深海の竜

レビューを更新しました。
ダークネシオスです。こちら!
愛すべき海竜です。


「視点」により評価の変わるゾイドかなーと思いました。
デザインにもギミックにも色々と問題はある。前者はモチーフ再現の意味であり、後者は歩かないという点です。
ですが、個人的にはとても好き。

レビュー中にも書きましたが、ビガザウロ→マンモスや、ゲルダー→ザットンなどにも通じる、「ちょっと無茶な所もあるけどパーツを流用して別機を作るのは凄いな!」という感じが好き。
なお、初期ゾイドをあがめているわけではないので注意。色んな年代のゾイドにそれぞれの良さがありますね。
ですが、初期の頃の「流用」の上手さというか、遊び心は特に好きです。
枯れた技術の水平思考というか。そんなのがあると思います。


開発中の展示を見ると既存パーツと新規パーツの構成が良く分かりますね。


歩かないのはちょいと残念ではありますが。
記憶の範疇だと、発売が発表された時点では下部にタイヤを装着する事も予定されていたと覚えている…。


結局、それはなくなってしまったのですが、まぁ、付いて居たら値段も更に上がっていただろうしなぁ…という点において判断が難しいです。

ブラキオスとして組める事や、組み換えが出来る事は凄く良いですね。
ブラキオ首とネシオスヒレの組み合わせはとてもシックリ来る気がする。

レビュー中でピー助の名を出していますが、共感して頂ける方はおられるのだろうか……。

逆に、ネシオス首とブラキオ脚の組み合わせは、言い知れぬ不安感を感じてしまう…。
なんだろうな、この気持ちは…。
顔を前に倒す現代的な解釈のカミナリ竜ですが、んー。尻尾とのバラスが取れていないのだろうか。
尻尾も同じように持ち上げればバランスが取れるかもしれない。

そんな感じで、ダークネシオスです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

理想のブラキオス

 好きなのに実物を持っていないゾイドだったので、レビュー大変に嬉しいです。特にブラキオスパーツとの組み合わせの写真、ありがとうございます。
 機獣新世紀でブラキオスはもっぱら海戦でしか登場していなかったので、私にとっては、ダークネスオスの方がフェイスデザインと共に理想的なブラキオスのイメージに一致しました。というよりも、陸戦ゾイドのイメージが殆どありません(笑)
 そう言えば、公式ファンブック3巻の「ゾイド改造プロジェクト」にレドラー等のパーツでブラキオスを海戦専用の改造した「プレシオス」というのが載っていましたね。あれが素地にあるのですかね。

No title

や~改めていっちゃってる値段ですね、いくら当時原油高だったとはいえ。レビューの情報の値段の欄見て改めてびっくりしました・・・
 目に関しては自分は銀を下地にして上からクリアレッド塗ってました。いくらでも別パーツ化出来たと思うけどなぁ・・・。値段からして小さい子が買う事を既に想定してないし小さめのクリアパーツでも良かったと思いました。

No title

脚がヒレになったことで、尻尾を含め後ろに流れるようにラインが出来てて本当に泳ぎそうでいいデザインですね。
眼に関しては確かに残念です、頭部はパイロットが乗って無いとはいえ、野生態の時は眼だったのだからもう少し目のようにデザインして欲しかったですね。(これはブラキオスにも言えますが)
ただ、好みだけで言えばエイリアンみたいな不気味さがあってこの頭部デザインは結構好きです。口がブラキオスよりグワッと開くのもちょっと嬉しい。

No title

黒と紫の濃淡で構成されたカラーリングは非常に上品な色使いだと思います。
…が子供向けじゃないというか地味ですね。
差し色として広告にあるような目に赤色のクリアパーツかそれが強すぎるなら青色クリアパーツが入ればもう少し締まった色合いになったのに…ちょっと惜しいです。   
 
ギミックは言われるまで気づかなかったんですが確かにヒレなら左右交互に前後するのはおかしいですね。スタンド自体はダークネシオスに合った曲線が多い良いデザインだと思うのですが。
 
戦歴は知らなかったのですが、ファンブック1巻でブラキオスが一方的にバリゲーターを沈めたのと勝敗が逆になってるのは好きです。常に負ける側が同じじゃなく改良型同士の勝敗がノーマル機同士の勝敗にとらわれない方が切磋琢磨してる感じがします。

No title

>Admiral Hausさん
写真の補正とかが結構大変だったんですが、喜んでいただけて幸いです。
ブラキオス、新世紀ではまさに水で戦うゾイドでしたね。
メルクリウス湖とかアンダー海海戦とか。
プレシオスは良い改造ゾイドでしたよね。人気も高かったので、開発のきっかけになったのかもしれませんねー。

>アングラーさん
まぁ、ネシオスとブラキオスが一緒に楽しめる…と考えてもちょっと高いですねぇ。
ジェノブレイカーが2500円ですからねぇ。(ジェノブレは逆に安すぎな気もしますが)
目は本当に唯一の難点です、、。

>セイさん
ブラキオスは元から尻尾が短めだったので、首長竜の可愛らしい尻尾と親和性が高かったのが幸いしましたね。
目はクリアパーツを入れてわかりやすくしてほしかったです。。

>しめじさん
色は仰る通りですね。
ただ高年齢向けなんだろうなぁというのがよく分かるカラーですね。

ギミックに関してはまあ、満点ではないけど十分満足かなーと思います。
ヒレはともかく、首の動きが素晴らしい!!
ヒレも弱点が分かっていたからこそスタンドが付いたんでしょうねぇ。
苦肉ではありますが、たまにはこういうのもアリかなと思います。

No title

自分には馴染みのないゾイドなので、詳細なレビューは嬉しいです!
実は印象があまりよくないのです。
「えー、ブラキオスからほとんど変わってないじゃん。
背中の装備とかソーラージェネレーターとか、もっと変えてほしいなー。
しかも歩けないのかよー」
という感じで。
でもカラーリングは非常にカッコいいですし、自分が否定してしまっている部分でも見方を変えることができたり新たな魅力に気づけたりするのは楽しいです。
動いているところが想像できないので、一度見てみたいものです。
首の動きも気になりますし、ヒレも連動しそうに見えるのですが・・・

No title

ソーラージェネレーターはブラキオスの最大の特徴ですからね。
それを同じく引き継いでいる事は、確かにそのままやん…な感じもしますねぇ…。
設定としては、あの装備のおかげで広大な海を長期間に渡り活動できる(またコックピットもその為の造りである)ので、残しておいたのは理に適っているんですが。
このあたりは設定の合理性とキットの楽しみで難しい所ですねぇ。

でも面白い機体なので、更なる発展型が出る事にも期待したいですね。
その際は車輪でも良いので今回はオミットした前進ギミックが搭載される事にも期待したいです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント