大きさにおける個体差について

先日更新したコラムからちょっと面白い話題が出ましたので、それについて。

「ゾイドの個体差」に関するもの…、要は、ゴジュラスというゾイドは量産されているわけですが、その全機は同じ寸法であるかというような話題です。
件のコラムで「大きなデスザウラー」のような妄想をしたわけですが、そこからですね。

さて大きさに個体差があるとすれば、やや大きなゴジュラス、普通のゴジュラス、やや小さなゴジュラスなどが居るという事になります。



こういう事に対して、以前は「ゾイドと言っても工業製品なのだから、全て規格化されているだろう」と考えていました。
つまり「差はない」という考えです。
規格化によって部品の互換性も生まれるし生産性も大きく増します。
(個体差というのはパワー値や性格の差などであると考えていました)

ですが、最近はあってもいいのかなあという位に考えるようになりました。
これは「考察した」というより、単純に感情として「それでもいいかな」と思ったからという段階ではあるんですが。

大きさに差があっても良いのかなと思うようになったのは、最近リリースされた二つのシールドライガーが原因です。
ThreeZeroのシールドライガーと、マスターピースのシールドライガーです。




両者共に設定上は1/72でありながら、本家キットよりデカいのですね。

他にも、MSSのハンマーロックも、そういえば大きかったなぁ。
HMMの多くの機も、大きくなってる。特にゴジュラスが顕著でした。

と、そんな感じで、これらの影響を受けて、あってもいいのかなと思うように変化しました。

これらの従来とは大きさの違うキットは、すべて造形として魅力的です。
なので出来れば肯定的に捉えたいなあと思ったわけですね。

あと、コンセプトアートの影響もけっこう大きいかもしれません。(新刊は出ないのか…)
あの世界観だと、個体差が極端にあったように感じました。

あ、あともう一つ。
外伝であるとは思うのですが、ゾイドジェネレーションズに登場する「ライガーブルーソウガ」も好き。実は一番好きなカラーのゼロかも…。
(ソウガは設定上では一回り小さいゼロとされている)


で、ゾイドを工業製品として捉えたとしても、大きさに差がある事は不可能ではないのかなとも思いました。
むろん、個体差を許容すると生産性やメンテナンスの面で諸々の問題を抱える事にはなるのですが、100体いたら100種類があるというような極端なものではなく、大雑把に「S」「M」「L」くらいがあるのかなと考えてもいいのかなと。

服と同じですね。製品としての統一は必要だけども、個人差が大きいのである程度の区分は必要という感じ。
で、それに加えて規格外のサイズを作る場合もあったり。

こんな風に考えると、工業化と個体差を同時にクリアできるんでないかなと思いました。
大ざっぱに大型個体はL型の仕上げに。標準個体はM型に。小型個体はS型に。

また、
「共和国はゾイド本来の力を活かす設計を得意とし」「帝国は押さえつけて制御し統一する傾向が強い」
なので、共和国ゾイドには「S型」と「L型」の差が大きく、逆に帝国機は少ない(あるいは、種によっては全く無い)と考えても面白いかもしれませんね。

・「S」「M」「L」それぞれの大きさがあるけど、武器やコックピットなどの装備についてはある程度は互換性がある。
 何故ならそれらは外付け装備であり載せれば良いだけなので。
・といっても、中には大きさが違えば共通化できない物もある(各部の大きさにピッタリ合わせて造った装備など)。

この通りだとすると、帝国側の方が「生産効率で上回る」事になります。個体差が少ないので使いまわせる部品が多い。
もしかすると、物量差を乗り越えて善戦した帝国軍の秘密がここにあった…、というか、言い換えてみれば「共和国は国力があるので余裕があって個体差を許容した」けども、「帝国軍は国力の低さから個体差を減らしできるだけの均一化を図らねばならなかった」と考えたら面白いかもしれませんね。

初期においてゾイドワールドでは共和国=善、帝国=悪という展開が行われましたが、その際に根拠とされたものの一つがゾイドへの扱いでした。
「帝国はゾイドを兵器としてしか見ていないので、ゾイドを活かさず制御しているのだ」のように書かれているものがあります。
この事も、別に帝国側の思考が悪人的なわけじゃなく、全て国力に由来するものだったのだ…と考えたりしたら面白いかも。


いつっだったか、ガンダムで「ガンダムは色んな形のキットがあるけど、それを全て肯定したい」というような提唱を聞いたことがありまして、そのような考えに凄く共感しました。
ガンダムはワンオフ機だけど、色んな戦場に出撃しているからその都度調整を受けたり装備を変えたりしている。
旧キットやHGやMGやPGなどなど色んな造詣があるけど、それぞれ「その時の出撃の仕様」を捉えた者であり全て正しい…。
また、量産機であるザクやドムに至っては量産であるからどの造形も正しい……というような。

ゾイドも色んな造型が出ているので、できるだけ多くを活かす方向で捉えていきたいなと思います。
この件に関しては、ひとまずそんな感じです。

今回の記事を書いている中で、フィクションに対するアプローチやなんかについても考える事があったので、それはまた後日に…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

洋服のサイズくらいの違いがある、か…考えたことなかったですね

アニメで同じサイズのゾイドが複数体同じ背格好で出てきても何ら違和感なかったですが…

つまりアニメのデスザウラー、ウルトラザウルスは同一種のなかでもずば抜けて育ちがいいってことに!…ないかw

No title

ガンダムの例では「戦場カメラの解像度」による被写体の写り具合により
それを再現したために形状違いが生まれたという解釈もあります。
要するに、「見る者により見た物が違う」という事を
上手く?解釈したものですが
ゾイドについても大きさは設定されていても
「実はもっと細部は異なっているんだ」「設定よりも大きいんだ」という
解釈があってもいいのかもしれません。
ただガンダムとゾイドが異なる「生命体」という余地から実際の大きさが
異なる機体も有り得るのでは?という面白さがゾイドにはあるのだと思います。

またアニメの描写により「もっとデスザウラーやウルトラザウルスはとても
大きいんだ」というイメージがそれに拍車をかけているのではないかと。

個人的には、ロールアウト時は同一機種の全固体の大きさは同じであるが
野良となって野生化したり、先頭を経る中で自己再生等を繰り返す内に
コアに眠る生存本能や成長遺伝子が覚醒し、戦闘ゾイドに改造されたにも
関わらず、その装備もろともに成長するようになった。
また、完全覚醒した際は暴走デススティンガーの例もあるように
コアの増殖及び繁殖能力も復活する。という事もあるのかなと思いました。

No title

ひとつ疑問があるとすれば、
成長した際の実弾武器を始めとする武装や
装備全般はどうなるのでしょうか?
武器も金属細胞に取り込んで成長と共に大きくなるとして
消耗品の弾薬は
・体内で生成
・補給後適正サイズまで成長
・口径等サイズは既存のまま、武器外見のみ体と共に大型化
ゾイドでも「弾切れ」は存在しているので、
その辺も考えると面白いかもしれません。

また、超大型ウルトラザウルス等、大型ゾイドの更なる成長は
イメージできますが、ディメトロドンやディバイソン等、そのサイズでの
優秀機が成長・強化されると恐ろしいことになりそうな気がするので
その生物の限界としてあまりに逸脱した成長はないのかもしれません。
限界突破する伝説の機体もありそうですが。

歴戦の長命機体であるにも関わらずサイズは一切成長しない
代わりに強度や敏捷性、固定武装の威力は桁違い
(但し操縦性パイロット適合は困難を極める)なんていう
物語性もあるかもしれません。

逆に、アニメのウルフ→サイクスのコア移植のように
戦闘ゾイドとして改造され、成長を遂げてコアの成長に対して
ガワが限界に達したとしても
ガリウス→ゴドス→ゴジュラスもしくはアロザウラー のように
コア移植によってある意味進化を続ける事ができるかもしれない
可能性もあるのではないでしょうか。

No title

単なる工業製品と違ってゾイドはある程度自己修復ができる、っていうのもおおきいですよね。
すくなくとも通常の工業製品よりゾイドのメンテっていうのはずっと安く済むのかも。
野良ゾイドなんてのが動き続けられるくらいですし。
だからその安く済む分、サイズを変えて本来の個体の大きさにあわせた、コアごとの動きやすい大きさに部品を用意しているのかもしれません

もしかしたら共和国の資金的に余裕のある時期はそうやっていくつか大きさの変えたものが製造されていたせいで、物資的に追い込まれたときは整備の面では帝国よりも大変な状況に陥ったなんてこともありそうです。

No title

ガンダムだとジ・オリジンではアムロのガンダムが話が進む毎に各部がマイナーチェンジしていきましたね。
(最初はコアファイター(オリジンでは別物の戦闘機になってますが・・・。)さえ入ってなかった。)
たまにガンダムAで特集されたりもしていますが、ジ・オリジンに登場するモビルスーツは原典であるファーストのデザインとの違いもさることながら、
作品内でも時期や機体ごとに同じモビルスーツでも細かい所に差異がある事が見受けられます。
あと、ちょっと違う気もしますが、鉄血のオルフェンズのガンダムバルバトスも話が進む毎に鹵獲パーツなどで装備や姿がどんどん変わっていったりしました。

ゾイドでは帝国ゾイドの規格統一と合わせて興味深いのがバトスト4巻の「ゴーレムの奇跡」で描かれたマイケル・ホバート技術少佐が行った生産ラインの刷新で、
それまで1体のゾイドを作るのに1つの工場で(おそらく武器やコックピットなども含む全てのパーツを)最初から最後まで作っていたのを、
ゾイドをパーツごとに別々の工場で大量生産した上で出来たパーツを戦場に近い工場に運んで組み上げる方式に変える事で、ゾイドの生産数を2倍にアップしたとあります。

ここから見出せるのは、

・従来のゾイドの生産方式は1つの工場で1体ずつ全てのパーツを作って組み上げると言う方式である。

・複数の工場でパーツごとに大量生産すると言う事は基準となる規格が厳格に統一されている筈である。

と言う事で、
個人的には「1つの工場でゾイドを最初から最後まで組み立てる。」と言う事はおそらくゾイド星におけるゾイド生産の慣例で、
ベースになる野生体に見合ったサイズの戦闘用ボディを作り易いと思います。
(完全野生体ベース機もコンセプト的にこの生産方式を採用していると思う。)
ただ、その一方でこの方式はゾイドのパーツを1から10まで作る訳だから生産効率自体は比較的低いと思います。
これに対してマイケル技術少佐が行った「パーツごとの生産ラインを別々の工場で行い最後に纏めて組み上げる」方式は、
帝国がゾイドのサイズなどの規格を統一しているとすれば非常に効果的だと思います。
元々帝国は機体の規格が統一されている事で1体ずつ最初から最後まで組み上げる方式でも生産効率が共和国よりも比較的高かったと思いますが、
同時にこの規格の統一によってパーツごとの一極集中型の大量生産が可能になり、更に個々のパーツの生産に集中すれば必要になる工場の規模も1つ1つはコンパクトに納まり、
同じパーツを生産する工場を複数設ければ1つの工場を破壊された所で直ちにパーツ不足に陥るリスクも回避できるので、
ゾイドを最初から最後まで作る工場を複数作るよりも低コストで大量生産を可能にし、尚且つ全体の規格が統一されていればその分作るパーツの規格の範囲も絞れるので、
正に帝国ならではの生産ラインの刷新だと思います。

ゾイドのサイズと個体差の関係は興味深いです。
長文失礼しました。

No title

理屈で考えると統一規格が優秀だよなあと思いつつ感覚的にはあの世界なら理屈抜きにサイズ違い作りそうだというのを否定できない。
けどやっぱ原則は統一規格で、サイズ違いは何らかの事情で作られた極々少数、特注だったり特殊な出自から逸話になりやすいので我々からはそこそこいるように見えている。くらいが落ち着きます。当然にサイズ差を認めると作品の良い意味の制約が緩むというか、動物型メカからメカ動物に寄るというか。

模型の例は結局のところ誰も見たことの無いゾイド世界をどう受け止め表現したかの違いであって、私はthreezero型やマスターピース型が同じ世界に併存しているというより、同じ「シールドライガー」を各々描いているんだと思います。なんか印象派の思考の沼に嵌りそうなこと言ってますが。

No title

>No Nameさん
今回の仮定がその通りだとすればですが、おそらく大半はMサイズに該当するでしょうね。そのような事情があると思います。
また、同サイズであるほど連携もしやすいと思いますので、同じ画面に同一機が並んでいるのは「あえて揃えられた」のかもしれませんね。

ホオジロザメなんかは、標準個体と最大個体で倍ほども大きさが違うそうです。
巨大ゾイドにも、そんな感じで規格外に育っちゃったのがいたりして。

>No Nameさん
おぉぉぉぉぉおガンカメラ!!
良いですね、その解釈も。

「長く使われるうちに変化し」というのもゾイドならではの面白い解釈ですね。
生きているメカと言う可能性は凄く面白いですねえ。

>No Nameさん
個人的な解釈では武器などの「もともとの生物とは関係ない装備」に関しては再生できないのかなーと思っています。

大きさには限界はあるでしょうね。
大きな猫でも虎ほど大きくなる事は不可能なように、「その種として」はともかく、あまりにも巨大すぎる/小さすぎるのは難しいかなと思います。
ただし、それでも稀に特異な異常固体がいたりする…とか考えると面白いですね。

ガリウスのコアをゴドスやアロザウラーに というのは一応は可能でしょうね。
ブラッディデーモンがその例に当てはまると思います。
そのような偽装機でもってハッタリで敵を撃退する…なんてストーリーがあっても面白いかも。

>電子の海から名無し様さん
メンテを自動でやってくれるのは大きいですよね。
ゾイドゆえの難しい所もあり、でもそれ以上に便利な所もあり… という感じでしょうか。
野良ゾイドはメンテ不足でがたが来ているような描写もあるので、完全にメンテを無しにする事はできないとは思いますが。

共和国軍は余裕のある国力ゆえに差を許容でき、そしてデスザウラー無敵時代にはそれが仇となった・・・!
面白い説ですね!!

>ラウルさん
マイケルの革命は重要なエピソードですよね。
マイケル指揮の生産法はとにかく効率にこだわっていて、従来型のものはゾイドに寄り添っている感じですね。
ゆくゆく生産方法もまとめて答えを導きたいですね。

>NoNameさん
それも面白い受け止めですね!
実は今回の記事で「「考察した」というより、単純に感情として「それでもいいかな」と思ったからという段階ではあるんですが」と書いたように、色んな考えが渦巻いていてまだ結論には達していない感じなのです。
差を、あくまで「キットで出たんだからこのタイプも存在する」のではなく、描き方の差とするものも凄く素敵だと思います。
私も同じように解釈できないかなーと思って取り組んだ時期がありまして、また新しい記事にしますね!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント