ギルの撮影

さて、

このギル・ベイダーを…、


洗浄しました。
もちろん、3巻表紙用の野外撮影の為!

部品が一部足りていないので、リバセン版で補いました。
補っている中で、予想以上に当時品と復刻版が違うなと気づきました。

・装甲の黒が、当時品はツヤ有。リバセン版はツヤ無し。
 ギルにはツヤ有の方が似合うかなーと思いました。

・クリアーパーツの透明度がまるで違う。
 透明度に差がある事は知っていましたが、その具合は想像以上でした。

 …ちょっと分かりにくい写真になってしまいました、、、。
 (そのうち撮り直します)
 下が当時品。
 透過度が高いので、裏面にあるディティールまでひと目で分かる位に透き通っています。
 透過度が高いので、当時品はややピンクっぽい色に。リバセン版は真っ赤な感じに見える。

・青パーツの色がかなり違う。

 当時品は左。リバセン版の方は右。
 これは驚きました。こんなにも差があったんだ…。

・銀、紫のパーツにも微妙な差が。
 銀は、リバセン版の方はややザラついた感じの質感。
 紫パーツも、彩度に差がありました(青パーツ程の差はない)。

予想以上。
うーん、キンゴジュも当時品とリバセン版では結構差があったりするのかな…?

といっても、パーツを一部補うくらいには十分に機能してくれる。
差に気付きつつも、パーツを補い完品状態にする事ができました。



ちう事で、撮ってきました。
やはりクリアパーツの差が大きい。この綺麗な透過度は、当時品ならではだと思う。

見ての通り、シールも貼ってあります。洗浄時にできるだけ剥がれないようにしていました。
貴重な旧シールだし、とても綺麗な貼り方をしてあったので。
やっぱり貼ってある方が「らしい」ですね。

・・・そういえばどうでもいい話なんですが、
ギルには「90」のシールが入っています。オレンジのやつですね。

ギルと言えばゲームボーイの「ゾイド伝説」のラスボスなんですが、

このシールは再現されてたり。

このギルのドット絵は、ゾイド伝説の中ではとてもクオリティが高い!
ちょっと下あごがしゃくれてるのだけは気になりますが。


そんなわけで、表紙も近日中に公開できるといいなと思っています!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント