小一@8707

学年誌一冊ゲットしました!

うぉぉぉおお、先日に続き、今月2冊目!

これにて、めでたく87年のバトストが載ってる学年誌はコンプできました!
(広告や撮影テク紹介の記事の号はまだ4冊残ってるんですが)
「その年」という単位で学年誌バトストをコンプしたのは初。
残りの年も早めに集まりますように!

さて、中身はもちろんバトストでしたが、それは次回に紹介するとして、今回はバトスト以外にも面白い記事があったのでそちらを。


まずはファミコンゲーム紹介です。
出撃したとたんに被撃破寸前になる壮絶なゴジュラス・・・・・・・・。
このゲームのプロローグとして「帝国軍の猛攻で敗北寸前の共和国軍、最後に残った砦からゴジュラスが出撃する…」というものなので、これはこれで正しいのかもしれない・・・。

ゴジュラスMK-II発進とされていますが、ゲームではノーマル状態から出発し途中でパワーアップパーツを集めMK-IIに進化する感じ。
ところで、この挿絵のサワヤカ笑顔のコが主人公なのだろうか。

あと、

付録に、銀はがしゲームもありました。
(既に全てはがしてあります)
なつかしいなぁ。セロテープやコインで削るタイプのゲームです。

ゴジュラスが腹部を中心に電飾など施された力作である。
さて、このゲーム「×」が5回出れば失敗とされていますが、全部合わせても5個しか×が無いのね。
むしろ失敗する方が難しいという優しい世界。
(※追記:後で数え直したら×は6個だった…)

ゲーター、ツインホーン、シーパンツァーはどうあがいてもゴジュラスに勝てないのか。
虚しいなぁ。
一方でレッドホーンが勝つ可能性があるのが何だかアツい。
まぁ、ウオディックやディメトロドンも勝つ可能性があるのですが。

ところで、帝国ゾイドは基本的に主力アイテムや新型アイテムが中心なんですが、なぜかゲーターだけは古いのに交じってる(しかも一機だけ塗装されてる)。
んー、より新型のシュトルヒやハンマーロックなんかを押しのけてゲーターを抜擢したのは何故だろうなぁ。
あんがい、ゲーターはこの時期に人気が高かったのかもしれないなぁと思いました。

銀はがしゲームは一度遊んだらそれきりなのが寂しい…。
ですが、こういうレトロなのもまた良いものですね。

次回はバトストの方を紹介いたします。
しばしお待ちくださいませ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

子供時代

すみません。×は6つあるようなんですが…。
それはさておきディメトロドンやウォディックでゴジュラスに勝つのは無理だと思うんですが、やはり最新鋭や大型なら勝てると子供は考えるんでしょうね。私も昔はそう思っていましたし。

No title

初期のゾイドはけっこう奇抜なカラーリングがありますよね。改造ゾイドとか。

それと、このゴジュラスMK-Ⅱvsサーベルの写真は、バトリサ二巻に似た構図がありますね。
改造セットで強化されたグレーのMK-Ⅱは独特のかっこよさがあると思います。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント