サラマンダーF2

さて連日の続きで強化タイプのゾイドについて。
本日はサラマンダーF2です。

このゾイドは色々と意見があると思います。
ノーマルタイプのサラマンダーは重爆撃機ですが、サラマンダーF2は

①爆撃力UP・空戦力UP
②爆撃力そのまま・空戦力UP
③爆撃力ダウン・空戦力UP

さぁ、どれ!? という事ですね。

まぁ、多分、文字としては箱裏にも各種資料にも断言が無いので、答えは各人の中に…で良いと思うんですが、今回はこれについての個人的な見解です。
さて私としては③を推しています。

その考えに最も影響を与えたのは学年誌の以下の号です。
小一89年10月号。
この号は、ギル・ベイダーとサラマンダーF2がどちらも初登場になった号です。

-内容-


キングライガーがギル・ベイダーの基地を発見する。


連絡を受け、直ちにサラマンダー爆撃隊が出撃する。
途中、レドラーの迎撃を受けたがF2は余裕でこれを撃墜する。


基地上空に到達する編隊。爆弾を投下。作戦成功を確信する一行。

だが、ギルは生きていた。


サラマンダーをビームスマッシャーで切り裂き、ギル・ベイダーはその巨体を見せつけたのである。

さて、3つ目のシーンが結構重要かなと思います。
多数のノーマルのサラマンダーが居る一方で、F2は一機しか確認できません。
私はこれを、
「純戦闘機型のF2が護衛し、爆撃はノーマルタイプが行っている」
と解釈しました。

「最新型のF2はまだ機数が揃っていないので、ノーマルとF2が混在する部隊になった」という可能性もないわけではないと思いますが。
ただ、なにゆえF2が純戦闘機型であると思ったかといえば、2つ目のシーンが鍵です。
このシーンでは、F2がレドラーと対戦し護衛任務を果たしています。
「もしもF2が爆撃機であるなら、レイノスが護衛につくべきではないか」と思ったのであります。

「爆弾を積んだままでも空戦ができる」のかもしれませんが、基本的にそれは行いたくないはずです。
というのも、もし爆弾のある位置に被弾したら…と考えたら分かりやすいでしょう。
爆撃機は襲い来る敵を迎え撃つ事はしても、積極的に狩りに行く事はあまりない。

更に補足すると、最後のシーンも興味深いです。
なぜなら、ギル・ベイダーが撃破したのはノーマルでありF2ではないのです。
これは、「ノーマルが爆撃機、F2が戦闘機」であるとすれば理由が分かります。
攻撃を受けている基地にしてみれば、「排除すべきは爆弾を降らす爆撃機であり戦闘機ではない」というものでしょう。

…ただし、この点には反論もあります。
F2は動きが素早いのでギル・ベイダーではなかなか補足しきれない。なので、かもしれませんが…。
(また、メタ的な事を言うと、この号で最新タイプのF2をはやばや撃破するわけにはいかんかったのだろう…)

と、まぁ、そんな感じに思っています。

この号は両機とも最新鋭機だったので、小解説なんかもあります。


…あまり参考にならない!
ところで、この写真だとクリアパーツがオレンジです。
初期の頃は、「オレンジキャノピーのF2」は稀に登場します。
割と、直前まで青じゃなくてオレンジのままの予定だったのかも…。
変えたのは大正解だったと思います。F2は青が何とも未来的なイメージを出しているのが良いですね。

F2を見ていると本当に色って凄いなーと思います。
ノーマルの青&オレンジキャノピーはいかにも初期って感じなのに、
F2の銀&青キャノピーは一気に未来感が出ているんだもの。

ところで、ギル・ベイダーについても少し。
ギル・ベイダーは爆撃時に戦闘行為もかなり行っています。
先に「爆弾を抱えたままだと誘爆の危険もあり戦闘は行わないのが基本」と書きましたが、ギルは思いっきりやってるのよねぇ…。
これは、ギル・ベイダーのありえない程の防御力が挙げられるでしょう。
新バトストにはF2のビーム砲の直撃に受けてもまったく気にしていないようなシーンがありましたが、航空機としては破格。

ただし、そんなギル・ベイダーもガンブラスターのハイパーローリングキャノンを受けた時だけは回避に集中していたりします。
ガンブラスターの砲撃を回避しそれに手間取るシーンはバトストにも学年誌にもある。
うむ。ガンブラスター凄いな。
思うに、共和国軍がやるべきはマッドを飛ばす事じゃなくてアルトブラスター(二足歩行タイプにして対空射撃ができるようになったガンブラスター)の量産だったのではないかね・・・。
アルトブラスターは、学年誌ではギルを迎え撃ちかなり善戦している。


ハイパーローリングキャノンが対空射撃ができる角度になっている事と、何より二足歩行機なので旋回が楽にできる。ギルの動きに合わせて細かに狙いをつける事が容易なのでしょう。
このあと、ギルはエネルギーランプが赤く点滅するまで追いつめられます。しかし、最後の反撃にビームスマッシャーを撃った事で辛勝したのであった…。

こんないいゾイドがあるのに、この後の共和国軍はマッドジェットやサンダーヘルクレスを作ってるんだよねぇ・・・。なぜだ。
まぁ、アルトブラスターは迎撃しかできない。マッドジェットやヘルクレスは自ら攻め込める という違いがあったからだとは思うのですが。

話がそれてきたのでF2に戻します。

F2とギル・ベイダーは、箱裏ストーリー的に言うと、
・F2の登場で制空権は共和国の手におちた。
・空を制した事でちう状部隊の進撃も容易になり共和国軍大進撃
・ギル・ベイダー登場
という流れです。
ですが、学年誌だと同じ号で登場してるんですね。(学年によってはF2の方が登場が遅い事さえある)

箱裏ストーリーも加味しつつ考えるならF2は制空権をかけ戦いそれに勝利した実績があるのですが、残念ながらそれは学年誌や新バトストでは描かれていない…。
これが、F2が「爆撃力はあるのかないのか」の考察を難しくしている気がして惜しいですねぇ・・・。
でも、サラマンダーF2は共和国の改型としてはかなり頑張ってる方だとは思います。

ゴジュラスMK-II量産型、シールドライガーMK-IIの悲惨さよ。
それに比べたら一時的とはいえ新バトストの主人公気も努めパイロットとの絆も魅せてくれた事は破格だよなあと思います。

F2は良いゾイドです。青キャノピーが欲しい!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

私も3に一票!
もっと言うと、爆撃能力は完全に無いんじゃないかと考えていました。

当時は、急に古いゾイドが出てきたなあ、と思いました。
大型機でも空戦に強い奴がいるのはゾイドの良さだと思います。かっこいい。

No title

バトストのサラマンダーは全て翼が埋められていて今回のもノーマルは全部そうですね。
その中で唯一F2だけがそのまま。

隙間と言われればそれまでなんですがあの美しい形が残ってるだけで「軽そう!高速戦闘機!」と言う感じが際立ちます。
ノーマルは逆で重いものを運んでいる印象。

やっぱり3な気がします。

No title

運用のされ方から推測すると、③でしょうね。
F2が爆撃している描写が描かれでもしないかぎり、これを戦闘爆撃機と考える合理的な理由はないと思います。
さらに言えば、F2は爆装できなくなっているのではないかと思われます。

戦闘爆撃機なり、爆装した戦闘機なりは、重量が増えて機動力が下がり、通常の戦闘機に対して分が悪くなります。
特に、戦闘爆撃機の場合、爆撃するプラットフォームとしての安定性が設計上重視されるので、戦闘機としての機動性は低下するのが普通です。F2じゃないサラマンダーはこのタイプではないかと思います。

仮にサラマンダーの戦闘機としての能力を上げつつ、爆撃能力を残してマルチロール化したのがF2だと考えると、爆弾を積むラックだけでなく、爆撃のための様々な装置(照準装置や電子装備など)も残しておかなければ意味がありません。これは重量増加、スペースの都合上燃料搭載量の低下、戦闘機として必要な各種装備をスペースや重量の都合上削減せざるを得ない等、戦闘機として運用する上ではマイナス面しか生みません。こんなかさばる装備を残しておいたら、せっかく空戦能力を上げる意味が半減してしまうと思います。そのような開発は中途半端です。
初期型のF-16と、マルチロール化した後期型のF-16を比較すれば、純然たる戦闘機である初期型の方が戦闘機としては優れているわけです。
サラマンダーが戦闘爆撃機として十分な働きをしている以上、その大々的な改良型であるF2は、随伴戦闘機として設計変更されていると考えたいです。(これとは別に、戦爆型のサラマンダーに対してはよりマイナーな改良作業が随時行われると思います。)

また、純然たる戦闘機であるレドラーが、戦闘爆撃機に安々とやられる程ヤワな奴だとは思えません。F2は純然たる戦闘機でしょう。

F2が制空戦闘機だとすると、問題はレイノスとの住み分けなんですが、レイノスはレドラーに対して劣りません。レドラー対策として、新型戦闘機はあまり開発の必要性がなかったとと思います。
とすると、暗黒大陸までサラマンダー戦闘爆撃機に随伴するだけの十分な航続力を、レイノスは持っていなかった、ということかもしれません。
なにせ、護衛戦闘機は長距離を往復飛行するだけでなく、敵の領域で敵戦闘機と空中戦を演じなければなりませんから、燃料をものすごく消費します。多分、レイノスでは無理だったのでしょう。

同じ原種であることから生じる相性の良さを考えれば、サラマンダーF2は、サラマンダー爆撃機専用の随伴戦闘機として開発された、と言えるかもしれません。

ところで、同程度の腕のパイロットが乗った場合、レイノスとサラマンダーF2はどちらが空中戦で強いんでしょう?

No title

機体のスペックとしては②だと思います。
ただ、ほぼ全ての場合に爆装しなかったので結果的に③なのかと。
軽くなってるし、ガワも変わってないので爆装しようと思えばサラマンダーと同等の積載自体は出来ると思う。
しかしその状態では所詮空戦能力に毛の生えたサラマンダーでしかないので、数の揃わない(結局揃うことは無かった)劇中では爆装せずに強力な戦闘機としてのみ運用されていたのだと思います。

元々大型かつ生産性と個体数に難がある機体なのに、旧型とF2の2ライン抱えておくのは負担なので、可能ならゆくゆくはF2の生産ラインに統合すべく基本スペックとして爆装の余地は残してるんじゃないでしょうか。その前にグラカタでおじゃんになりましたが。

No title

「ファイティングファルコン」という名前からして、サラマンダーを直接戦闘専門にチューンしたゾイドだと思うので爆撃能力はひょっとして無くなっている可能性もありますね。
F2は「共和国的なMK2」の一種だと思っているので僕も3だと思います。爆撃能力はいざという時のために残っている可能性もありますが、基本的には行わないという前提かなと。

というかF2がノーマルを護衛する場面、実際にあったんですねえ・・・・F2はやはりこのガラッと生まれ変わったようなカラーがとてもかっこいいです。

No title

自分も3に一票です。
ギル・ベイダーは「自力で中央大陸まで行って爆撃して帰ってくる」のが目的だし、爆装した状態での戦闘も視野に入れた設計がされていると考えられるのに対して、
サラマンダーは第1次中央大陸戦争時代の機体であり、
元は爆撃機としての運用が主だった機体を改造して戦闘機としての運用を主とするのであれば、
出来る限り機体を身軽にして運動性を上げると同時に被弾時の誘爆の危険性を下げる為にも爆撃能力はノーマルのサラマンダーよりも引き下げられていると考えられます。

ただ、そうなると個人的に火炎放射器が残っているのが少々気になる所です・・・。
同じく火炎放射器を積んでいるガン・ギャラドは陸戦時の使用が主だと考えられますが、
低速や低空の飛行であればまだ使う機会があると思いますが、
高速で飛びながら戦う戦闘機的な空戦ゾイドとして運用されるサラマンダーF2だとどう言ったタイミングで火炎放射器を使うのかが今一ピンと来ないです・・・。
サラマンダーF2が純粋な戦闘機タイプとして身軽になる為ならいっそ火炎放射器も外すという手もあると思いますが、そうしないのにはそれなりに理由があると思います。
個人的に考え付くのは、サラマンダーの野生体は元々火を噴く能力を持っていて、戦闘用ゾイドに改造する際に野生体のコアに戦闘用ボディを自分の体と認識させるために火炎放射能力を維持させておく必要があったという可能性くらいですが・・・。

またしても火炎放射器……

確かに火炎放射器は問題ですね。
自分も、きっと元々野生体のときから火炎を吐くゾイドだったから、その能力は否応なしに残されている、というような説しか思いつきません。
もしかすると、サラマンダーは定期的に火炎を吐かないとオーバーヒートなり、内部機関が「やけど」なりしてしまうゾイドなのかもしれません。(メルトダウン前の火炎放射しまくりのゴジラ?)
もっとおもしろい解釈があるとよいのですが……。

爆装は、例えばミサイル用のハードポイントに何かアタッチメントを付けて爆弾を積むことはできたかもしれませんが、その程度の装備では実戦では役に立たないものであり、実際には使用されないだろうと思います。(例えば、戦闘機で後続部隊のために目標マーキングする際にそのような爆装能力は有効かもしれません。)
F-86にせよ、MiG-21にせよ、Su-15にせよ、本来純粋な戦闘機であったものに無理やり爆弾積んで、役に立つ戦力になったためしはありません。

爆撃の照準などに必要な装備は重たいですから、戦闘機としての性能を向上するためには正直めっちゃ邪魔です。(対空捜索・照準レーダーやプログラムで地上目標は攻撃できません。)空中戦では、燃料タンクだって邪魔なんです。
ですから、F2が戦闘機として抜群の能力を獲得しているのなら、爆撃専用の装備はオミットされていてしかるべきだと思います(ゾイド星のスーパーテクノロジーにより、そのようなちっちゃい配慮は不要、全部積んどけます、という可能性はありますが、とりあえず今はその線はナシで考えています)。
高度な装備がない場合、地球の第二次世界大戦時のような(ある意味)あてずっぽうなやり方での爆弾投下はできても、21世紀的な高精度な爆撃を行うことはできません。暗黒軍と戦っていた頃の共和国軍の爆撃能力は、地球の二次大戦レベルでしょうか、より高度なレベルでしょうか。それによって、サラマンダーF2の爆撃能力の相対的価値が変わってくると思います。
要は、そもそもサラマンダー爆撃機の爆撃能力(精度)は盲目的絨毯爆撃ができるだけで、ピンポイント爆撃などの能力、誘導兵器の運用能力は持っていなかったのだとすれば、F2も二次大戦の爆装零戦よろしく簡易な爆弾ラックをつけて爆撃機に早変わり、ってやってても「第一線級」の爆撃機とみなされることでしょう。自分としては、共和国軍の爆撃能力はもっと高性能だと思っているのですが……。

生産ラインですが、構造がほとんど同じ機体で戦闘機型と爆撃機型が両方作れるのであれば、むしろ有利というものです。地球では、MiG-23(戦闘機型)とMiG-27の例があります(或いは戦闘機型のMiG-25と偵察機型のMiG-25、F-4とRF-4等)。
サラマンダーの爆撃機型が胴体青くてオレンジキャノピーの機体、戦闘機型が銀色のF2、というのは大いにあり得る開発・生産方法だと思います。
どのみち、戦闘機と爆撃機はそれぞれ必要になるのですから、同じ生産ラインで作れるのであれば大変楽です。

そうすると、F2とレイノスとの使い分けなのですが、それこそMiG-23MLD戦闘機とMiG-25PD戦闘機のようなものかな、と思いました。
F-15とF-16のような単純なハイローミックスなのではなく、きっと、MiG-23と25のようにそれぞれに一長一短なところがあったのだろうなと考えた方がおもしろい気がします。

長文失礼致しました。

No title

複数投稿になってしまいますが、失礼します。
火炎放射器は考察における強敵ですね。

サラマンダーは地上(スレスレの超低空)でも結構強いと思うんですよ。翼でチョップしたりしてますし。
火炎を撒き散らしながら舞い降りて、小型ゾイドを脚で掴み上げて飛び去っていく、そんな古典的な大怪鳥のイメージもあると思うんです。
初期ゾイドの牧歌的な戦いと言えばそれまでで、F2には似合わないんですが、「大暴れする脅威の巨大生物」のようなイメージもゾイドの一部だと思うんです。

軍事兵器としてのゾイドと、うまく落とし込めれば楽しいなあ、と思うのですが。
…難しいですね。

帝国技術の取り入れ

サラマンダーF2は意外と描写は少ないのですね。単体の広告があったりしたのでもっと活躍の描写があると思っていましたが。それにしてもあまり参考にならない!という反応には笑ってしまいました。三式さんは今までどんな小さな情報からでも想像力を働かせてコメントをしていたのでここまで否定的なコメントは珍しいです。

ところでサラマンダーF2は帝国側の技術が取り入れられているとのことですが、サラマンダー=レシプロエンジン、レドラー=ジェットエンジンみたいなものなんでしょうか?
具体的にはレドラーが登場し猛威を振るう→共和国軍はレドラーの機密データを奪う(もしくは鹵獲)→レイノスにその技術を応用し高性能を得る→サラマンダーに応用しF2が完成みたいな流れになったのではないかと思います。
こうでも考えないとM2からM3.5にスピードアップなどできないはずですし。
長文失礼しました。

No title

>メカカブトさん
私も基本的には爆装力は無いと思います。
ただ、例えばゼロ戦や隼もその気になれば翼下に爆弾を吊る事はできます。
F2の爆装力は、そういったレベルであると思います。
(爆装に特化した装備は外されたが、それ以外の部分でも積もうと思えば幾らかは詰める)

>No Nameさん
バトストには埋まった機体が多く出てきますね。
F2も実は埋まった機体の方が登場数としては多かったり…。
埋まったものは「翼面強化タイプ」だそうです。
本来は強化タイプだが、「生産性の低いサラマンダー」という事情も相まってほとんどの機体には強化が施されたのかもしれませんねぇ。

>す さん
私は、メカカブトさんのレスに付けたような考えですね。
専用装備は撤去しているので目視で投下するしかない位の能力だが、あえて積む事だけはできる(むろん量は少ない)と考えています。
なお敵と遭遇した際に爆弾を持っていた場合は、直ちに投下し空戦に徹すると思います。

レイノスとF2だと、おそらくF2でしょうね。
なにしろ、「レイノスが制空権を会得できなかった」→「F2登場であっさり制空権を獲得している」の流れがあるので。

>No Nameさん
2の可能性も十分にあると思うんですが、もう一つの悩みの種は新世紀のサラマンダーですね。
もし2だとすれば、そのスペックが特別な事情が無い限りにおいては後にも保たれているはずです。
しかし新世紀のサラマンダーが「F2」ではなくノーマルのスペックを引き継いでいる事から推測しました。
弱体化したゾイドもないわけではないので、この場合は「新世紀時になぜ弱体化したのか」の理論も展開できたら面白いですね。

>セイさん
ノーマルを護衛するF2、絵になりますよね。
実にいい・・・。
同じ形でありながらも、一目で「何か違う!」と思わせるカラーが秀逸ですね。

>ラウルさん
火炎放射器は、、んー、たしかに何故残ってるんでしょうねぇ。
あえて別装備も思いつかなかったので というの弱いし。
最も可能性が高いのは「野生体の特性に合わせて」であるとは思いますが、もう少し説への補強も欲しいですね。

ノーマル時の例ですが、ヘルキャットと地上戦をした事があったりします。
おそらく離陸時を狙われたのでしょう。
飛行ゾイドにとって地上に居る時、あるいは飛び立つ瞬間はとても危ういタイミングと言えます。
その時に事故を防衛する為の装備なのかもしれませんね。

>YHさん
参考にならない というよりこの程度の情報ならほかにいくらでもある といった方が適切でしたね(笑
サラマンダーF2は、帝国技術も入っているでしょうねぇ。
とはいえ、航空ゾイドに関しては共和国がリードしているんですよね。
レイノスはレドラーを上回る能力だし、また、サラマンダー改良型を設計するには母体を知り尽くす必要があります。その点においても共和国が明らかに上…。
もちろん異種の技術が混ざる事で何か革新的な発想が生まれたとも思いますが。
開発史は色々と考えたいですねー。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント