発展性について

先日からギル・ザウラーについての記事を連投していますが、そういえば・・・という事に気付いたので、今日はその話題です。
何に気付いたかというと、帝国ゾイドの恐るべき発展性についてです。

[技術で上回る帝国軍]というのは強くイメージされることと思いますが、これについては長らく「イメージほどではないんじゃないかな」とも思っていました。
特に超巨大ゾイドの開発においては共和国軍は常にリードしている。
ビガザウロ、ウルトラザウルスですね。
分かりやすい部分で帝国は先進的ですが、共和国だって負けてないよー、地道に積み上げてるんだよー。 という感じに思っていました。

ですが、ある視点で見た時、「帝国軍の設計は圧倒的だわ…」という事を思い知らされました。
先に書いたように「発展性」です。
それを以下に。

ゾイドの展開は、「新型ゾイドが出る→猛威をふるい戦況を大きく変える」のが常です。
「デスザウラーが出現した→あらゆる共和国ゾイドがデスザウラーに挑み、そして敗北する」
という感じ。

これを考えた時、帝国機の何が凄いかっていうのは、「常に、既存機である程度のカバーをしている」という事です。
ウルトラザウルスが出た際は、アイアンコングを改造し「MK-II」になり戦っています。大氷原の戦いは、ゴジュラスMK-IIが居なければ勝っていたであろう。
シールドライガーも、後にグレートサーベルに新生し全面的に勝るようになった。
マッドサンダーも、「デスウイング」はレイノスがいなければ確実に勝っていたであろう所まで戦った。
キングゴジュラスも、「ギル・ザウラー」がかなりの善戦を見せた。

んー。凄いのです。
共和国軍は、なんかこれに比べると冴えない。
デスザウラーとマトモに戦えたゴジュラスやウルトラは皆無。マトモに戦えるのは完全新型「ディバイソン」の登場を待たねばならなかった。そりゃぁゴジュラスをデスザウラーに挑ませるのは無理だよ と思われるでしょうが、それを言ったらデスザウラー改でキングゴジュラスに挑むのも同じくらい無謀。でも帝国軍(暗黒軍)はそれをやった。
グレートサーベルの後に登場したシールドライガーMK-IIは、グレートサーベルと互角とされる…が、アンバランスさは否めないなぁ…。あのキャノン砲では接近戦に入れば使いづらくデッドウェイトにしかなって居ないと思える。

「古い機体を改造し最新鋭機にぶつける」のは、やっぱり内部的な洗練があり発展性に優れていなければならない。
その点において、帝国機は恐るべき発展性を内に秘めていたのだなあと思います。
レッドホーンが後にダークホーンになった事。アイアンコングの一部が暗黒コングとなり猛威を振るっている事。これも発展性を強く思わせます。
帝国大型戦闘ゾイドの全てが、後に出現した新型機ともマトモに戦えるだけの強化を果たしている。

共和国軍でこのような「新鋭機に対抗できる」ような改造で成功したのは唯一ゴジュラスMK-IIだけかなぁ…。
あるいは、マッドサンダーは割と頑張ってるかな…? マッドジェットやグレートサンダーはギル・ベイダー相手にかなり善戦した。
ただし、マッドサンダーはレッドホーンに酷似する部分もあり、帝国機をかなり参考にした設計である事も併せて考えると面白いかもしれない。

…これら頑張ってる共和国改造ゾイドについてもうちょっと言うと、ゴジュラスMK-IIは格闘戦にやや悪影響があるというアンバランスさがないわけではない。
(学年誌情報だが、ノーマルタイプに対し「格闘戦だけなら新型のMK-IIより上」との表記がある)
帝国側の凄い事は、「元の良さを活かしたまま更なる発展を果たしている」事です。
その極地はグレートサーベルやダーク・ホーンでしょう。

共和国軍も、まぁ、凄い強化改造タイプを作っていないわけではないのですが。
例えばウルトラザウルス飛行艇、ビッグマザー、シーマッド、マッドフライなんかは凄いと思います。
が、共和国改造ゾイドのほとんどは特化した何かの能力を持つ一方で元の機体が持っていた能力の幾つかを大きく失っている。

帝国軍の改造ゾイドはバランスがいいんだよなぁ…。
んー、帝国ゾイド発展性、恐るべし!

新型ゾイドによる戦況の移りは、
新たな最強ゾイド出現→戦況を優位に変える
というものですが、更に詳しく見ると、

共和国側は、
敵最強ゾイドが出現→まったく敵わないが物量で耐え続ける→新型最強ゾイド完成で逆転

帝国側は
敵最強ゾイドが出現→既存ゾイドの強化改造で耐えられるだけ耐える→結局はそれでも最終的には負ける

なのかなぁと思いました。
こういう差は元から意識されていたのかなぁ…。だとしたら凄いなあと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

帝国ゾイドが改造してもバランスが崩れずオールマイティに各能力が強化されるのは、数で劣るため質を求めなければならなかったのもあるでしょうね。
数がいればゴジュラスの援護をウルトラがするようなこともできますが、帝国はそうではないため、各ゾイドに万能性をもたせてあるんだと思います。

これが新世紀のガイロス帝国には尖った改造ゾイドやCPユニットが多くなるのは、軍備を整えて共和国との戦力差(頭数の差)が無くなったからでしょうか。
たとえばモルガの突撃能力を消した代わりに大型砲を積んだキャノリーモルガ、
レドラーの格闘性能を落として砲撃力を持たせたブースターキャノン仕様、
ザバットの爆撃能力を削除して工兵の機能をつけたバインドコンテナ仕様など、
長所を消して違う能力を持たせた(=ノーマル機との連携が前提)、共和国っぽい改造機が増えてます。
そしてアイゼンドラグーンやネオゼネバスのゾイドはまた多機能・万能タイプのゾイドが増えるんですがこれはやっぱり頭数の少なさを万能性で補おうとする思想があるんだろうなと思います。

No title

自分は単純に

共和国=善いもん 帝国=悪もん

すなわち、善いもんは最終的には勝つんだけど(何故なら古今東西悪の栄えたためしはない!…とされているから)基本悪もんの方が強くて(倫理的な縛りも緩かったりするし)善いもんは強大な悪と、なんとかかんとか苦労して戦ってゆくんだけど結局はジリ貧で。

いよいよもうダメだー!って時に颯爽と英雄的キャラクター(Zoidsだと完全新造の新型機)が現れて危機を脱してめでたしめでたし……しかし悪の芽は完全には潰えていなかったのだった…

というテンプレートに則っているのだろう、とそのテンプレに説得力を持たせる設定とか考証には全く考えが及んでいませんでした。

今回の記事を読んで、脳内のZoids世界が更に血肉を得たように感じました。

サラマンダーは?

共和国軍もサラマンダーは発展性がありそうな気がしますね。
F2になってからM3.5にスピードアップして制空権確保に役立っていますから。これには帝国軍の技術が取り入れられている可能性もありますが。

No title

ウルトラザウルス飛行艇は、新バトストにワンカットだけ出ているのを見たきりですが、ほかに活躍シーンがあれば教えて下さい。

飛行艇なるものを、自分はこれで初めて知りました。渋いですね!

No title

まんまゼロ戦とF4、F6の関係に近い感じですね。
ゼロの天敵と言われ、性能面では遥かに優れていたF6も低速域になる格闘戦ではゼロのほうが優位になる・・・
ゼロはゼロで元の能力高すぎて烈風やら紫電改二やらを待てないまま気がつけば63型まで来ちゃってる・・・

No title

ところで、今日の天才テレビくんにライガーゼロ(多分イェーガー)のコトブキヤの模型が出てきました。話の展開上、「人質」に取られていました。
ゾイドの認知度も再び上がっているのでしょうか。スタッフにファンがいるのでしょうね。
なんとなく嬉しい感じ。

No title

共和国派でシールドライガーMK-Ⅱ好きな私としてはグレートサーベルの全スペック底上げっぷりがうらやましかったり。

私見をずらずら並べて恐縮ですが、単に重そうな砲をしょってるだけに見えるシールドMK-2ですが、最高速を犠牲にした代わりに各部の関節等を若干トルク寄りというかパワー方面に振って、速度はともかく運動性や格闘戦には悪影響が出過ぎないようにしている、と以前から勝手に脳内保管していたりします。でないと仰る様に格闘戦ではグレートサーベル相手に危険過ぎると思うので。

もっと言うとシールドライガーのビ-ムキャノン装備が格闘戦に劣る、と特に強調されだしたのは新世紀に入ってからのような(旧時代でもそういった文献多かったらすいません)。本当に単にキャノン背負わせたのがDCSで、それなりの調整したのがMK-2、なんて違いがあるのかななんて思ったりしてます。

No title

帝国は既存の長所を伸ばすように、共和国は持っていない新たな能力の追加ってイメージです。
旧共和国は無駄に飛行能力を不必要な奴に追加してるイメージもあるなぁ。アルバトロスとかマッドフライとかウルトラザウルス飛行艇とか。
開発に無能な鳥族のお偉いさんでも居たんではなかろうか。
「とりあえず飛べば強いんじゃね?」って感じで

No title

確かに共和国ゾイドは
「既存のゾイドでは太刀打ちできない!? ならば新型だ!」とばかりに新型ゾイドを作るのに対して、
帝国ゾイドは既存機種の改修・強化して使う事が多い印象がありますね。
ホーンもコングもタイガーも、そしてあのデスザウラーも基礎スペックが非常に優秀で、ただでさえ強力なゾイドなのに、
そこから更に強化された改造機が数多く輩出される余地があるというのは、それだけ将来的な発展性が考慮されている証だと思います。
バトストではちょくちょく共和国や帝国の国力について触れていますが、
帝国ゾイドの発展性もやはり国力に起因していると思います。
共和国は首都を追われてゲリラ戦に突入した後でも色々な新型ゾイドを開発しているし、マッドサンダーのような巨大ゾイドも短期間で増産できるだけの国力がありますし、
ウルトラザウルスが完成した頃に遡れば、ゼネバス帝国はウルトラに匹敵する巨大ゾイドを作れない事もないがコングやタイガーなどの既存機種の生産と引き換えになってしまうと、
共和国と帝国の間には圧倒的な国力の差があることが描かれています。
また、暗黒軍もゼネバスのゾイドを接収したり超兵器的なゾイドを開発したあたりから、思想的にはゼネバスに似た傾向だと思います。
(ゼネバスと暗黒軍の間で繋がりもありましたし。)

だからこそ帝国系のゾイドはガンダムで言えば初代ガンダムのジオン軍やSEEDのザフト軍の様に、
汎用性が高く、拡張性や発展性にも優れた設計をし、
一線級の主力機から次世代機のプロトタイプや完成までの繋ぎまで何でもこなせて、尚且つそれが出来るだけの余地のある機体を作る事で、
技術力の面で国力の低さをカバーしているんだと思います。
その結果、帝国ゾイドは特定の分野に特化した機体よりも何でもこなせる万能機で数多くの傑作機を輩出したと思います。

また、兵站面で見た場合、共和国の様に多種多様なゾイドを作ると言う事は、その分だけそれらのゾイドを支えるパーツの生産ラインが必要になってくる事になります。
逆に主力機体を発展性のある汎用性に優れた機体に絞れば、機種が増えることによるゾイドの生産ラインの増加で掛かる兵站面の負担を抑えつつ、
用途に応じて性能の不足分を補う強化パーツを作る生産ラインを設ける事で対処できると思いますし、
帝国としては国力的に特化機体やより強力な決戦機は作りたくてもそうホイホイと作れない思います。
だからこそマイケル少佐は大局を決する新型ゾイドを作りたくても既存のゾイドであるデスザウラーの改造機ばっかり作る羽目に・・・。
(ゴーレムは歩兵クラスの24ゾイドなので一先ず置いておくとして・・・。)

1体のゾイドとしての性能だけではなく、長い目で見た発展性もまた、考えてみると面白いです。

長文失礼しました。

No title

本当に豊かさの差が根底にあるのかもしれないですね。
科学者の嗜好を叶えてあげると言う意味で。

予算も物資も、実験期間も豊富な共和国。
どれも及ばない、特に物資と期間がどうしようもない帝国。

ホバート博士が言っていた新型への欲求は「新型が強力だから」というのもありますが、そもそも優秀な技術者なら本能として既存システムの改良・保守よりも自分の新型を作りたいでしょうし。
「この開発者はなんでこんな設計にしたんだ?解説読んでも分からん!あーもう一から俺様の設計だったら!」と悩むよりは、、、

もしかしたらゾイドの拡張性は両国で本来は差は小さく、共和国でその可能性を引き出そうと努力されているのはゴジュラス位で、他のMk2は全て最初から時間稼ぎと分からん殺し狙い、科学者は最高の環境で新型を作らせる、みたいなのも想像してしまいます。そもそもあまり優秀でない科学者や新人の実験台にMk2は使われていたのかも。

帝国科学者は自分の創造性や才能を抑え何とか既存機の無駄な部分を見つけてそこを改良すると言う辛い仕事をしっかりやってたんだと思います。全性能が上がってるのは彼らの自分へのせめてもの慰めかも、、、

No title

>セイさん
確かに!
国力差がそうさせた というのは納得ですね…。
逆に、共和国はそうする必要が必ずしもなかったという事かぁ…。
共和国、凄いですね。

新世紀も含めて考えると、更に妄想がはかどりますね。
この時期の強化タイプは、旧大戦時代の各種強化タイプを色々と参考にしている節がありますね。
今までは自軍らしくあったものが、時間を経たことで敵軍のものを参考にしたようなものも増えている感じ。
あと、仰るとおり、軍事力における差がこの瞬間においては縮まっていたため というのも極めて大きいですね。
強化タイプゾイドの研究、面白い!!

>椎名 賢さん
まあ、正直に言うと共和国は善いモンで帝国は悪役 みたいな所はありますよねー。
暗黒軍だとそれがより露骨です。
ですが、戦争は勝った方だけが物を言う権利を持ちます…。なので、悪の共和国というテーマで迫ってみても面白いかも。

>YHさん
サラマンダーF2は帝国技術が間違いなく入ってるでしょうね。
ただし、個人的にはF2はトータル向上形ではなく戦闘機特化型だと解釈しています。
そのことについてはまた別記事にしたいと思います!

>す さん
残念ながら登場シーンはキングライガーを投下するシーンのみですね…。
おそららく、「敵地上空への飛行を強行する」事から、タートルシップでは墜落必至。そこで輸送量は劣るが飛行性能や防御力がマシなウルトラザウルス飛行艇が作られ・・・みたいな経緯だと思います。
これも推測ですが、もしもゼネバス救出作戦が実際に行われていたなら、このときも使われていたんじゃないかなーと思います。

>No Nameさん
ゼロの末期は戦爆みたいになってますからね・・・。
32型もちとアンバランスですね。52型は良いと思うのですが。

>す さん
うおおおお! それは凄い。
そんなアイテムに使われるくらいに浸透しているのが嬉しいですね。

>No Nameさん
サーベル→グレートの伸び率は凄いですよね。
バトスト1巻が完成時期の旧式が、まさかあそこまで見事に向上するとは…。

シールドMK-IIは、運動性に関する表記は特にないです。
ただ、ジオラマの写真を見ると、巨砲を背負っている事を感じさせない程の抜群の運動性を見せている回もあります。
もちろん、単に砲を載せただけじゃなくて各部に調整が加わりマイナス要素をできる限り無くしているのは当然でしょうね。
それがどの程度だったかは不明ですが。。

興味深い事は、後のキングバロンです。
こやつもシールドMK-IIのように武器満載タイプですが、バロンには明確に「エネルギー加速装置が付いたので、運動性が向上している(最高速度はダウンしてる)」とあります。
シールドMK-IIで「巨砲を積んでも運動性が低下しないための措置がなされており」「キングバロン開発時にその技術が活かされている」と考えても面白いかもしれませんね。

メカ生体時は「シールドライガーMK-II」が発売された。だから内部まで調整されたタイプである=能力低下は極力抑えられている。
機獣新世紀時は「本体とCPが別売だった」から、現地の基地で背負わせた=調整が不完全で能力が低下する
という考えは面白い!!
こんな風に考えると、同じ外観の機でも無数に違いが見えてきて深い!

>昆虫さん
マッドフライやウルトラ飛行艇はまだしも、アルバトロスは意味不明ですね・・・。
踏み潰しに効果を発揮するて・・・・・・。
サラマンダーが強い!→だったらゴジュラスを飛ばせばもっと強いに違いない! みたいな思考をしていそう・・・。

>ラウルさん
設計のバランスが良いのでしょうね。
完成時に「現時点で出来る限界ギリギリまで高性能」にしているのは当然でしょうが、将来的な発展を見込んだ回路というか・・・そんな余裕を持たせていると思います。
マイケルホバートの苦悩は、たしかに仰るような事情があったのでしょうね。
国力が共和国並ならば、余裕で了承されていたでしょうね。
あの時の両国って、
・大規模奪還作戦をしてまで新型ゾイド開発を行った共和国
・強力な新型ゾイドを完成させる実力を認めながらも、開発許可を与えなかった帝国
っていう真逆なのが深いですねー・・・。

ちょっと不思議なのは、帝国時代にレッドホーンが強化されなかったことですね。
・・・ただ、帝国がレッドホーンを強化しなかったのは、アイアンコングやサーベルタイガーが居たからかもしれないなぁ・・・。
そこに目をつけた暗黒軍は偉いなぁ。

>No Nameさん
共和国側はトンデモ改造ゾイドが多いですからねー・・・。
若手の腕試し的に というのもあるかも・・・。
それを出来るだけの国力やゾイド保有数があるのが共和国という風に考えると、帝国の状況がちょっと悲しすぎるなぁ。
でも、こう思えばこそより帝国軍が魅力的に見えるし、ゾイド戦役も深みを増しますね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント