シーパンツァー

本日の線画。
シーパンツァーの箱裏バリエーションです。
シーパンツァーの箱裏には二種類のバリエーションが載っています。

重戦仕様
背部に大型回転砲塔を装備して陸上での攻撃能力のアップを計った。主砲の超射程キャノン砲は状況に応じて徹甲弾、対空弾など、数種が発射可能である。



陸戦…、その中でも砂漠戦を意識したような色ですね。
スモークディスチャージャーや対人用であろう機関砲が付いているのがリアルで良いなあと思います。

シーパンツァーのバリエーションは…、


以前に、こちらのものは既に再現していました。
という事でめでたくバリエーションはコンプリートです。

おそらくバトストの画面内には改造機は登場していなかったはず…。
下のドリルタイプはともかく、上の戦車タイプは劇中にどんどん登場しても良かったと思うほど素晴らしいバリエーションだと思います。

ところで、シーパンツァーの改造バリエーションは、

ゲルダーのそれに近いテイストがあると思います。
一つは工兵的なものであり、一つは旋回式の砲塔を付けている。
共に小型戦車ゾイドという事で、改造バリエーションも似たようなものになるのでしょうか。
実に興味深いです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

重戦仕様はかっこいいですねえ。正直ノーマル版より好きです。
ZOIDS MODELSにあった作例も大好き。
まあ、水陸両用機の強みがイマイチ発揮できないかもですが。
換装が簡単なら活躍の幅が広がりそうです。
 
削岩機の方もドリルが大小ついてるのがいいですね。
モルガみたいにバリエーション機ごとにHMM化してくれるとうれしいのですがギミックありきだった小型ゾイドは難しいんでしょうね。
カノントータスと並べたい。

No title

大砲1つじゃなくて副砲も装備していたり、補助としての小型ドリルも装備していたりとか、ゾイドのそういった部分がホント好きです。
ちなみにシーパンツァーって砂漠地帯とかで活動できましたっけ・・・?

No title

重戦仕様はまるで地球的な戦車みたいなスタイルですね。
戦車タイプのゾイド繋がりでシーパンツァーはゲルダーの後継機的な運用を視野に入れて開発されていたのかもしれませんね。

個人的には電ホビの作例にあったモンハンのダイミョウザザミよろしく爪を巨大な盾にした改造タイプが好きです。

ところで、ドリル付きの改造機といえばゾイドバトルカードゲームやファンブック3巻の改造ゾイド紹介に工兵向けの改造機としてモルガの頭部にドリルを装着したドリルモルガなんて機体もいましたが、
帝国の工兵向けの機体はドリルを好んでつけるのだろうか・・・?
(一応共和国にもスピノサパー用のドリルユニットがあるけど・・・。)

No title

>しめじさん
シェルユニットを換装できると考えれば夢が広がりますよね。
HMMはマーシー先生が好きらしいのでワンチャンス・・・無理かなあ。
複数のシェルユニットを是非実現して欲しいです!

>セイさん
バランスが良いですよね。
素晴らしいリアリティ!
シーパンツァーは砂漠では活躍できないと思います・・・が、おそらく海→砂浜→砂だから砂漠っぽいというイメージではないかと・・・・。
そういわれればなんだか砂地でも活躍できそう。
補給用の水が大目に必要ではありましょうけど・・。

>ラウルさん
まさに地球の戦車ですよねー。
ノーマル機のゾイドらしい感じも良いけど、これもまた良い!

ドリルと言えば元祖工兵ゾイドである所のブルスタインも豪快にドリルを背負っていましたね。
帝国のドリルはド直球のドリルである事が多い気がします。

ヤドカリ

シーパンツァーのバリエーション機、どちらもベース機体の特徴を生かしている様なデザインなのがいいですね
個人的にシーパンツァーはモデルとなったヤドカリと武装のデザインが合っているのが最高です。
シーパンツァーの試作型がドリルの化け物の様な外見なのは、量産型が重戦車の様に武装していることと対照的で皮肉に感じました。
また重戦仕様は旋回砲塔が装備されているのが気になります。
後シーパンツァーとそのパイロットを主人公にした小説を少し前にPIXIVに投稿しましたので、出来れば感想をいただきたいです。

No title

ヤドカリはお家を変更できるので、その特性に併せてユニットを変更するのが面白いですね。
旋回砲は威力では劣るでしょうが運用面では勝っていそうですね。

SS 読ませていただきました。
ゴドスの方もシーパンツァーの方も。

小型ゾイド…主力量産機はやはり良いですね。
量産機だからこそのドラマがあるというか。
私も久々にSSを書きたくなりました。

★ゴドス
ゲルダーは当時の共和国ゾイドにとっては極めて高い脅威だと思いますね。
装甲も強いし砲力も強いし…。
(その割に早々と一線を引いたのがちょっと謎ですが)
旋回砲は、箱裏バリエのリスペクトでしょうか。
「お、あれかなー」と思いながらニヤニヤしながら読んでいました。
ゴドスVS帝国小型各機は迫力と読み応えがありました。
強いて言うなら、物語構成上仕方が無いとは思いますが、マーダ、モルガ、ザットン・ゲーターが順序良く出ているので、性能差はよく分かるのですが読み返すとショータイムっぽい感じも若干してしまいました。
でも、各機の特性を掴んだ描写はお見事ですね。
また基地設備を利用した戦い…たとえば弾薬庫を狙うといったものは、単にゾイドVSゾイドという以上の説得力迫力がありますね。

★シーパンツァー
バレシア奇襲には参加したか不明のシーパンツァーですが、そこを想像で「あった」として考えるのも面白いですね。
大筋をバトスト2巻のシーンとしつつ、細かい描写を補強してある感じで良いですね!
前半戦を圧勝しつつ、やはり大部隊を前には劣勢に陥り…という推移がたまりませんね。
先にゴドスのエピソードを読むと、開発競争や10年の間にあった兵器開発の進化など色々なものも想像できてより面白いですね。

残る機体も順次描かれるのでしょうか。
ユーザー側からもアツいSSで盛り上げていきたいものですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント