デスザウラー高機動実験機

さて、今日はメカ生体ゾイドの帝国ゾイドの箱裏バリエーションのラストです。
デスザウラーの改造バリエーションその2を紹介します。

先の記事で紹介したように、デスザウラーの改造バリエには特筆事項が2つあります。
一つ目は、「巨大ゾイドなのに改造バリエが載ってる」事です。

そしてもう一つは…、「ゾイドバトルストーリーとの連動」です。

デスザウラー改造バリエーションその2はコチラ。



兵器開発部隊仕様(高機動実験機)
背部に連装電磁砲を装備した高機動ブースターを装着して高速移動を可能とし、さらにパワーアップをおこなった実験機。
荷電粒子集中針により命中精度が増した他、荷電粒子砲発射用のエネルギーをブースターから得ているため連射が可能になった反面、エネルギー消費が激しくて長時間にわたる作戦行動はできない。
本機のみが存在する。


見ての通り、高機動実験機…、トビー・ダンカン仕様機です。
いやー、カッチョエェですね。
私的に、デスザウラーといえばこれなイメージがあって、キットのノーマル仕様だとちょっと物足りないもするなぁという気がしています。
デスザウラーの再販ないしHMM化ないしMP化があれば、是非これをセットに! 売り上げが倍増すると思うのは私だけでしょうか。

さて何が特筆かというと、バトストとの連動です。これは何気に凄い事です。
今まで帝国ゾイドの箱裏バリエを再現・紹介してきましたが、それらはいずれも「ゾイドバトルストーリーには登場していない」事に気づかれましたでしょうか。

メカ生体ゾイドのストーリーには大まかに二つの流れがあって、一つは「箱裏ストーリー」です。
もう一つは、小学館スペシャルのゾイドバトルストーリーです。
…ゾイドバトルストーリーは、学年誌を元に後になって再編したものである事は周知の通りです。
リアルタイムでゾイドストーリーが掲載されていた媒体で言うと、「箱裏」「学年誌」になるのかなと思います。

箱裏と学年誌。
どちらも「製品が完成したら急いでストーリーを作って即座に掲載して…」という手順で行われています。
だから両者のストーリーは「大まかには一致しているが、ところどころで違いや矛盾もある」というものでした。
まぁ、リアルタイムというのはそんなものなんでしょうね。
だから、「箱裏ストーリーおよび箱裏改造バリエーション」「ゾイドバトルストーリーおよび登場する改造機」は、同じ世界ではあるが「同一の改造機が出る」ような事は難しかったのですね。

しかしデスザウラーの改造バリエーションの高機動実験機。
こやつだけは別です。
唯一、箱裏とバトストで同じ改造機が登場している。それがデスザウラーなのです。

この事は、やはりデスザウラーが極めて格別の機体である事。そして当時のゾイドが最高潮に加熱していた事を強く思わせるものです。
リアルタイムでの掲載…製品が完成した直後に行わなければならない諸々の作業。その中で箱裏とバトストを完全に一致させる事は並大抵の苦労ではなかったでしょう。
しかし、この時の最高潮に達したゾイドはそれをさせるだけのパワーがあったという事でしょう。



色だけは少し違います。
どちらかというとコングMK-II量産型に近いかな。
これはこれでカッコいいです。



バトストだとこのカラー。
やっぱりこっちの方がシックリ来るかな…?
たぶん、「高機動実験機」のカラーは上の黒黄のものであり、実験機をそのままトビーが受領して実戦機になった事から黒赤に塗り直されたのだと思われる。

ちなみに、



こちらが箱裏の絵。

頭部には荷電粒子集中針があり、威力を高めているとの事です。
個人的な解釈では、量産機はこの装備が洗練され完全に内蔵化されたと思っています。
んー、でも、「なくてもウルトラザウルスさえ一瞬で蒸発させてしまう威力なんだから、むしろ不要」とされたのかも…。

子供の頃、トビー機の頭部がカッコよくて。なんでうちのデスザウラーにはないんだろうと悔しがっていました。
まあゾイドは玩具なので強度的にキットにこれを付ける事はできなかったんでしょうが、HMMないしMPで出るとすれば是非カスタマイズパーツでも良いからお願いしたい所です。

そんなわけでデスザウラーでした。
やっぱりデスザウラーは凄い!

さてさて、これをもって帝国ゾイドの箱裏バリエーションはコンプしました。
我ながら猛烈なスピードでやりました。
さすがに疲れたのでしばらくお休みします。
共和国編はまた機を見ていずれ。

メカ生体をやった反動で、機獣新世紀のものも再開したいなー。
あと、リバセンの各機も継続して行いたいです。
あー、でも、メカ生体ゾイドの帝国側箱裏バリエーションはコンプしたものの、「塗装」はまだ幾つか再現していないなぁ…。
なので、これだけは先行してやるかもしれません。
何からやるかはまだ謎ですが、おたのしみに。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

一緒に見る機会がなかったので気づきませんでしたが、
確かにトビー仕様=高機動実験機で驚きました!

デスザウラーはやっぱり凄いなぁ・・・。

ところで、荷電粒子砲発射用のエネルギーをブースターから得て連射も可能と言う点はどことなくジェノブレイカーのバックパックを連想します。
高機動型のカスタム機同士、ジェノブレイカーにはこの機体のデータも活用しているのだろうか・・・?

そしてコング用のバックパックの汎用性も凄いですね、
帝国改造セットを使用したバリエーションも含めれば大半の帝国ゾイドがこれで高機動型になりますし、高機動ウイングだけでも一応デスザウラーが飛べますし、
機獣新世紀でもジェノブレイカーの先行試作型のプロトブレイカーに高機動ウイングが使われているしで、
帝国の高機動型カスタム装備の代名詞ですね。

それにしても、エネルギーの消費が激しく長期の作戦行動には向かないと言う点に関しては、
トビー機として実戦投入された際に何かしらかの調整で解消したのか、
それても解消できてないのでスケルトン部隊が補給にも万全の体制を敷いて対処したのだろうか・・・?
(バトストの描写的にはスケルトン部隊が補給も担っているようなので後者が有力?)

No title

ノーマルタイプのデスザウラーだと背中が寂しいですもんね…
何気にインテークファンを防御してそうだから純粋に戦闘力アップしてるからこそバトストに登場出来たのかもですね…

No title

このデスザウラーのお蔭でキット買ったら前面装備だけでも同じにするのが常でしたw
首のビーム砲×2カッコよいです。

バトスト版で何より驚いたのは何本も伸びたチューブ類ですね。
表紙で頭部がアップになってたこともありデスザウラーの怖さが際立ってました。
バトスト2の帝国の快進撃は印象的ですが、それにこの怖さが一役買ってましたね。ほんと異質です。

No title

後の量産型等に荷電粒子集中針が無いのは、荷電粒子を「収束させるピン」ということで、点の威力は上がるけれども範囲が狭まることを嫌った、ということかもしれませんね。ギルベイダーのビームスマッシャーとの考察に近いかもしれません。

わたしのイメージではデスザウラーは全部この機体ばりに凄まじい運動性と戦闘力があるはず。と思っていたところ、「あのデスザウラーは飛行ゾイドのパイロットだったトビーだから十分に実力を発揮できた」のであって、他のパイロットでは飛行ゾイドのような横滑りのような操縦はできないと力説された覚えがあります。

デスザウラーmkⅡ

このタイプのデスザウラー、一応高機動実験機=トビー仕様だけというのが箱裏の設定ですが、小学3年生とかの学年誌だと複数機でてますよね
大抵マッドサンダーの相手機として出てるのを見るにマッド対策で増産されたのかもと思ってしまいました。
それとpixivでの小説の感想ありがとうございます
次の作品はなるべく早く投稿できるように頑張ります
次の主役機はもう決まってます

No title

>ラウルさん
デスザウラーはやっぱ別格ですよね!

本機のデータは後々に活かされているかもしれませんね。
ジェノザウラーがそもそも小型・高機動のデスザウラーという感じなので、トビー機が示した「まるで飛行ゾイドのような華麗な機動」は参考にされている気がします。
…ところで、上記の飛行ゾイドのような動きを見せたシーンではまだバックパックを付けていないんですよね。
あの状態から更にバックパックをつけたトビー機はどんだけ強くなっているのだろう…。

補給などはスケルトンが担っているのでしょうね。
しかしデスザウラーの補給を24ゾイド中心で支えるとなれば大変な労力が必要な気がしますね。
大変な苦労が思われます。

>W15さん
帝国機はどうも強化型を見るとノーマル仕様が物足りなくなりますね。
共和国側が重そうだなーというのが多いのと好対照です。

>No Nameさん
共通武器を贅沢に使ってるのが良いですよねー。
デスザウラーは共通武器セットのランナーを二個付けても良かったと思います!

チューブ類はカッコよくて不気味で恐くて、最高ですね!
チューブの露出は後の暗黒ゾイドをも思わせます。この辺もすごく興味深いところですね。

>石蔵さん
なるほど、運用面では無い方が利点が多いというのもあるかもしれませんね!
深いなあ…。

パイロットの問題はなかなか難しい所ですね。
確かに並みの技量のパイロットでは無理でしょう。しかし、視点を変えれば「デスザウラーを負かされるパイロットがそもそも並なわけはない」というのも事実です。
平均的技量が全体の中の平均を指すのか、デスザウラーのパイロットの中での平均を指すかによって違ってくるでしょうね。

>ロイさん
厳密に言うと本仕様はトビーの一機のみですね。
後のバトストに登場したのは、ウイングバーニアーは確かに背負っていますが中央にある装備に差があります。
本仕様はバーニアーの付いた高機動に貢献しそうな装備ですが、後のものはグレートサーベルの8連ミサイルポッドが着いているのですね。
性能も多少は違うのかなと思います。
ただし、デスファイターなど一部の機はトビー機と同じように中央の装備もバーニアーであるものもあります。
その辺を考えてみても面白いですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント