ワイツ

線画ー


本日はワイツウルフです。
コマンドウルフ、ケーニッヒウルフに続いて登場した白い狼。

正直、ケーニッヒウルフの方が強そうだなーとは思うんですが(見た目的に)、どうだろう。
ワイツウルフは、ワイツタイガーの片割れというか能力を抑えた機体ではありますが、それでもやっぱり伝説の虎のコアを持っているから底力が凄そう。
でも見た目的にはケーニッヒウルフの方がパワーで圧倒しそうなイメージはあるなぁ。
射撃武器のはワイツウルフが優れていますね。
接近前に撃ち抜ければ圧勝できそうですが、口径がそれほど大きくないので撃ち抜けるかに確証がない気がします。

さて、ワイツウルフは腰のブースターがスペースシャトルのノズル周りのように見えて好きです。
全体的なデザインはコマンドウルフやケーニッヒウルフには及ばない印象ですが、量産機的な見た目はなかなか好きです。
(設定上、量産機ではないのでしょうけども)

色付けはまだ。近日中にソードウルフと共にやってしまいたいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ワイツウルフは今改めてみるとユニゾン機やB-CASの様な「パワーアップの為の合体」と違って「リミッターの解除の為に合体をする」と言うコンセプトが面白い機体ですね。

電ホビに載ってた開発史だと、
確かどうにかして古代トラのコアを制御しようとした結果が本来の野生体のボディとは似て非なるオオカミ型のボディにワイツタイガーのコアを搭載する事でパワーを抑制し、
ザビンガとの合体でボディをトラ型にすると同時にパワーを解放して一定時間本来の力を発揮できる様にすると言う実験的な要素の強いゾイドだったと思います。
(構造的には頭部の換装と足回りへの装甲とクローの追加、背中にザビンガの羽を付けると言う合体なので、
機体自体はオオカミっぽく見せているだけで内部的にはトラ型ゾイドに限りなく近い構造をしているのではないかと思う。)

個人的にはコマンドウルフの様な量産型のオオカミ型ゾイドっぽいデザインが好みなんですが、
背中の火器を付けてるユニットが前寄りで、砲塔も前に寄っていると言うのがどうにもバランスが悪く感じて好みに合わず、そこだけが惜しいゾイドと言う印象です・・・。
(連動ギミックも砲が前後に動くと言うちょっと「?」と感じるものですし・・・。)
自分の好みの問題ですが、ケーニッヒのデュアルスナイパーライフルみたいに砲の機関部が腰のあたりに来るタイプや、旋回式のもっと小回りが利く砲の方が良かった様に思います。
まあ、ワイツタイガー時にはそこまで気にならない所もあったので、ワイツウルフ時のボリュームの問題だとも思いますし、
また、セイバータイガーやコマンドウルフなど、背面の腰のあたりに砲を備えた高速ゾイドの方が見慣れていたと言うのもあると思いますが・・・。

あと、キットとしては5ミリジョイントが豊富でブロックスと組み合わせたカスタムのし甲斐がある反面、構造的にはコマンドウルフとあんまり変わらない所が残念でした。(特に足の構造・・・。)

ともあれ、デザイン的には好きな高速ゾイドの一体です。

No title

古代虎の時代は新世紀の時代から100年以上後の時代なのにZI-ARMSは未だにデスザウラーを運用していますが、単なる懐古趣味なのか、あるいは再び大災害が起こったのでしょうか? 順調に技術革新が進んでいるのなら、このデスザウラーは、古代虎のコアを組み込む前でもキングゴジュラス以上の性能を持っているかもしれませんが。
古代虎のコアは余りにも出力が高く、最新技術で作られたボディでさえ制御装置が溶けていましたが、このコアをキンゴジュに組み込んだ場合、キンゴジュのボディは耐えられるのかが気になります。

No title

フェイスはシャドーフォックスも影響あるのかなと伺えるデザインですね。合体前提のため足に不自然なハードポイントがあったり、つま先が本体に対して小さいのは致し方ないのか・・・

肩回りのグッと盛り上がったような処理は力強くてなかなかかっこいいんですが、砲塔が明らかに実弾砲っぽい形状なので腰の上あたりにそのまま持ってきて砲塔をもっと思いきり長くした方が威力がありそうで良かったんじゃないかなと思います。
そもそも高速機に実弾砲を乗せてるのは何故なんでしょう・・・・。(エレクトロンハイパーキャノン、要は改良型の電磁砲でしょうか?)

あとゾイドVS3でこいつ(ワイツタイガーも)だけ出てこないのは残念でした

No title

>ラウルさん
さすがにブロックスでパワーアップ!というのがマンネリだったので新鮮でしたね。
背中のユニットは同じ感想ですね。コマンドウルフやケーニッヒMK-IIあたりの位置が一番シックリ来るかなーという感想です。
背中に主砲を持ってきて成功したのはガル・タイガーの小型荷電粒子砲だと思います。あれは盛り上がった肩に装備するというのがシックリ来ていました。
あんな感じで必然性があっての前寄り付き位置だと嬉しかったんですが。

砲の前後のギミックは、撃った反動を示しているのかもしれませんね。
ちとわかりにくいですが・・・。

>No Nameさん
どうなんでしょうね。デスザウラーも、一応「メガ」デスザウラーになっていたので強化型だとは思います。
ただキンゴジュとかより上かと言うと違うんじゃないかなーとも思います。
まあ、ゾイドの場合は「強力な野生体が居なければそもそも開発できない」という制約があるので、デスザウラーがいまだ最強の地位にあったのも可能性としてはあるかもしれませんね。

コアは、3匹の虎ってあれ完全な完成形ではなく、まだ試作段階じゃないんかな?と思える部分もあったように感じます。
なので、その辺りの問題も今後において解決する予定だったのかなーと思ったりしています。

>セイさん
あぁー、顔は確かにちょっと似ていますね。100年先でも影響が合ったというのは興味深い。

砲は、そういえば電磁砲ですね。コアのエネルギー量からいえばハイパービームキャノンになりそうなんですが、うーん・・・謎ですね。
考えてみたいです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント