ガン・ギャラドというゾイド

大型ゾイドはそれぞれ華やかしい成果を挙げ戦史にその名を残します。
活躍は二面であると良いなと思います。
一つは戦術的な勝利。これは、ガブラスターがデッド・ボーダーに勝った!というような。
もう一つは戦略的な勝利。これは、ガンブラスターをきっかけに共和国軍は戦況を好転させた!というような。
個々の戦闘と、戦場全体に与えた影響ですね。

今日はガン・ギャラドの話。


さて、ガン・ギャラドは前者としては申し分がなく、オルディオスに快勝しマッドサンダーにも勝利しています。
しかし、後者としては、んー…。苦い。
共和国軍は進撃をやめなかったしガン・ギャラドはそれを止める事ができなかったものなぁ。

「悲劇のゾイド」というのは割と好きで、例えば十分な能力を持ちながらもその後の発展が反則級すぎて陳腐化してしまったマルダーとか、制空権奪取を使命に帯びながらもそれが叶わなかったシュトルヒとかなんですが、でも大型ゾイドはやっぱり戦況を変えて欲しい!と思ってしまうところはあります。
まあ、あれだけ華やかな見た目と性能を持ちながらも戦況を変えるには至らなかったという所こそがガン・ギャラドの魅力なのかもしれませんが。

ですが、ガン・ギャラドには可能性はあったと思います。
戦況を変えるに至らなかった唯一の理由は、配備数だと思います。
オルディオスとガン・ギャラドには、おそらく1年ほど完成時期に差がある。
オルディオスは、やはり対ギル・ベイダー用に最優先で生産されただろうから、この差は如何ともしがたかったのだろうなぁと思います。

可能性というのは、生産数です。
もしも、もう少しだけ時間がありガン・ギャラドの数が増えていたら…。
時間がたてば、当然ながら同時にオルディオスの配備数も増えるわけですが、ここでは二つの可能性を考えます。

一つ目は、オルディオスと比し生産性で同等ないし上回っていた可能性です。
オルディオスがキメラ(馬+鳥)だとすれば、製造には通常より倍の野生体が必要である事と、キメラであるがゆえに製造上の困難があると思います。
それでも超重爆ギル・ベイダーよりははるかに高く確保されていたのは確実ですが。
生産性に関する推測は、
ガン・ギャラド>オルディオス>>ギル・ベイダー位のイメージをしています。
共和国だからと言って必ずしも同クラスで生産性が上という訳ではない事は、コングとゴジュラスの例からしても明らか。

二つ目は、必ずしもオルディオスと同等の数は必要ではないという事です。
オルディオスの最大の功績はギル・ベイダーに運用制限をかけた事。
これを護衛するのがガン・ギャラドなので、要はその任務に対し必要な数をそろえれば良い。
ギル自身にもかなりの戦闘力があるので、それと共闘しオルディオスと戦い十分な成果を挙げるとすれば、幾らか劣った数でも大丈夫と思います。

なので、もう少しだけ時間があればガン・ギャラドの数は増え戦況を優位に逆転させていたかも…。
共和国軍はガン・ギャラドの出現後にも臆さず前進を続け、暗黒首都に迫ります。
しかし、もしかするとガン・ギャラドを恐れたから短期間で攻略する事が必須となり作戦を強行したのかも…。
いわば、ガン・ギャラドは強力であるがゆえに危機感を抱かせ結果としていえば敗戦を早めたという推測です。

強力な兵器は、必ずしも戦況を優位にするわけではない…。
かつてドイツがV2ロケットを開発・投入した際に、イギリスは全く迎撃する事ができなかった。
迎撃ができないので、攻撃を阻止するには基地そのものを破壊する必要があり、むしろドイツへの侵攻を早める事なった。ドイツの敗北を早めた兵器とも言える。
ガン・ギャラドはこのようなゾイドだったのかも…。

ガン・ギャラドの脅威を受け、共和国軍は強引な進撃を進め決着を急いだ。
キングゴジュラスには、もしかしたら対ガン・ギャラド用の意味もあったのかも。
そういえば、キングゴジュラスはよくガン・ギャラドに対峙し破壊しています。

あと、キングゴジュラスといえば、最近になって就役時期について考えを改めることがありました。
今までは、

こちら、暗黒首都攻略戦が行われたのがZAC2055年9月。
小三ではこの号でキングゴジュラスが初登場しているので、ZAC2055年10月に就役とみていました。
ですが、よくよく考えるとそれは性急かなと思いました。
なぜかというと、この後、「首都攻略→ガイロス逃亡→追撃の後にラストバトル(ギル・ザウラー)→彗星落下」となるわけですが、ガイロス逃亡~彗星落下までの期間はおそらく極めて短期間の内に行われている筈です。
彗星落下はZAC2056年。
という事は、
「暗黒首都攻略戦はZAC2055年9月に始まった」
「暗黒首都の防御は固く、攻略は年をまたいで行われた」
「ZAC2056年になってキングゴジュラスが完成し、攻略部隊に合流した。これにより共和国軍は首都を攻略した」
と考えた方が自然かなと思い直しました。
小三の暗黒首都攻略の号は、ZAC2055年9月の暗黒首都攻略開始~ZAC2056年のキングゴジュラス参戦までを紹介した号と解釈しました。

末期についての考えもずいぶん整理できてきたと思います。
という事で、近日中に三巻のお知らせなんかも行いたいなと思います!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ガンギャラドの構成を見ているとデスバーンはギャラドに
良く似ているような感じがします。
思うにガンギャラドの性能・戦果をギルに取り入れた
戦況を一変させられる超高性能機の開発を目論んだ機体こそが
デスバーンなのかもしれない、かも。
しかし、ただでさえ末期完成のガンギャラドの要素+αを
組み込もうとしたために、出撃させなければならない時は
未完成の域でしかなく、砲や翼は全て仮設・アイスメタル装甲は元より
キャノピー他基本装甲すら満足に装備していなかった、とか。

では完成系デスバーンがどのような形だったのか?
デスバーンの装備は接近・格闘戦装備を排除し、射撃装備
を増加させている事から、上空より一方的に敵を殲滅する
タイプなのかと思います。
そういった意味では頭部に装甲を乗せていなかったとしても
サラマンダーのミサイル席にすら剥き出しで乗る事ができる
ゾイド人には問題なかったのかも?

ギル+ギャラド+遠距離射撃武器が基本構成とすると
サラマンダーの骨翼→ギャラドのクリアー翼
ゴジュラスキャノン→新型長砲身連装プラズマキャノン
背中ウルトラキャノン→ギャラドのハイパー荷電粒子砲
むき出し頭部→ギャラド構成を生かした装甲型
尻尾の切断翼もゴッドテイルになったかも。

No title

共和国側はガン・ギャラドの配備数が少数のうちに一気に勝負を決めにきたというのはなるほど納得です。
仮に十分な数が用意されギルを護衛しながら戦線を押し戻せば今度はとてつもない戦闘力をもつキンゴジュを持ってしても配備数の少なさが原因で共和国側が苦戦を強いられていたかも…。
一見キンゴジュはダメ押し感が強いですがタイミングを間違えれば一転しかねない戦況だったのかもしれませんね。

No title

ガンギャラドの生産性はどうなんでしょうか。
自分はガンギャラドの生産性はオルディオスとあまり変わらないと思います。
確かにオルディオスはキメラ生物がモチーフなので、馬型野生態に1から作った人工の翼を増設している、または鳥型野生態から翼を移植しているのでどちらにしても普通のゾイドより生産が難しそうです。

ですがガンギャラドもあのサイズで大規模な可変機構を装備(デカイのでベアファイターの非じゃないぐらいデリケートで緻密な作りだと思われる)、更にアイスメタル装甲も施している点で決して生産性が良好とは言えないのでは無いかと・・・・正直あまりオルディオスと差が無さそうです。共和国は国力もありますし。

おそらくダークホーンやデッドボーダーを援護するために地上戦に対応できる可変機能や格闘戦に対応する武装を持たせたのでしょうが、これは結果的には生産性を落としてしまったなと思います。完全な対オルディオス特化した機体であればもっと数多く生産できたでしょうね。

No title

ガンギャラドの生産については同種とも言えるドラゴン型のレドラーが
大量配備され、野生体が枯渇せず後年でも序盤から登場していること
ガンギャラドの装備品がそれ程特殊なものではない
→アイスメタル装甲・ハイパー荷電粒子砲・クリアー素材の翼も他機体で既出
末期にも関わらずガンギャラドが相当数戦場に登場している
そういった点から、大型機にしては生産可能数及びコストや技術的障害は
問題にはならなかった優秀な量産可能な機体だったのかと思います。

No title

ペガサス型はオルディオスが初なので特殊な感じがしますが、羽付きトカゲの野生体が居るなら羽付きウマの野生体が居ても然程不思議ではない気もします。
ゾイド世界の野生体事情は気になりますがなにぶん想像に依らざるを得ないところがありますね。地球と違って四肢のグループの他に羽含む六肢で進化したグループが居るのかも・・・

No title

確かにガン・ギャラドはオルディオスに比べて多少は生産性に優れてそうですね、
アイスメタル装甲や可変機構の搭載など、ガン・ギャラドには機体の構造的に高コストになり得る要素がある一方で、
コアは野生体のものをそのまま使えそうだから、コアの調達に関しては案外容易なのかもしれません。
対してオルディオスは、もしキメラタイプのゾイドであるとすれば、
それ用にコアの合成や調整をしなければならない分、強力だがコアの合成・調節の分生産に手間がかかる為、ガン・ギャラドと比べて生産性は相対的に低いのかもしれません。

ガン・ギャラドの脅威度は改めて考えてみると厄介ですね。
当時の共和国軍の空中戦力の要であるオルディオスを抑えられてしまうとまたギル・ベイダーが猛威を振るうだろうし、
可変機な分運用できる幅も非常に広いであろう(場合によっては陸戦機として使われる事もあるだろう)事から、
共和国が数を揃えられる前に一気に決着つけようとするのもあり得るかもしれません。
もし共和国がキングゴジュラスなしでも暗黒軍に勝利できる可能性があったとしても、その場合はガン・ギャラドが最も厄介な存在になったと思うし、
そうなるとやはりキングゴジュラスは共和国の切り札として欠かせないゾイドなんだと思いました。

No title

>No Nameさん
ガン・ギャラドもデス・バーンも共に一撃必殺の大型武器を持っていますね。
頭部や翼は確実に未完成…って気がします。
特に、翼はモロに共和国軍サラマンダーの流用なので、せめて暗黒軍チックにして欲しかったです、、。
そのうえで、贅沢を言えばギル・ベイダーからの流用部品も少なく、独自パーツを高めていきたい所ですね。

>しめじさん
余裕でしたがダメ押しでキンゴジュ登場させましたー というよりは熱いドラマがあった方が手に汗握りますものね!
ガン・ギャラドもキングゴジュラスも両方生きてくると思います。

>セイさん
可変機構は確かに複雑でしょうね。
ガン・ギャラドも、ギルほどではないが暗黒軍の国力をきわめて高く圧迫するのは確実と思います。
ただ、可変機構については以下のようにも思います。
●もともとの野生体も可変可能である(ガンギャラドもベアファイターも)
●ただし、戦闘ゾイドとして「瞬時に」体制の切り替えが行えるように最適化している
たとえばゴジュラスも前傾は可能だと思いますが、そのための専用機構を装備していないので「緩慢に」しか行えない。
しかしベアやギャラドは変形を「瞬時に」行えるという考えです。
すなわち変形機構は1から作ったわけではなく元々ある機能を「改良」している。なので費用を極端に圧迫する要素ではない と考えています。
その他の装備では、パルスキャノンという共通武器を持っている事は生産性に配慮しているのかなーとも思えます。
まぁ、それでもハイパー荷電粒子砲なんかも持っていますので、やっぱり生産性が優れているとはいいがたい事は確かでしょうね。

アイスメタルは、むしろその後の「維持」が大変そうな印象があります。
なにしろ反射ではね返すのだから常に磨き上げて最適にしなきゃならない・・・。

生産性が良いわけではないが、イメージほど極端に悪いわけではないが、それでも国力をかなり圧迫する程度ではあるが、暗黒軍が全力で生産したのでギリギリで順調な生産ペースが維持できた
みたいなイメージをしています。

>No Nameさん
野生体はレドラーよりは貴重だがギル・ベイダーよりははるかに多い 感じでしょうね。
そういえばレドラーは新世紀でも序盤から登場している…。という事はドラゴン型ながら想像以上にとんでもない数が居るのでしょうね。
ガン・ギャラドの装備は一つ一つ精査したいですね。
ある程度の生産性が配慮されている事はパルスキャノンに象徴されている気がします。

>No Nameさん
オルディオスはキメラでいいかなーと思っています。
というのも、そこまで強力なら中央大陸戦争で既に登場するんじゃないかなーと思ったからです。
ただ、以前はペガサス型やグリフォン型も野生体としているんじゃないかなーと思っていました。
野生体の研究はまだまだ続けて行きたいです!

>ラウルさん
あと、もしかするとですが、オルディオスはキメラゆえに生命が短い(早い段階で退役させなきゃいけない)とかもあるかもしれませんね。
ガン・ギャラドは50作れば50機配備だが、オルディオスは100作る間に30機ほどキメラという要因ゆえにコアの限界が…みたいな。

ガン・ギャラドは本当に優秀ですね。
同時期の共和国新鋭「バトルクーガー」がまるで相手にならない事が強さを物語っている…。
ガン・ギャラドが勝利における最大の障害だったとすれば、それをキングゴジュラスに乗り駆逐したヘリック大統領は大いに英雄視されただろうなあ…。
そういう計算があって乗ったのだったりして。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント