デス・バーン

暗黒軍最強ゾイド、ギル・ベイダー


これをも超えるゾイドとして計画された幻のゾイドと言えば、「デス・バーン」





その姿はホビージャパンEXの広告、またはファミコンのゾイド黙示録でのみ確認できる…。
そんなデス・バーンを描いてみました。


ギル・ベイダーの改造ではあるんですが、各部なかなか変わっているのでかなり苦労しました。
側面からの資料がないので、完全再現は無理。
なので、ある程度のアレンジを入れながら制作しています。
広告のを見ると、例えば背中のキャノン砲はウルトラキャノン砲、両脇の砲はゴジュラスキャノン砲なのです。
さすがにそれはどうかなあと思い、意図的にアレンジした場所もあります。


ほとんどギルのままなんですが、頭部のキャノピーを廃止した事や先端を伸ばした事で上手く別機としての印象を得る事に成功していると思う。
…広告のを見ると、コックピットが剥き出し(バーサークフューラーの素体のように)になっていたのですが、さすがにどうかという事で天盤を足しています。



黒い竜から燃えるような赤い竜へ。
おそらく、このデス・バーンは、開発期間短縮のためにギルの資材を流用した先行実験機のようなものと思われる。
もう少し暗黒軍に余裕があり、なおかつ彗星飛来が無ければすべて独自のパーツを使った状態で完成していたであろう…。
今回はギル・ベイダーの改造機的な状態で作っていますが、いずれ「完全な完成形」を妄想してすべて独自の線で描いたりもしてみたいなあ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

 デス・バーンの見た目は禍々しくて大好きですが、
①ギルのメイン兵器ビームスマッシャー・ツインメイザー・プラズマ粒子砲(多分これも無いですよね)をなぜ廃したのか。
②重く空気抵抗をもろに受ける武器を背負ってなぜマッハ4.2で飛べるのか。

 等がやはり気になる点であります。どういった作戦や戦い方を想定して開発した機体なのか、考察しがいがあると思います。あと、やはり電磁シールドが使えるのか等も。(ただの飾りではないと思います)

No title

この数値がどこまで信用できるかは謎ですねー。
重量も、これだけ砲が増えていたらもう少しありそうです。
「計画値」と捉えてみても面白いかもしれませんね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント