそうなので考察してみたいかも…。

>ラウルさん
甲乙つけがたい魅力がありますね。
私は僅差ながらEZが好きです。
あのメタリックの赤がカッコイイ!!

体形はまるでゼロと違いますが、それでも同一野生体という設定である…。
この二機を考察する事でゾイドの謎が大きく進展思想な気がして面白いですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント