白獅子

レビューを更新しました!
シールドライガーMK-IIです。
こちら


久々のレビューです。
もっと更新を頑張らねば…。

改良タイプにしてはボリューミーな構成にしました。
今回、ちと写真が甘いので折を見て差し替えねば…。
なお、モデルはトイドリ版で代用しています。
いつか当時モノを入手せねば!

青いライガーの方が好きではあるんですが、こやつもなかなか好きです。
金色の色合いはどうかと思いますが、なんだかんだいってバリエーションモデルの中では一番好きかなあ…。

MK-IIの外装をRZシールドに移植してアニメの量産機仕様にするのは定番だと思います!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

個人的には機獣新世紀の青が一番馴染み深いシールドライガーの色ですが、
MK-2の白いカラーリングにフレームの青や武器などの金が映えるカラーリングも好きです。
アニメ無印の量産機仕様はよーく見ると胴体が青っぽく見えるので、
MK-2のキャップとキャノピーをRZ版の物に取り換えるのもいいかもしれません。
(ただアニメだとカットによっては胴体が濃紺っぽい感じなのでMK-2の青だと微妙に色が違うかもですが・・・。)

ただ、まずはMK-2とRZ版のキットを手に入れる所から始めなきゃいけないのが問題ですが・・・。
(今はトイドリ版もあるから入手難易度は多少下がっていそうですが。)

MK-2の外装をRZ版に流用すると言えば、
ちょうどファンブック2巻のバトストで第2次全面会戦後に敗走する帝国軍の北ルートの救援にデススティンガーを擁する特殊部隊が派遣された際に相対した共和国部隊に外装を白くしたRZ版シールドライガーが何機かいましたね。

ただ・・・、その中にいたシールドライガーDCSの一撃がデススティンガーの暴走を招いたあたり、
MK-2装備のシールドライガーにはストーリー的な意味で何か憑いてるんじゃなかろうか・・・。
レイのDCS-Jも素体のバーサークフューラーに瞬殺されたし・・・。

最後に、個人的にシールドライガーMK-2やコマンドウルフNEWなどの共和国MK-2カラーのゾイドに一番やってみたいのは、それらのゾイドに機獣新世紀のオレンジキャノピーを付ける事です。
たぶん白い外装や青いフレームにオレンジのキャノピーがすっごく似合いそう・・・。

すごく懐かしいです

私は新世紀世代なのですが、実は初めて触ったゾイドがこのシールドライガーなんです。
当時父が、私が生まれる時に男の子だったら一緒に作りたいと買っておいたそうです。結局女の子だったのでしばらくしまったままだったそうですが、幼稚園にあがるときに父が作ってくれた思い出があります。もちろんその時はゾイド自体知らなくて、
「なにこれ白いサイボーグなライオンにキャノン付いてる!」「動く!カッコいい!」「人が乗ってるロボットなのにライオン!」とかそんな感想だったと思います。
でも初めて見るおもちゃで、長らく遊んでいました。どこに行くのも一緒にいた記憶があります。
それからしばらくして、小学生の頃に機獣新世紀が始まって、そこで初めてゾイドを知って、シールドライガーが青くて違和感があったのを覚えています。私にとっては白いシールドライガーが当たり前になっていたので。
この違和感はなんだろう?とゾイドを調べていくうちに昔にもゾイドシリーズがあったこと、自分の持っていたシールドライガーはその当時のものだったこと。本当はシールドライガーは水色だったことを知って、ますますゾイドが好きになりました。
何度も遊んでボロボロになってしまいましたが、この白いシールドライガーに出会えていなかったら、もしかしたらゾイドとも出会えていなかったかも知れません。
今でもこのシールドライガーを見ると、父の手で組上がっていくのを見ていた時のワクワクした気持ちを思い出します。私のなかでは、そんな運命めいた特別な機体です。
レビューを読んでいて懐かしくなってしまいました。長々と失礼致します。

私見ですが

グレートサーベルに勝利している描写はやはりあったんですね。見た覚えがあったのですっきりしました。
負けの多いゾイドではありますが、こいつがいたからグレートサーベルやライジャーにも対抗できたんじゃないかとも思いますね。

あとキットとしてはキャノンビーム砲につなぐくだがすぐに外れて苛立った覚えがあります。今では共和国軍が不器用ということを考えるとありかなという気もしますが。

No title

シールドMK-Ⅱの戦闘方法に関しての考察、唸ってしまいました。
他のMK-Ⅱと違い、型番が変わっている点も説得力があります。
いろんな媒体の描写と矛盾がない!それでいてカッコいい。
従来の高速戦隊にキャノンビーム砲とベアが加わってグッと打たれ強くなる!
NEWタイプ部隊は「強い」と確信しました。

いわれてみればキャノンビーム砲は転換点ですね。
もしゾイド星で『共和国銃砲史』なる本が出版されていたら、必ずピックアップされる砲でしょう。気づかされました。
当時の新型最強マッドサンダーの主砲が従来の強力砲ってところが渋くて素敵だと思うのです。
ゾイドって、キャラクタ-物のようでいて、こういうところが妙に渋いんですよね。

No title

ホワイトライオンを思わせるカラーリングが素敵ですね。
活躍はいまいちパッとしませんが・・・・
新世紀の方でもデススティンガー暴走のきっかけを作ったりやたらとツイてない機体ですね・・・・。

戦力としてみると、機動力と砲撃力を併せ持っていることに大きな価値があるんじゃないかと思います。火力が必要とされる場面にいちはやく駆け付けることが出来るのは心強いです。後のゼロパンツァーは明らかにこいつの影響を受けているでしょうし。

No title

私も好きです。このMk-Ⅱ。新ジャンルのゾイド商品で第1弾に選ばれる事が多いシールドライガーですが、「・・・MK-Ⅱが出るまで待とうかな」と邪な考えがよぎるほどに。

しかし戦歴はちと悲しいですね。でもグレートサーベルに勝った事もあるのは安心。というか、かなり嬉しいです。ゴジュラスMK-Ⅱ量産型がコングMK-Ⅱ量産に勝った事なんてまずなさそうな事に比べればだいぶ恵まれて…(コラ

No title

自分もカラーリングは好きなんですが金色部分は塗装必須な感じですね。
MSSの色合いよりさらにキンキラキンなくらいがいいです。

射撃ポイントから射撃ポイントへと高速で移動できるため後方支援機としてはかなり優秀でカノントータスなどとは違う運用をされたかと思います。
グレートサーベルが先陣を切るタイプとすればそれを待ち受けて迎撃せんとするのがシールドmk-2といった感じでしょうか。
 
ただ単騎としての強さは最高スピードで走ってる際のビーム砲の命中精度に大きく左右されそうではあります。

No title

>ラウルさん
そういえば量産機は胴体が青でしたっけ。
見直さねば…。
オレンジキャノピーは綺麗に栄えそうですね。
個人的には渋めのブラウンが好きですが、オレンジのも折を見て試して撮影したいかも!

>スミさん
おぉー! 貴重な思い出話をありがとうございます!
私も、いつも初ゾイドのマッドサンダーと一緒でしたねえ。それを思い出しました。
そのおかげでよく各部が破損したりもしたんですが、それも含めていい思い出です。

思い出を頼りに探り、色々な事を知るにつれより好きになる…。
最高ですね!

>YHさん
キャノンビーム砲、外れますよねー。
あれはたしかに大きな弱点!
ミサイルポッドよりはるかに大型だから仕方ない気もしますが、、何か補強して欲しかった所ではありますねえ。

>メカカブトさん
キャノンビーム砲で遠距離から撃ち、あぶりだされた敵を体勢が立ち直らない内に一気に殲滅…!
MK-II部隊が強いのはキャノンビーム砲が大きな要因でしょうね。
こうした戦法があればこそライジャーにも抗せたのでしょう。

マッドサンダーと同じなのは良いですよね。
ゾイドって絶妙なバランスで出来ていますよね! 最高!

>セイさん
パンツァーはシールドMK-IIのコンセプトを受け継いでいますね。
ただし、厳密に言うと実弾主体なのでMK-IIタイプの方の血統と言えるかも…。

>BLACKさんさん
戦歴は、まあ腐ってもシールドライガーですね。ある程度は活躍しております。
というかゴジュラス量産型が悲惨過ぎるという。。。。。

>しめじさん
塗りたいけど成形色が金色なので塗りにくいのもネックなんですよねー・・・。
かといってマッドサンダーから流用するのも勿体ない…(マッドのは黒成型なので塗れる)。

高速で射撃位置に移動しながら撃つ という運用だと「サーベルタイガー・ザ・スナイパー」の影響があるのかもしれませんね。
その辺を絡めつつ考えても面白いかも!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント