第三弾の希望~

さてMPシールドライガーを組んだわけですが(動きの感想は明日に)、やっぱり気にしてしまうのは今後ですね。
まぁ、第二弾セイバータイガーもまだなのに、えらい気の早い話なんですが。

シールドライガーが複座だったので、まぁブレードライガーは出るだろうなあと思っていますが、どうだろうなあ。
前にも書きましたが、出ると仮定して、それは外装を換装するパーツがCPとして出るのか、あるいは動力ボックスなど全て込みの単体として出るのかが気になります。
まぁ、出てくれればそれだけで良いのでどちらでも構わないといえばかまわないのですが。
あと、第一弾のパイロットが金メッキだったので、ブレードが出るとすれば青フィギュア&アニメキャラでもいいのかなとも思います。
色んな層に向けたニヤリとするサービスがあると良いですね。
(個人的に、金メッキに対しては嬉しい半面塗りにくいので複雑な気持ちだったりも…)

シールドライガーはバリエーションが凄く多いし、ブレードライガーもアタックブースターという魅力的な武器がある。
なので、そういったCPも今後において出てくれると良いなあと思っています。

ところでブレードライガーといえばライバルのジェノザウラー(ブレイカー)なわけですが、せっかくなのでこちらもMPにならないかなあと思っています。
人気だけで言えばかなりトップクラスというか、現実度も高いと思うのですが。
HMMジェノブレイカーとか、いったい何回再販されるんや・・・って位再販が繰り返されているし。

ただまあ問題はまず二足歩行という点かなと思います。
やはりバランスを欠くというか、シールドライガーの複雑な動きは見事ですが、同じレベルを維持した上で繊細なバランスが要求される二足歩行機を開発できるものかと言えば難しい気もしてしまう。
特にトップヘビーなブレイカーは。
でも、そこんとこは果敢に挑戦して、かつて「技術屋のトミー」と言われた意地を見せて欲しい所でもあります。

・・・リバセン時に没になった

これもありますしねぇ。
これの脚の動きを再利用してくれるだけで超超満足ができる可能性を濃厚に感じる。
マスターピースでこの技術が蘇ったとすれば最高なんですが! 期待していいでしょうか!!

個人的には、さいあくダークスパイナーのような歩行時は下駄必須でもまぁ良いのかなと思ったりもします。
脚を浮かせる飾り台も付いているMPなので。

次に、MPシールドライガーはライオンを突き詰めて開発されたそうですが、この点ですね。
つまりライオンを突き詰めるという事は現代に生きている動物だから出来た事ですが、絶滅動物だと観察する事などが出来ないし、学説が今後において覆る可能性もあるのでどうなの? という事です。

この点に関しては、個人的には「あまり完璧再現にこだわらなくてもいいんじゃないの?」と思ったりしています。
結局の所、いくら学説で「おそらくこうだっただろう」とは言えても、それは推測。
タイムマシン的なものでも完成しない限りは完璧な姿でティラノサウルスを知る事は出来ないと思います。
ならばどうするかというと、これはもう完璧なるモチーフ再現こだわる事は捨ててしまい、
「最高にカッコ良いジェノザウラーとは何ぞや」
という分野を詰めてくれれば良いと思っています。

「突き詰める」のはMPシリーズの大前提だと思いますが、突き詰める方向は色々あって良いと思います。
ライオンや虎などの現在も生きている動物はモチーフへの忠実さを突き詰めれば良いと思うし、絶滅動物やドラゴンなど架空生物はカッコ良さや憧れを突き詰めて追求すれば良いのではないかなあと思うのであります。

もっと言えば、例えばマッドサンダーは意図的に「古い時代の復元図」を採用していると思うし、レイノスは「映画などで広まった本来の姿とは極めてズレた姿」がモチーフにされていると思います。
学説的に言うと古い・あるいは間違った姿ですが、それはそれで魅力的だからモチーフに選ばれていると思うのです。
こうした機はモチーフ再現にこだわる方向で詰めるとわけがわからない事になります。当たり前です。
仮に出るとすれば、「マッドやレイノスが参考にし目指したモチーフの姿とは何ぞや?」という部分にこだわり、突き詰めた方が良いと思う。
やはり、「色んな方向での突き詰め方」があったら良いなと思います。
そんなわけで、色んな困難を乗り越えてジェノザウラー(ブレイカー)が出る事を願っています。

まぁ、何にせよ気の早い話ですが第三弾の発表も心待ちにしています! 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

二足歩行恐竜型

やはり、恐竜、特に二足歩行とされていたタイプは「リアルさ」ではなく、「憧れ」でもいいと私は思います。そもそもデスザウラーやゴジュラスなんか恐竜型というよりもはや怪獣型ですからね。
ただ、マスターピースが成功し、今後第3、4、5弾と続くことを願っています。そのときはデスザ…いやなんでもないです。しかし、私はお小遣いがあまりなくシールドを買う余裕もあまりなく、マスターピースに貢献できそうにないです(第一、イマイチ欲しくない。セイバーは予約した)。

No title

超巨大クラスはまあ・・・、値段がとんでもない事になるので大変でしょうね。
首を水平に倒せるウルトラとか、かなり見てみたいですけども。
本家キットでもなんだかんだ言って最も利率の高かったのは2000円クラスのゾイドだったそうです。高いのはリスクが高いんだとか。
その辺の兼ね合いで機種が選ばれるんでしょうね。
もちろん出る事を願ってはいるのですが。

何だかんだで買いました

結局購入しました。
まあ、私の場合はアンケートでタカラトミーに意見を出すのが目的でしたが、ハガキはおろかネットアンケートも満足にできませんでした。
しかし、後悔は全くしていません。
動く、光る、唸る、鳴くゾイドを久しぶりに堪能出来たのだから。
とにかく、続くことを切に願います。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント