ウルトラ遠景モデル

遠景モデルについて注目した記事を先日書きましたが、それについてもう少し踏み込んだ記事を書きます。
遠景モデルの中でも、特に面白いのはウルトラザウルスの遠景モデルです。



ウルトラザウルスは超人気機種。
にも関らず、不思議な事にかなり後になるまで廉価版キットが出ませんでした。
ゴジュラスやアイアンコングは小型キットが早々と登場している事と対照的です。
なので、色々な方法を使って遠景モデルが作られています。

まずは、初期。

ザットン改ですね。
ザットンを母体としてスネークスの部品などを加えてあります。
所期のウルトラ遠景モデルといえばこれです。


使用は、D-DAY直後まで確認できます。
(このシーンはバトリサ2巻で再現してるシーンです^^)

このモデルの特徴として「敵軍のゾイドを使った改造である」事が挙げられます。
サラマンダー遠景モデルをプテラスで というようなのと違い、敵軍のゾイドから作るのは珍しい事です。
一応、首の長いゾイドとしては自軍にハイドッカーが居るんですが、まぁ、スタイルが全然違うからなぁ…。
ビガザウロとハイドッカーはけっこう似てる。けどウルトラのスタイルはザットンに近い。
このようなところから開発史を考えても面白いですね。

さて、中期には別のウルトラ遠景モデルが登場します。
フロレシオ海海戦に登場したこれですね。


左側のは、ガイサックの尾を使っているようだ。
いやぁ…、サソリの尾をウルトラの首にしてしまうのは凄いアイデアだなあ…。
でも、たしかにガイサックの尾のゴチャメカ感やパイプがある感じはウルトラと雰囲気が似ているかもしれない。

右側のは…、うーん、何だろう・・・?こちらはちょっと分かりませんでした。

ところで、左側のガイサック使用タイプの方ですが、ボディはガイサックではなく別のものから作られているようです。
それは、


こちらのモデルと共に紐解いていきましょう。
こちらの崖を降りてるウルトラの遠景モデルですが、首は別ですが、ボディはフロレシオ海海戦で使用されたタイプとおそらく同じです。

さて、ボディは何から作られているのか。そして崖を降りてるウルトラの遠景モデルの首は何から作られているのか。
答えから先に言うと、これはビッグポーズのアイアンコングでした。


脚を見て気付きましたが、アイアンコングの脚装甲の形と同じなのが分かる。
そして首ですが、これは凄い!
なんと、アイアンコングの腕を使っているみたいです。

うぉおお、こんな事をよく思いつくなぁ…。
ボディもアイアンコング。
つまり、アイアンコングをまず…、


不要な頭とミサイルをカットして…、
そして、ボディを地面に平行にして、四肢は全てコングの後脚に変えて、首にあたる部分には腕を付ける…。
尾も腕かなあ…。


ここから調整して完成させていると思います。
すげえ!

第二次中央大陸戦争後期頃になると、ようやくウルトラザウルスの廉価版キットが発売されます。


Jr.ゾイド版のウルトラザウルスですね。
また、この頃からゾイドガムやゾイドミニプラモチョコなどの廉価版キットのラッシュ状態になります。

なので、この頃からはこれらが活躍しています。

こちらは、そのまんまJr.ゾイド版のウルトラですね。
これは第一次暗黒大陸上陸作戦の中の一コマですが、シーマッドのデカさがよく分かります。


このウルトラもJr.ゾイドかな…?
ゴジュラスもおそらくJrゾイド版と思われます。
ただし奥の方で丸まってるゴジュラスは謎。
ミニプラモチョコ版かな……。
ゴドスからの改造にも見えますが…、うーん。

次、


こちらはオリプラ版ですね。

オリプラの中ではウルトラのできは凄く良いので違和感無く使えている感じがする。
ちなみに同じ画面に写っているサラマンダーはプテラスからの改造。

次、

こちらはゾイドガム版。オルディオスの箱裏より。
造形は素晴らしいのだけど…、色は塗って欲しい所だなあ。

という事でざっと集めてみたんですが、色んな遠景モデルがあるんだなあと思う次第です。
ウルトラザウルスの遠景モデルは本当に量が多いので見ていて楽しいです。
改めて、アイアンコングから作ってるのは脱帽。
作者、アイデア凄すぎだし楽しみすぎでは。いいぞもっとやれ てな感じでしょうか。

さすがに前期のものは再現度が完璧で無いものもあります。そりゃあそうだよなあ。
ザットン、ガイサック、アイアンコングをウルトラにするのは大変だろう。
ハンマーロックをアイアンコングに・プテラスをサラマンダーにといったものよりは超絶難度が高いだろうから。

でも、初期の頃の必至に・でも楽しみながら再現してる感じもとても好きだなあ。
これからの時代はCGばかりになってくると思うし、もしかしたらジオラマが作られることさえなくなっていくかもしれない…。
けど、遠景モデルからは凄い熱量というか情熱というか、アツいものを感じます。
こうした熱量は、忘れる事なく引き継いでいって欲しいと強く思います。

これらを見る中で思ったのは、ザットン改だとかアイアンコング改とかのモデルは凄く頑張ってそれらしい雰囲気を出してバトストの画面に溶け込んでいるんですが、後期のJr.ゾイドやゾイドガム版のはキットそのままの事が多くいまひとつ馴染ませようとする感じが薄い気がする…。
Jrゾイドもゾイドガムも、元のモデルの完成度が高いからそれでも登場させられるんでしょうけど…、その他の細かいところまで入念に手を入れているモデルと比べるとボンと持ってきただけというか、うーん、、、せめて塗ったりしてほしいなぁ。

遠景モデルについて書いた最初の記事で「作者も楽しんでるのでは」説を出しましたが、それはやっぱり当たっているかもしれないなぁ。
無茶な事を自分のアイデアと力量で強引に実現するプロセスに喜びを得ている感じがする。
という事で今後も色んな遠景モデルに注目していきたい次第。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

相変わらず、重箱の隅を突かれますね−(褒め言葉)

かつてバトスト(小学○年生)のジオラマ撮影をされた関係者の方々の仕事が、20年以上の時を経てちゃんと評価されていると思うと感慨深いものがあります。

スタッフの方々、お疲れ様でした!
そして、分析をして下さった三式さんにも感謝!!

No title

ザットンやガイサックなど、自社の同一シリーズの中からパーツを調達しているのもすごいですね。そこらへんはプライドというかこだわりでしょうね。
ザットン改のとか普通にほしいなと思いますw

No title

まさかアイアンコングがウルトラザウルスに化けるとは!
アイディアもさる事ながらその発想力に脱帽です・・・。

ザットン改のウルトラザウルス、ハンマーロック改のアイアンコングなど、同モチーフの小型ゾイドの改造による遠景モデルはとても魅力的ですが、こう言う全く違うゾイドを改造して遠景モデルにしてしまうと言うのもまた作り甲斐があって魅力的です。

その一方でゾイドガムなどの既製品の小サイズモデルを遠景用に使うのもまた、手軽さがあっていいと思います。
見栄えを考えるとモノによっては塗装が必須だとも思いますが・・・。

ともあれ、遠景モデルは独特の味があってとても面白いです。
思い返してみると機獣新世紀だと可動王がちょこっと使われたくらいで後はCGが主体だったと思うので、遠景モデルはメカ生体時代のバトストの醍醐味だと思います。

No title

この遊び心は凄まじいの一言です・・・!
人型だとか少ない種類で統一されてないZOIDSだからこそ出来る発想かもしれませんねっ。

当時、こういった遠景モデルの事実は紹介されてなかったんでしょうか?
子供達を改造の世界に引き込むのにうってつけだと思うんですが。

遠景モデルって、普通に出しても「小型○○だ!」とか「△△の改造バリエーションだ!」とか言い張れそうなのが楽しいですよね。
(マッドゲルダーとかジェノマーダとかいてもいい気がしなくもない(笑))
邪神復活で初めて見た「ハンマーロック3」の元ネタは「コング2限定型の遠景モデルだ」と思ってたりしましたw
ところでブラキオスは遠景ウルトラとして使われてないんでしたっけ?

No title

>No nameさん
つつけばつつくほど出てくるのがゾイドですね。
今回のは気付いた瞬間、これは記事にせねば!!!!!と思いました。
我ながらよく気付いたなあと思う一方、このモデルを作った方の発送が凄すぎです。

>セイさん
さすがに同じシリーズだけあってディティールなどに親和性が高いですね。
ザットンは共和国仕様という感じで、イグアンとゴドスのような関係でリリースしてもおかしくない完成度ですね。

>ラウルさん
発送が凄すぎですよね。
腕を首や尾にするなんて…。
思いつくのも凄いし実際に作ってしまうのも凄い!

Jr.ゾイドやゾイドガムは塗装されてるものももちろんあるんですが、中にはそのままなものもあって・・・、ちょっと気になりますね。
新世紀だと、たしかキングゴジュラスとギルベイダーが対峙してる中表紙のページではオルディオスとガンギャラドのアートスタチュー版が活躍していた気がします。
ただ、あれも切り抜いた一枚の写真をコピペで増やしてる感じでチト寂しかったのですが。

>kuehleさん
遠景モデルは触れられる事はほとんどなかったですねぇ。
注目の対象になるのは近景モデルと言うか、普通のモデルの方でしたね。

ゲルダー→マッドサンダーは見てみたい気もしますねえ。
体系はかなり近いので不可能ではなさそう…。

ブラキオスのウルトラ遠景は出てないですね。残念な事です、、。
ブラキオスより1年くらい後にJr.ゾイド版がリリースされているので、その影響であえて作る必要がなくなったのかもしれませんね。。。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント