コラム更新

コラム更新しました。ブログからの編入ですが、こちら
これと対になるこちらも、手っ取り早く編入してしまいたいところです。
これからも色んな”本家とは一味違う”ゾイドが増えると思いますが、色々な角度から見て体感していきたい所です。



8月にはMPセイバータイガーも!
こちらも、色々な事を感じたいなと思うばかりです。

そう言えば、今回のコラムでは「色んなタイプのシールドライガーが居るからMP、本家、ThreeZeroなど全てを共存させられる」という方向で考えています。
こんど出るHMMゴジュラス・ジ・オーガはどういう解釈ができるだろうなぁ…と思いました。
ジ・オーガはワンオフだと思うんですが、だとすれば本家とHMM、それぞれどう捉えるべきだろう。

でも、そういえばジ・オーガはかなり武運に恵まれた機というか、ゴジュラスギガ就役時まで生き残っているんですよね。
という事は途中で追加の改造を受けたかもしれないし、デススティンガーのごとく自己進化を始めたかもしれないし、そんな妄想を加えてみても面白いのかなーと思いました。
ユーザーとしては、妄想の腕の見せどころだなーと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

長期生産されていた機体なら、生産時期によってサイズが変わってくることもあるでしょうね。例えばFA-18でもレガシーホーネットとスーパーホーネットでは別物と言えるほど変化していますし、ドイツのレオパルド2も初期型と最新型では魔改造と言えるほどの改良がくわえられ、重量もかなり増加しています。
また、戦艦のような象徴的存在で長く就役するような兵器の場合、単一体でも改良が加えられて大きく変化する例もあります。ジ・オーガも、共和国の象徴として君臨したゴジュラス、それも最強の個体と言うことで、長く戦い続けてその中で改良が加えられてきたとも考えられます。強力な再生力があるとはいえ、大きく損傷した際は大規模な修理や、それを兼ねての改装などもあるかもと思います。

No title

同一機体の前期と後期を考えるのは面白いですよねー。
機体の性格もどんどん変わる事がありますね。

三段空母時代の赤城や純戦艦時代の伊勢とかを見ていると妄想がいっそうはかどります!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント