ディメトロドンのバリエーションコンプ

先日に続いて、ディメトロドンの改造バリエーションです。
改造ゾイドの線画は箱裏バリエーションを優先して行う予定ですが、ディメトロドンは改造バリエーションがとても少ないゾイドです。
なので一気にコンプまで持ち込みました。

箱裏バリエーション以外の改造ディメトロドンその1



これは帝国大型ゾイド用改造セットで強化した仕様。ディメトロドンMK-IIタイプといったところか。
改造セットの箱に、この状態の写真が載っています。
アイアンコングMK-IIの大型ビームランチャーを持っています。
ディメトロドンのエネルギー量で大型ビームランチャーは扱えるのだろうか…という疑問はあります。
バトスト劇中に登場する事はなかったので、実際に有効に滑油要する事はできなかったのだと推測しています。

箱裏バリエーション以外の改造ディメトロドンその2



コチラは新世紀ディメトロドンの付属冊子・公式ファンブックEXに載っていた仕様。
後脚に巨砲を繋げてあるので強度的に不安を感じますが、模型的には比較的作りやすい部類の形をしていると思います。
長砲身で射程の長そうな砲ですね。
ディメトロドンのレーダーと連動して驚異的な強さを見せた事でしょう。

ディメトロドンは大型ゾイドとしては改造バリエーションが少なく、箱裏の二種と今回の記事の二種…計4つが確認できているすべての改造バリエーションになると思います。
(強いて言えばホビージャパンや電ホビにはバリエーションがありましたが)

電子戦を任務とするのでノーマル仕様で十分という事でしょうか。
派手な戦闘はなく地味な部類。改造バリエーションも少なく地味な部類。
でも、そんな地味だけど重要な存在としてディメトロドンは今後にも期待しています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ビームランチャー装備はPSゾイドシリーズでも馴染み深い装備ですね。
(確かPSゾイド2だとまんまディメトロドンMK-2だったような・・・。)
でもゲームでは個人的に同じビームランチャー装備でもセイバータイガーやレッドホーンの方を積極的に使ってた思い出が・・・。
(武器が充実してて直接戦闘向きだし・・・。)

電子戦ゾイドに長距離砲はある意味定番の改造ですね。
個人的にはシャイアンやキャノニアーゴルドスと言ったゴルドスにロングレンジバスターキャノンなどを装備した機体が好きです。

同じ電子戦ゾイドの長距離砲戦型カスタムでゴルドスとディメトロドンに(バトストに出たという意味で)差があったのは、
砲の性質もあるんじゃないかと思います。

共和国伝統の実弾式のキャノン砲は弾薬を含む重量的な問題がありますが、どっしりと構えられるパワー重視の大型機であれば、極端な話その馬力を活かして砲を運んで撃つ事はできると思います。
(重量増による機動力低下や発射の反動は一先ず置いておくとして・・・。)

対して帝国自慢の光学兵器は軽量コンパクトに済む反面、
エネルギー供給がネックになりそうですね。
高性能なコンデンサーやエネルギータンクを増設すればディメトロドンでも何とかなるとも思いますが、それだと光学兵器の長所である軽量コンパクトさを活かせなくなるのも悩み所か・・・。
あと、狙撃なら改造サーベルタイガーのザ・スナイパーがいるし、
砲戦ならレッドホーンやアイアンコングなどがいるので、大抵の場合は連携運用で何とかなっちゃうからわざわざディメトロドンにビームランチャーを載せる必要性は薄かったのかも。
(あるいはディメトロドンの直接戦闘能力の向上目的で計画だけはされてた可能性もあるかもしれないですが、それならコングMK-2の大型ミサイルや腕の火器とかを積んでも良かった気が・・・。)

そう言えば帝国系MK-2装備には共和国系MK-2装備と違ってエネエルギータンクの追加が(グレートサーベルの装備を除いて)無いですが、基本的に稼働時間を犠牲にしてでも火力アップを図るのが帝国MK-2の傾向なんだろうか・・・?
(そして電子戦型のディメトロドンとこのコンセプトは一番相性が悪かったのかも・・・。)

ともあれ、帝国も共和国も電子戦ゾイド+長距離砲は好きな組み合わせです。

長文失礼しました。

No title

ゴルドスは実はキャノン砲を付けた姿でバトストに登場した事は「メカ生体時代には無い」「新世紀ではある」ですね。
旧大戦時にはマーキュリーと同じく作中に登場する事はありませんでした。

個人的には脚まわりに問題があったのかなーと思っています。つまり発射衝撃で脚がヤバい。
こう考えるのは、ゴルドスやマンモスで撃てるなら、おそらくゴジュラスはノーマルタイプのままで運用され後方からゴルドスやマンモスが撃つと言う構図が出ると思うからです。
特に直接戦闘用としては使えなくなったマンモスは、近代改修型としてキャノン砲装備タイプに慣れるなら絶大な意味があった筈です。
ゴルドスもまた、レーダーがある事からゴジュラス以上の命中率が期待できそうです。

あるいは・・・、脚まわり意外に回答を求めるなら、マンモスは突撃機という野生体の荒々しさがキャノン砲を受け入れなかったとか、ゴルドスは発射の爆炎でレーダーに故障が生じたとか、そんな可能性も考えています。

ビーム砲にはエネルギー消費が。実弾砲には莫大な発射衝撃や爆炎の問題があるのかなーという解釈をしています。
ちなみに、ゴルドスには別タイプの長距離キャノン砲を積んだタイプも確認できます。
共和国軍としてもゴルドスに105mmキャノン以上の長距離砲を積む事は是非とも実現したことだったみたいですね。

エネルギータンクは、んー、確かに帝国側はあまりないですね。
コングの高機動バックパックなんかは特に稼働時間を極端に低下させるだろうから是非欲しい所ですが、ちと不思議ですね。

レーダーを持った機と連携する機の活躍は今後とも研究していきたいものですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント