AB仕様

先日ブレードライガーの線画を書きましたが、改めて。
シールドライガーと比べると尻尾が長いのが好きです。



尻尾はねぇ、とても好きなのです。長さの他にディティールも良い。
シールドライガーの尻尾のディティールは「○」が連続して付いてるもので、金型のピン跡のように見えるのが難点だったと思います。

ウサミミもなんだかんだでカッコ可愛くて好き。
このラインが空気の流れを調整している風にも見えますね。
尾も顔もシャープで、全体的にやや大型化しているのに速さへのイメージが損なわれていないのが良い。

反面、メカ的なディティールがやや雑なのは残念です。
また、火器のバランスという点ではシールドが好きです。ミサイルやビーム砲があるのは主力機らしい感じがする。
でも総合的には甲乙付けがたいなあ。思い入れでいえば圧倒的にシールドなんですが、ブレードもかっこえぇ。

あと、ブレードはキャノピーが黄色い特徴的なものになっていましたが、あの色はけっこう好きだったなぁ。
色というか、透明度が高いのがとても良かった。
HMMではCPとしてブラウンのキャノピーは発売されましたが、黄色くて透過度が高いのも出ればいいのになぁ…。
…素朴な疑問なんですが、なぜブレードライガーのトミーキットだけ黄色いキャノピーなのだろう・・・?
アニメ劇中ではシールドと同じようなオレンジだったと記憶しています。不思議。

まぁ、それは置いといて。
先に描いた線画をいじって、アタックブースター仕様にしてみました。



色も付けた。



このCPは青い部分が塗装済みパーツだったのが少し残念だったかな…。
造形は好きなんですが。



ブースターを内蔵しており、速度を上げる。
横に向けられないので、おそらく直線的な速度を上げるものと思われる。
ブレードで一刀両断する機体の性格からいえば正しい仕様に思えます。

そういえばアニメゾイドでアタックブースターの扱いは酷かったなあ。
登場シーンが一瞬で終わってその後は登場しないという、販促用である事を一切放棄した潔さはある意味逆に印象に残るものでした。

アーサー機の方はブレードライガー自身が「これがいい」と言う位に良い扱いでしたが。

ひっくり返すとビーム砲になります。



当時は「なんで機動力と砲撃力を両方上げてんだよ!」と割と憤慨していました。
便利すぎるのはどうなのよ、そこにリアルはあるのかい? 的な。
時期は盛り盛りな装備が増えた時期で、それに対する反感はかなりあった記憶です。

まぁ、それは今でも同じように思わなくもないんですが、んー。
でも、中身に対しては、
「通常時はブースターに使用する推力を、砲撃時には撃つ力に転化している」的な解釈をすれば良いのかなと思いました。
ただしエネルギー消費が激しくなおかつ重量もあるので、稼働時間の低下・直線的な速度はともかく旋回性など運動性の低下は避けられない的な解釈に落ち着けたいと思っています。


例えば、

これは戦闘機の通常の推力を表します。

で、

こちらは大型ミサイル(CP)を装備した状態。敵を発見次第、ミサイルを切り離して放ちます。
普通、外部装備を付けると重量増加や空理気的な難で運動性や速度に悪影響が出る…のですが、

それは現実の話。
フィクションならではの便利解釈として、

このように、「通常時もミサイルのエンジンを回し速度アップに繋げる」「敵を発見した際は放つ事も出来る」
「こうして速度アップと攻撃力アップを両立した」
みたいなものも、フィクションならありかなと思いました。
こんな事を実際の戦闘機が行う事は無茶なんですが、フィクションなら「一応は原理としては理解できる」「不可能だと断言はできない」くらいの良いバランスなんじゃないかなと。

アタックブースター超絶便利な装備ですが、このような構造であると解釈すれば一応は解決できない事もないのかな? と。
といっても、やっぱりそういった傑作装備は稀で、大半はやっぱり「右を上げれば左が下がる、さあどうする?」とか、「両立させたいけどそれは難しいから特化にした」みたいな苦労が窺がえる開発だと嬉しいのですが。
でも、ブレードライガーには華やかな傑作装備が似合うとも思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

個人的には各種武器を収納してレパートリーも多いシールドライガーも好みですが、
接近戦重視で衝撃砲やパルスレーザー(アニメならバルカンと狙撃用スコープ付き)で射撃にも対応するブレードライガーも好きですね。
(先日のブレードライガーの線画の方にもコメントしましたが、ゼロシュナイダーの様に極端に特化するのではなく接近戦を重視しつつ射撃戦にもある程度対応できるという塩梅が良いです。)
ただ、ゾイドバーサスだとミサイルの使い勝手がいいから追加でミサイルポッドを付けたくなるんですが。w

アタックブースターは一応アニメ無印だと初登場回ではジークの潜在能力開放と相まってガンダムOOのトランザム発動ばりの超機動力で瞬く間にヒルツが操るガンスナイパー部隊
(全てワイルドウィーゼルユニット装備+最後の一機はアンビエントの合体で赤く全身からトゲミサイルが生えた姿に変異)
を撃破したんですが、
レイヴンのジェノブレイカーとの対決ではあっさり外しちゃいましたからねぇ・・・。
まあ、そもそもアニメのアタックブースター登場回は初代ガンダムがアムロの操縦に機体が追い付かなくなったのでマグネットコーティングを施した様に、
晩の操縦に追いつけなくなったライガーをブースターで機動力を底上げする事で補うのが目的(しかも劇中では確か応急的な処置でしかないと言及されてた気が・・・。)でドクターD謹製のスペシャルなブースターをテストする話(たぶん潜在能力を解放したジークがマグネットコーティングポジ)な上に、
外部的にはアニメの制作スケジュールや予算の都合とかでアタックブースターを付けたままブレードライガーを動かすのに何かしらかの不都合があった可能性もあるかもしれないですが・・・。
とは言え、自分もアタックブースターがライバル対決の際にあっさり外されたのは残念でした・・・。

個人的にアタックブースターは機動力も砲撃力も同時に強化できる上にブレードライガー本体にもマッチングしたデザインという事もあって子供心に惹かれました。(一応レドラー用CPのブースターキャノンと言う同コンセプトの前例もありましたし。)
しかもフレキシブルに動く上に位置的にブレードの可動範囲と同じなので、ブレードを展開すれば横方向に推力を向けられるというのもまたいいです。

ただ、PSゾイド2のブレードライガーABS(AB仕様のブレードライガー)を鑑みるに、
火力の強化と機動性のアップを両立した一方で、
エネルギータンクの類を追加してないので燃費は確実に悪化していると思います。
(ABのキャノンも火力がある分エネルギー消費が激しいですし・・・。)

アタックブースターのメリットとデメリットを挙げるなら、

メリット
・機動力アップと火力アップを両立。

・基本的には直進のみだがブレードを展開すれば横方向への推力偏向もある程度可能。

・コンパクトなので機体バランスを崩す事が殆どない。

デメリット
・燃費は確実に悪化し、稼働時間の低下は免れない。
(仮にABに小型ジェネレーターが入っていても限度はあるし、少なくともビームキャノンはサイズ的におそらくブレードライガーからのエネルギー供給に頼っていると考えられる。)

・ブレードを展開しないと直線的な推力しか強化できない。
(仮にブレードライガー本体のブースターがアニメのように横方向に可動するとしても、位置的にABが邪魔になって横にブースターを噴かせられない。)

・たぶんキャノンとブースターを同時に使う(ブースターを噴かしながらキャノンを撃つ)事はできない。
(そもそも構造的に同時使用は想定されていないと思われる。)

と言う所だと思います。

長文失礼しました。

No title

ブレードの初期ロットのキャノピーが黄色いのは、初期デザインの名残りではないでしょうか。
コロコロに掲載されていたデザイン稿ではキャノピーが黄色く塗られていた覚えがあります。

No title

ブレードライガーのアタックブースターは弱点を補うのに利にかなったものだったとの認識でしたが…
便利すぎるそのブースターが必要なほどジェノブレイカーが強力だったのでしょう
ノーマルブレードがまさかの完敗でしたからね

No title

こまけえこたァいいんだよ!
複合武装はロマンなんです!
夢なんです!
ケレン味は大事なんです!
かっこいいんです!
便利なんです!
大好きなんです!
そりゃあもう!自作するぐらい!
如何ににシンプルかつ多機能にまとめるかですよ。
それが出来上がったとき理屈は(多少なら)どうでもよくなるんです。
だってSFだから!

そして便利な分、ギミック多い分デリケートだとか、
燃費悪いとか、使用制限があるとカワイイヤッター!

No title

フィクションならではということを受け入れられればアタックブースターはちょうどいいパワーアップ具合と外見だと思います。
 
主武器のパワーアップをブレードを大きくする方向ではなく突進力強化で表すというのはとても理にかないつつも、仮にアタックブースターの性能がそれだけだと子供向けとしては少々地味なパワーアップに感じられる気がします。
逆に火力強化のみの性能だと大きさ的にそこまで強力には見えない…とはいえシールドmk-2サイズの砲身をつけるとブレード仕様の時どう考えても邪魔でパワーアップしてるように感じづらい。
 
片方の性能だけだと強化テストで採用されたという設定としてはちょっと微妙…というものを一つにまとめコンパクトな外見も高速ゾイドに装備されるにはマッチしていて
都合のよさは感じつつも個人的には好きな装備です。

No title

>ラウルさん
ブレードは格闘超重視ではあるんですが、完全に逸れに割り振っているわけじゃなく最低限の射撃はできる感じですね。
胸部の衝撃砲の強そうな感じも好きです。

推進力については、横方向への調整は難しそうな印象も持っています。
「横に倒して」じゃないと左右にふれないので、左右のブースターを同調できないことが一点と、
やはり横に倒さないと使えないので取り回しが悪いのかなー・・・と思ってしまいます。
ブレードライガーと言えばブレードでぶった切る感じなので、一直線に駆け抜ける直線的なスピードを超超アシストする「有能であり不器用でもある」武器なのかなーと思っています。
でも、横方向への軌道への考察も進めてみたいですね。
後のライガーゼロ用CASぶ与えた影響なんかも加味しつつ考えてみたいです。


>No Nameさん
そういえば初期のスケッチではそうでしたね。
でも、同時期に公開されてたガンスナイパーのキャノピーは紫だったりしました。

>No Nameさん
元々は「火力不足が指摘されていたブレードライガーに与える大型砲」という位置づけで開発されていたのですが、「開発途中にジェノブレイカーに完敗したので機動力アップをも同時に求められて完成した」のですね。
だから両面をアップさせている感じです。

>3aさん
バランスだとは思いますが、同でも良くなるくらいの魅力があるとOKになっちゃいますよね。
そういうのが出てくると嬉しいです。

>しめじさん
シールドライガーMK-IIを踏まえたうえでブレードライガーABを見ると、改めて感慨深くもありますね。
既にライガー系の開発経験を置く積んでいた共和国軍 という事情を加味すればABの便利具合も納得ですね。

CPなのに色の使い方が豪華なのも好きです。
(従来のCPは主に一色だった)

プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント