ドスゴドス

レビューを更新しました。
ドスゴドスです。

こちら

当時は「たけえよ・・・」と思ってしまいましたが、この充実具合なら2800円でも仕方ないかも納得かもと思えました。
箱の割に小さいので、そこが問題だったのかな…。

まぁ、とにかく良いキットだなと、今回のレビューに際しいじってみて改めて感じました。
ここも動く、そこも動く! もー、各部動きまくりです。
それでいて組みやすいし。
トミーキットの良い部分を引き継ぎつつ進化していると思います。
正直、このクラスの完成度ならマスターピースとして出しても良いのではないかなとすら思いました。

ただ、良いゾイドだと思いますが、色、エッジのだるさ、幾つか気になる肉抜きは残念です。
んー、これらが出来ていれば個人的にもっともっと高評価だったのですが。

でも、肉抜きに関しては脚の内側が付いたのは本当に進化だと思う。
それだけに、出来ていない個所が余計に目立ってしまっていて惜しいのですが。

それにしても、語る所の多いゾイドです。
レビュー中にも書きましたが、このキットが色んな方向から多く研究・議論されて次なるゾイドに繋がっていけば良いなと思うばかりです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ドスゴドス良いですねえ何と言うか達人同士の戦いで
「こやつ隙が無い!」というか側面に回り込まれると
ゴドスならもたもたしそうですがドスゴドスならキュッと向き直れる
のが立ち姿から想像できます。

No title

リバセンの新規ゾイドは武器デザインが従来と違いますね。
武器の系統によっては必ずあったモールド等がなかったりと。

No title

もしマスターピースでゴドスやイグアンが出るのなら、
是非是非ドスゴドスのいいところや新しい試みをフィードバックして欲しいです。
ゴドスやイグアンのマスターピースなら私でもギリギリ買えるでしょうし。

それにしても金型の精度が悪いということは、
当時タカラトミー内でそれほどゾイドの地位が落ちていて、金型作りの際の優先順位が低かったのでしょうか……。
それとも、当時のタカラトミーの製品全体にそういう傾向があったのでしょうか……。
その辺の事情が気になります。

No title

フォルムは当然ですが、武器もゴドスと共通性のあるデザインなのがニクイですよね。
ただ、腕が貧弱に見えるのが少し残念です。人間の手みたいだったゴドスよりは爪がデザインされて良くなっていますが腕に厚みが無くなったのでパワーを感じないのが惜しい。
あと腕部の砲は要らなかったかな~と思います。あれは砲撃特化のガンスナイパーならではの重装備ならではなので、格闘重視のゴドスの系統なら腰部に装備して欲しかったですね。
実戦では腕についていると足元から上空まで狙い撃てるので合理的ではあるのですが・・・・

No title

個人的にドスゴドスは他のリバセン期のゾイドと同じく価格面で二の足を踏んでしまいましたが、
ギミック面、特に可動面は、従来の動力を持つゾイドと、
SSゾイドやブロックス、バイオゾイドなどの無動力で可動を重視したゾイドのアクション性を両立していて素晴らしいですね。

個人的にリバセン期のゾイドは「その後の機獣新世紀ではどうなったのか?」が地味に気になる所です。
ドスゴドスに関しては、確かHMMだと「磁気嵐終息後の性能低下や軍備の立て直しの際に安価なゴドスの再生産と新型歩兵ゾイド(ガンスナイパー)にシフトした事から退役した」と言う設定があったりしましたが、
個人的には「磁気嵐対応型から再度改装され、コストや性能面から一線こそ退いたが、二線級や研究用の機体として後方の部隊を中心に運用されている。」と言う設定で、機獣新世紀の時代でも画面に映らない戦場の片隅に存在する余地があった方がいいなぁ、っと思います。

No title

>No Nameさん
ゴドスは歩兵で「弱そう」感が強いけど、ドスゴドスは踏みとどまりそうなイメージですね。
でもあまり強そうでもないというバランスが素敵です。

>RZ(偽さん
そうなんですよね。なんか、こう…、表現しがたい違和感があります。
スタイリッシュさを追求している気がしますが、従来のゾイドとは少し違うなーと思ったりも。
尻尾の銃なんかは割と好きなんですけどね。

>坂上蜘蛛麻呂さん
金型精度に関しては、ドスゴドスというより新世紀以降のゾイドの多くに共通する問題ですね、、。
地位云々というよりはコストをどう調整するかというもっと大きな視点での問題だったと推測します。

>セイさん
腕は、内側がバッサリと切り落とされているのが残念ですね。
ゴドスは内側にも「ふくらみ」があって良かったのですが。
脚なんかは肉抜きがなくなって力強さに溢れているので、腕も頑張って肉抜きをカバーして欲しかった・・・。

腕の砲は、前傾姿勢で腹部に付けられない! という事情でしょうね。
とはいえ、余計だと思う点には同意です。せっかくの爪が見えないし、、。

>ラウルさん
従来のゾイドの要素を多く引き継いでいて、今後のゾイドのためにぜひとも研究されて欲しいなと思うキットです!

運用はどうでしょうねぇ。
ファンブック4にはマルダーやゲルダーみたいな”骨董品”まで戦いに参加していたので、比較的新しいドスゴドスがこの時代においても生き延びており運用されていたと考えても良いと思いますね。
ゾイドは、戦歴を見た時に重要だと思える機体をキットとして発売している。 存在感の薄かった機体はキットとしては販売されていない。と考えても良いと思います。
そうすると色んな可能性が見えてきて面白い!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント