索敵

コラムを更新しました。

ゴルドス(電子戦機)の索敵に関してのものです。こちら

以前にブログで書いていたものの再録です。
なお、これの続きもブログで書いていました。
この記事
こちらの方も、急ぎコラムに編入させる作業を行いたいです。
(ブログにはコラムの下書き的なものをよく投下しているので、忘れないうちにこまめにサルベージせねば…)

 
ところで、記事中で「ゾイド星には宇宙技術はない」と推測しています。
この点についても考えてみたいなと思います。
詳しくは後日に譲るとして、今日はさわりの部分を。

私は、ゾイド星には宇宙技術はないと推測しています。
文中にも書いている通り、大陸間弾道ミサイルのような兵器がないからです。
しかし、一方で宇宙に言った描写はいくつかあります。
まずは、それらを紹介してみます。

~第一次中央大陸戦争~

この間は、有名な「スペースコング」が登場します。
発射用ロケットは回収して再利用してるようですね。
また、スペースコングは「共和国側の軍事衛星」を破壊していました。すなわち、共和国側も衛星を打ち上げる能力を持っていたようだ。

第一次中央大陸戦争は以上。


~第二次中央大陸戦争~
この間は、宇宙に行ったゾイドは確認できません。
ただ、

このように、かなりの高高度にまで上がれるゾイドは居たようです。
このサラマンダーは「超高空輸送ゾイド」と書かれています。どれくらいの高度を飛んでいるんだろうか。

余談ですが、このサラマンダーの下部のコンテナの中には、

シールドライガーMK-IIが入っていました。
(不思議なゾイドではないと思うが…)

シールドMK-IIが入る位のデカいコンテナである。そこから考えると、このサラマンダーは通常よりも大型の特製サラマンダーなのではないだろうか。
「大型サラマンダー」「シールドライガーMK-IIを搭載していた」
ここから考えるに、このサラマンダーはもしやチェスター教授を乗せた空中研究所の機体なのではないだろうか。

コホン、本題に戻る。
さて、第二次中央大陸戦争では宇宙の描写は無し。しかし、このようにかなり高い位置にまで行ったゾイドはあります。
ステラスもかなり高高度に行きましたね。


~大陸間戦争~
この時期はけっこう多い。

まず、ブラックチャレンジャー。
設定としては宇宙に行けるとの文言はない。また、言った描写も無い…。
ただし、「宇宙基地」に所属していた。また、形状から考えてもおそらく行けそうである。

次に、

てれびくんの描写なんですが、ごっつい衝撃的ですね。
モロに宇宙に行って戦っています。
一応、宇宙用キングライガーや宇宙用ガル・タイガーらしいですが、ノーマルにしか見えんぞ…。

暗黒大陸軍と共和国軍の戦いは、宇宙でも始まりかけていた。暗黒軍は、密かに宇宙要塞を作り、共和国軍を空から攻撃しようとしていたのだ。
そこで、特殊な宇宙装備を付けた共和国軍のキングライガーが、奇襲攻撃をかけた。
暗黒軍のガル・タイガーも反撃。凄い戦いが始まったのだ。


だそうです。
すごいなぁ。もろに宇宙で戦っている。

あと、ギル・ベイダーは設定として「大気圏外の飛行も可能といわれている」とありますね。

ざっと、確認している中では宇宙に行った描写は以上です。
割とコンスタントに言っているようにも思えます。
が、その上でなお宇宙技術は保有していないんじゃないかなーと思っています。
個の描写を見た後だと「何言ってんの?」っていう感じになると思いますが、それについての見解はまた後程…。
キーワードは、グローバリーIIIです。
お楽しみに!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

スペースコングやブラックチャレンジャーは見たことありましたがガル・タイガー対キングライガーは初見…というかものすごい絵面ですね。
宇宙空間での戦闘、しかも格闘戦ぽい…。
いったい何を推進力にして前進や方向転換をしているのか。
身体の各所の装甲の隙間に小型ブースターがついていてそれが地上戦でもこの時期の高速ゾイドのスピードと運動性能につながっていたとか?ジャイロクラフターを装備してないのは宇宙空間では荷電粒子が集まらないから意味がないということなんでしょうがそれならなぜ宇宙要塞の護衛にガル・タイガーなのか…。いろいろ疑問や想像が膨らみます。
ここで重力砲撃ったらみんな集まってきちゃうんだろうか…。

No title

私も初見でびびりました。たまげました。
「え・・・・・・・・・・・・・・・・・」

固まりましたね。
そしてまた、正直に言ってジオラマがなんだかあまり出来が良くない…。
(いつもとは違う方が担当されています)

ガルタイガーやキングライガーに、各部にスラスターがついていていかにも宇宙用!みたいな改造がされていれば良かったのですけどね…。
アクアコングは酸素ボンベみたいなものを背負っているし、デスデプスという水中型デスザウラーは頭部を球状のカウルで覆っています。
というように、その場所に適応させる為の改造がないのがちょっと、、、いただけないと思います。

ジオラマ中で全ての機がビーム砲を撃っていませんが、宇宙では格闘戦で戦うのが常なのでしょうかねぇ。

No title

「宇宙でのたたかい」のページで、右下にキングライガーとガルタイガーが並んでるのがなんだかすごい可愛いです。
ページを見ながら「ほぇ~すっごい~」って言ってるように見えますw

No title

確かにw
欄外とはいえ仲良く並んじゃってますねぇ。

No title

そう言えばスパロボだとゲーム的な都合もあってかジェネシス組のゾイドなども宇宙で戦えましたね。
(まあ、フルメタルパニック!シリーズのアームスレイブやマジンガーのボスボロットなどの地上用の機体も多少の改装で宇宙に行けちゃうのがスパロボですが・・・。)

ただ、陸戦ゾイドは全体的に宇宙に対する地形適応が低いから地上マップ程の性能を発揮できなくて装備や編成などで手を入れないと大苦戦だった思い出があった気もしますが・・・。
(飛行ゾイドのレインボージャークに関してはその限りではなかった記憶があります。)

そう言う事もあってこの宇宙戦の様子は色々な意味で凄いですね。

個人的にはジャイロクラフターやウイングライダーが付いていればもっとそれっぽく見えそうだと思います。
ただ、ジャイロクラフターに関しては宇宙でどれくらい役立つかが気になりますが・・・。
少なくと推進力にはならなさそうですし・・・。

No title

スパロボに出る以上は宇宙は必須ですねー。
ギル・ベイダーなんかが出演すると凄い強さになりそうですね。

ジャイロクラフターは空気を利用するものなので、宇宙ではあまり役に立ちそうにない気もします。
でも、「それっぽさ」は演出できますね。
このジオラマ、あからさまにノーマル仕様なのに「宇宙用」としてあるのが強引すぎる…。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント