アーバイン仕様

線画です。

前回に引き続き、今回もパワーアップパーツ。
コマンドウルフにロングレンジキャノンを追加しました。


新世紀ゾイドで最初の新規金型パーツですね。
元はゴジュラス用 との事ですが、ゴジュラスのどこにつける予定だったのだろう…。


当時はアニメ仕様が出るというのが凄い驚きでした。
また塗装済みパーツも驚いた。肩の装甲もですが、スモークディスチャージャー部が綺麗に塗り分けされているのも驚きでした。
ただ、当時の感想で覚えている事をもう一つ正直に言うと「灰色・・・・・」でした。
アニメだともっと黒いコマンドウルフなのに、ちょっと中途半端な灰色だなー・・・と思ってしまったのはよく覚えています。


ジェネシス版も。
こっちは砂漠仕様って感じの色が良い!
細かな塗り分けが無いのはマイナスですが、茶色という他にない色合いはなかなかステキ。
あぁ、何度でも言うけどGZハウンドソルジャーと部隊を組んでほしかったなぁ…。

さてコマンドウルフです。まだ他にもアタックユニットがあるので、そちらの方も近く描きたい感じです。
それにしても、コマンドウルフの強化パーツはデザインとしてはどれもなかなか良い感じなんですが、基部に負荷をかける感じが半端ないので怖いです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ロングレンジライフルは先端にもう1点銃口にあたるようなパーツがせり出していたと思います。

当時アーバイン仕様はものすごく人気があって滅多に売ってるのを見なかったのが印象深いです。ロングレンジライフルのパーツがこれでしか手に入らなかったこともありますし、アニメでの活躍も大きかったですよね。

しかしコマンドウルフの武装強化はほぼ全て背部砲塔の交換や強化ですね。唯一ボマーユニットを肩部に取り付けることが出来ますがアニメやバトストでも出てこなかったです。
そもそもコマンドウルフの武装の少なさ(牙・砲塔・スモークディスチャージャーのみ)は何か理由があるのでしょうか。サイズ的にはもう1つ2つ武装があっても良さそうですが。機動力を重視しているといえばそれまでなんですけどね。

No title

そういえばふと思ったんですが
線画でバトストやファンブックに出た改造機に取り掛かったりはしないんです?

No title

うーん・・・。あの程度のサイズの火器をゴジュラスが背中に装備する光景が思い浮かばなので伝統の懲罰席の尻尾ですかね?腕の補助火器の代わりとも考え辛いし。
 と、まじめに考察しても野暮ですね。本来ゴジュラス用だったと言った方が箔がつくからというのが真相でしょう (笑)
 でもほんとこの時期はアニメと連動して商品展開も面白かったですね。わざわざ型番も専用の物が割り当てられて。独立系という事でi(アイ)が使われてましたっけ、ムンベイグスタフと一緒に。

ゴジュラス用=強い

 アーバイン機は、アニメでも大活躍でしたし、機獣新世紀でのコマンドウルフの人気の源泉かも知れませんね。
 ロングレンジライフルのゴジュラスでの装備位置は、確かに謎ですね。ただ、アニメでダークホーンの側面を貫通させた威力は、接射でしたが、「ゴジュラス用」って感じがしました。
 そう言えば、同じくアーバイン機が一度装備した空中炸裂式の大型ミサイルポッドも「元々はゴジュラス用」だったと思いますが、あれもゴジュラスのどこに装備するんでしょうね(笑)。アニメでは、ゴルドスやセンバータイガーも装備していましたが。
 ゴジュラスは貴重な切り札(のはず)ですから改造バリエーションも幾つか検討されていて、試作武装の一つと妄想すると、面白いです。配備数的にゴルドス用の方が需要がありそうですが、ゴジュラス・キャノン同様転用できそうですし、やはり最後は「箔」かも知れませんね(笑)

No title

アーバイン仕様のロングレンジライフルはカッコよくて個人的にとても好きです。
コマンドウルフのジョイントの事を考えると戦々恐々としますが・・・。w

個人的にこの砲をゴジュラスに装備するとしたら、
MK-2の4連速射砲みたいに腕に装備するんじゃないかと言うイメージがあります。
当時のゾイドバトルカードゲームに確かゴジュラスHG -1と言う名称だったと思うのですが、腕に火器(シールドMK-2やマッドサンダーのビームキャノン?)を装備したゴジュラスが出てたので、
それと似たような感じで装備すると思います。
(アニメを見ると割と連射性も良いので、実弾式のライフルみたいに使われるんじゃないかと思います。)

アニメのアーバイン仕様ウルフは序盤ではノーマル装備でしたが、
確か「共和国の一番長い夜」あたりから特に説明なしでキットでもお馴染みのロングレンジライフル装備になってたと思います。
(スプレッドミサイル装備でレイヴンと対決した後にドクターDあたりの伝手で入手したのだろうか?)

No title

>セイさん
ご指摘ありがとうございます!見直して置きます。
アーバイン仕様は人気でしたよねー。
HMM版も凄い人気でした。
あの人気振りが後のゾイドに大きく影響与えたと思いますね。

コマンドウルフは、確かに改造機は背中をいじるものがほとんどですね。
本体の完成度が高すぎて、ちょっといじりにくいのかもしれませんねぇ…。
ただし、初代版の箱裏には肩を改造してミサイルを付けた改造例も載っています。

武装の量については相応かなーという気もします。
むしろ、シールドライガーと並べた時の印象としては砲がでっかいなぁという印象だったりもしました。
(というかシールドライガーのビーム砲の砲が小さいなんて・・・と思ってました)
ただ汎用性のあるミサイルくらいは持ってて欲しいですねー。

>EZさん
もちろん進めますが、なにしろ資料が限られている(側面からの画が無いものが多い)ので難航中です。
時間をかけて揃えたいですね。

>アングラーさん
確かに、箔付けの為というのが真相でしょうねw
サイズなどを見ると、ゴジュラス用としては長距離キャノン砲に劣り、中型ゾイド用としてはでかすぎて使いづらい。。
本来は闇に埋もれるはずだった武器を再利用してる感じは燃えるものがあって良いですね。
グスタフと言えば、箱裏の写真で、このロングレンジライフルを搭載し突撃していました。

>Admiral Hausさん
ダークホーンを撃ったシーンはカッコ良かったですねー。
ゴジュラス用ならば、その程度の威力はないといけませんな。

ゴジュラスはまさに切り札だったので、色んな武器が開発されていたんでしょうねぇ。
最終的に長距離キャノン砲を越えるものは遂に完成しなかったようですが・・・・。
炸裂ミサイルなんかは、ゴルドスやグスタフに積んだ方が良さそうな気もしますね。
予備弾もぎっしり積めそうだし。

>ラウルさん
背中のジョイントは恐いですよねー。
旋回できる機能も残ってるから、なおのことは存立が高い・・・。

ゴジュラス用としては、たしかに手に持たせるとしっくりくるかもしれませんね。
四連速射砲に運用性で劣ると判断されたのかも。。

アニメでのロングレンジライフルは、キットにあわせて突然の装備でしたねw
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント