キンゴジュさん

バトリサ3巻、戦史がざらっと書けました。また、その他のページも一通り書けました。

戦史の画像はまだ全然だし、全体的に調整も必要ではありますが、製作ペーストしては割と順調かな?
「夏」という予定に何とか間に合いそうです。できれば「夏の間に」というのはデッドラインとして、前倒しにできるならその方が良いかなと思っています。
ただし、急くよりも、入念に読み直し調整して完成させたいとは思います。

表紙や裏表紙はこれから。空の色が良い日を狙って撮影に行かねば。
やっぱりキンゴジュかなーと思っていますが、できればギル・ベイダーも連れて行きたい。
ギルは飛ぶからなぁ…。どういうアングルで撮影しようかしら。
可能ならポーズ付けもしたいのですが(2巻の中表紙のレドラーみたいに脚を)。

しかしなあ。キンゴジュはあれですね。デカいのはいいんですが、動かすと音がするじゃないですか。でっかい、マジのスーパーサウンドブラスターが鳴るじゃないですか。

スイッチを入れると、友軍である筈の俺にまで容赦なくスーパーサウンドブラスターを浴びせてきやがる…。
キンゴジュは敵にとって脅威なだけじゃなく、友軍にもかなり危ない兵器かもしれませんな…。

そういえば、「暗黒首都攻略戦」に投入されたキングゴジュラスは、味方部隊が正面から攻めたのに対し、こやつだけは単機で反対側から攻めていた。
そしてスーパーサウンドブラスターを使っていた。
友軍への被害を避けるべく反対側から突入して使ったのかな…。
キンゴジュがスーパーサウンドブラスターを使ったシーンというのは、だいたい味方機が周辺に居なくてキンゴジュと敵ゾイドのみの状態の時。
うぅーん、強力だが使いにくい装備なのやもしれませんね。

まあ、味方ゾイドは居なくても歩兵はしっかり居ますけどね。

高速ゾイドに随伴したり、マイナス50度のブリザード吹き荒れる大氷原でも外で歩いてたり、スーパーサウンドブラスターを浴びたり…。ゾイド星の歩兵は大変すぎるぜ…。

まあ、それは置いといて。
野外撮影でキンゴジュをする上で凄い難題があるのです。
例えばデスザウラーは

このように口の開閉を両パターンで撮っているのです。このようにポーズ付けを出来る限り行った上でやるようにしているのですが、うむ。問題はここですね
野外撮影でポーズを変えようと思ったら、その…、
GYAAAAAAAAAA!!!!

というキンゴジュの絶叫が野外で広がるという事がね……。

もはや人の目は慣れたんですが、さすがにキンゴジュの絶叫はなあ。
うむ、もう開き直って頑張りますぞ。
しかしキンゴジュは切実にサウンドのON/OFF機能が欲しかったなぁ。
むしろ、なんでないんや…。ライトユニットは別スイッチなのに…。
外でも困りそうですが、家の中で動かす時も一苦労なんですよね。隣の部屋からの苦情的な意味で。

ギルの方は、以前に入手した、
こやつ

を、リバセン版のパーツを使って復元して使いたいです。
リバセン版は完全復刻に近いですが、[クリアパーツの透過度が低い][黒パーツにツヤがない]という二点のみ違う。
といっても、誤差レベルで文句も何もないのですが、まぁ、なるだけ当時品で撮りたいという自己満足的な感じです。

まぁ、そう言ってる一方でキンゴジュは当時品を持ってないのでリバセン版で代用するのですが。
キンゴジュの方はギル以上に復刻具合が高く、背中のライトユニット用のスイッチが旧版:赤、リバセン版:黒という違いくらいかなぁ…と思います。
リバセン以前にあったコンテスト景品のキンゴジュとかはどうなってるのかな。

まあ、そんなわけで、行けるタイミングでいって来ようと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

大氷原

大氷原で思ったんですが、疑問に感じたことが2つあります。

①そもそも何故大氷原に共和国軍は行ったんでしょうか?
帝国軍に不穏な動きがあるから行ったんでしょうが、戦略的に重要な場所とは思えません。
②ゴルドスとバリゲーターがイェティコングにやられている描写がありましたが、ゴルドスはともかく何故バリゲーターは行ったんでしょうか?
爬虫類である以上寒さに弱いからどう考えても不向きだと思います(無論、地球上のワニとは違うといえばそれまでですが)。

あと最近ゾイドコアボックスを入手したので気になることがあったらコメントしたいと思います。
長文失礼しました。

No title

ハイパーサウンドブラスターの威力や攻撃範囲ってどんなもんなんでしょうねぇ…
アニメの荷電粒子砲がなんでも溶かすイメージあってイマイチイメージしにくい荷電粒子砲んlが強いってイメージ定着しtyってるんです

No title

キンゴジュはスピーカー部分のスリットをテープで封印してもうるさいうるさい・・・。なかなか動かしづらいんだけど動かさないとモーターはダメになるし・・・。困ったものです。

歩兵さん

歩兵たちは、いったいどういう一日を送っていたんでしょうね?
ゾイド同士の戦闘の足元でウロチョロしては……プチっとふまれます。
基本的に戦闘行為は行わず、もし敵から奇襲を受けた時だけ手持ちバズーカで牽制するだけなのかも。

No title

キングゴジュラスについては、ぜひとも懸賞品の
プロトタイプキングゴジュラスの存在を考察してもらいたいなあ
と思います。
色がブルーという事で、装甲が仮や従来素材による形状試作
試作という可能性や、搭載新兵器類がまだ装備されていないとか
あったりするのでしょうか?

キンゴジュを初めて動かした時、モーターが壊れたのかと思いました
当時品は断言できませんが、リバセン版は動力ユニットのスピーカー周辺はビス締めで割と簡単に分解できたので『ソレ』を外しました
本当のスピーカーではなく一定間隔で出てくるギアーの擦れを利用したギミックのようで、黒い板状の部品に白くて薄いプラスチックの皿みたいなコーン部品が付いており、これが音を増幅しているようでした
この発音機構に配線はなく、その部品も簡単に取り外しでき、無くても他の動作に影響はなく、音を大幅に軽減できました
単純な部品でしたがあんなに大きな音になるとは。実際の仕組みと武装の設定がうまくリンクしていて感心しました

No title

リバセンギルは歯がマイルドになってませんでしたっけ

罪悪感

やっぱりキンゴジュうるさいですよね………。
私は実家暮らしなので動かす際家族に迷惑掛けていないか心配になります。

No title

>YHさん
大氷原は中央大陸の北端です。
中央大陸は「中央山脈」が東西を隔てている事から、互いに攻め込みにくいという事情があります。
ですが、北端と南端のみ山脈が途切れています。
すなわち、この地点からなら陸路で進軍が可能なわけです。
(コングやサーベルは山脈を突破できるが、それでも容易に通れるルートがあるに越した事はない)

実際に、開戦時に帝国軍は南端から進撃し共和国領土クーパーやグレイへ攻め入っています。
この事もあり、共和国軍は山脈が切れる南端と北端を戦略上の要地と捉えていました。

北端は、北端であるがゆえに海に面しています。
なので、その防衛にバリゲーターが配備されているのは必然でしょうね。
バトスト3巻のクック湾襲撃事件でもバリゲーターは居たので、寒冷地への耐性はギリギリであったとみています。
むろん、幾らかの低下はあったと思いますが。
(それでも、同時期の他の海戦用ゾイドがフロレシオスかアクアドンくらいしかなかったので仕方なかったとも思えます)

以上の様に解釈しています!

>No Nameさん
たぶん、「音」という特性から前方に扇状に広がりながら飛んでいくと思います。
荷電粒子砲が「跡形もなく破壊する」ものであるのに対し、音波振動を利用するスーパーサウンドブラスターは「部品が全てバラバラになり崩れ落ちる」ようなものと推測しています。

>アングラーさん
同じ対策をしていますw
やっぱり同じ考えに行き着きますよねぇ…。
それでもなおうるさいんですよね。
キンゴジュのギミックとしては最高だと思いますが、もうちょっと抑えてくれると嬉しかったですね…。

>アンキロさん
キンゴジュは足の裏もデッカイですからねー。
こわっ・・・。

>No Nameさん
プロトタイプは解釈が難しいですよねー。
戦闘に参加した記録がないので、なかなか難しい、、。
幾つかの仮説くらいは、近くに出してみたいと思います。

>横転臼砲さん
同じく、壊れたのかと思いました。
ギミック、うまく工夫して作られていますね!
最終ゾイドに相応しい構造ですねぇ。
なるほど、音をそのように対処する事が出来るとは・・・。
その構造ではON/OFFの切り替えは難しいですねぇ。

>No Nameさん
そうであるらしいのですが、今ひとつ違いが分かりません・・・。
ミックスして復活させる際に比べてみて、違いが顕著であるようならまた記事にしてみたいです。

>スサイド生田さん
動かす前に別の意味でドキドキしちゃうんですよね…。

No title

キングゴジュラスの去勢についてはこちらをどうぞ。
http://blogs.yahoo.co.jp/d_k_2_q_e_r_g/17788962.html

ギルの新旧の違いは10好きさんのギルドラゴンレビューページが詳しいです。
下顎側牙の方が削られ具合が顕著ですかね?
http://hanegaru.main.jp/d2005_046.htm

No title

ありがとうございます。
参考に致します。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント