遠景モデルの魅力

HP更新しました。
コラムです。こちら
ブログに書いていたものの再掲ですが、いやいや、しかし遠景モデルは面白いなあ。
こういう隅っこに注目しても実に面白いですね。


このカットとか、遠景の宝庫ですね。
マッドサンダーはゾイドガム、ゴジュラスMK-IIとウルトラザウルスはJr.ゾイドです。たぶん。
ちなみにガンブラスターは製品版ではなく試作品である模様。

遠景モデルや試作品はまだまだ注目していきたいなーと思います。
ところで、Jr.ゾイドのゴジュラスMK-IIとウルトラザウルスは品薄で全然見つからないか超絶高いかのどちらか。
ノーマルゴジュラス、ノーマルコング、ゴジュラス&コングのセット、コングMK-IIは定価程度で割と容易に見つかるのに…。

そういえばJr.ゾイドのウルトラザウルスは電ホビで改造に使われていた事もあったような・・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ウルトラザウルスの遠景モデルの一つに、ゴドスの尻尾を首に見立てているものがあるのではないかと思います。

タートルシップの真下で浮いているゴジュラスの曲がった下半身はデスピオンの尻尾の先端のプロテクターと銃ではないでしょうか。

No title

電ホビに載ってたJr.ゾイド版ウルトラの改造作例は確かアニメ無印のグラビティカノン装備のヤツだったと思います。

Jr.ゾイド版ウルトラは首を水平に近い状態まで下げられるのでアニメ無印終盤のOPでも印象深いグラビティカノンの発射態勢をとる姿にぴったりだと思いますが、
デスザウラーと同様に巨大ゾイドを更に巨大に描いたアニメ版ウルトラの作例にコンパクトなJr.ゾイド版を起用したのが、
なんとも味があっていいです。
(あと、グラビティカノン自体が1200ミリウルトラキャノン並みの巨砲だから本家キットだと色々と大変だったと言うのもあるかもしれない・・・。)

No title

Jr.ゾイドのウルトラは子供の頃も見たことがないです。
生産数が少なかったのか。
ゴジュラスvsコングセットは病院の売店に置いてあった記憶がある。
今思えば、あらゆるところにゾイドがある夢の世界でした……。
あの頃に帰りたい……。

No title

ウルトラザットンの場面は、手前のサーベル2体も遠景用で
遠景用使う意味無いじゃんと思ったけど素人考えなのだろうか…

No title

このような絵を拝見するたびに、ゾイドガムやジュニアゾイドの完成度の高さに驚かされます(当時はあまり意識できなかったことが申し訳ない)。こんなミニゾイドも、何らかの形で復活してほしいなあ…ガチャガチャや大きめの食玩として。Dスタイルでのマッドサンダー・ギルベイダー発売にも期待したい。

No title

そうか、新世紀のジオラマがなんとなくつまらなくなったのは、遠景モデルがなくなったせいか、と思いました。
あと、やたら出てくる背景の「ドッカーン」:))

といいつつ、勿論、新世紀の本も本屋で買って大喜びで熟読しました;)

新世紀と比べた場合、メカ生体のジオラマの主役はまさに遠景モデルですね。
何か、背景にいる妙な連中を熟視していろいろ考えるのがおもしろいんですよね。その意味では、新世紀の背景のピンぼけしているゾイドたちにも同じような熱視線を向けていた気がします。こう、一目で明らかでない物ほど、人の目を惹きつける、ということもあると思います。

No title

>kageさん
たしかに、ゴドスは何とか使えるかもしれませんね。
先端は少し細いですが、、。
そいうのもないかどうか探してみたいです。

丸まりゴジュラスは、更に考えてみますね。

>ラウルさん
貴重なモデルを投入した改造でしたね。
Jr.ゾイドのウルトラは、首を水平に出来るほか「反らせる」事も可能で、PSゾイドの勝利ポーズのような演出も可能です。
左右に振れないのは残念ですが、凄く良い可動をするモデルです!

>メカカブトさん
これだけ、たしか発売日がやや遅かった気がします。
なので少ないのかもしれないですねぇ…。

当時は多くの売店やお祭りの出店やなんかにもゾイドがありましたねえ。
よい時代でした。

>No Nameさん
同じ事を思いましたw
多分、本家キットでやるとジオラマの製作スペースの限界を超えてしまったんじゃないかなあと思います。

>通りすがりのゾイド乗りさん
ゾイドガムは別格ですね。Jr.ゾイドもなかなか出来が良いのですが、コチラは今の目で見ると若干かすんでしまうかなぁ・・・。
金型が残っているなら、何かの形で是非お願いしたいですね。
特に、カバヤが展開する骨骨ザウルスを見ていると、数々の食玩がどうにか復活できないものかと願ってしまいます。

>す さん
絵としては綺麗なんですが、手作り間が減った幹事はちょっと寂しいですね。
CGのリアルさをとるか、手作り感というか…、そういうのを優先するかは悩ましいですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント