バトリサ3巻感想!

第88回アンケの結果をUPいたしました。
こちら

多謝であります。多くの感想にまみれる事ができて私は幸せ者です。
本当に作って良かったなと改めて思いました。

感想と一緒に今後の希望も項目を設けさせて頂いていたので、そちらの方も今後の参考に大いにさせて頂きます。
いずれにしろ、制作は続けていきたい所ですね。

ゾイドバトルリサーチですが、今後も続けるという一方で、3巻でやはり区切りを迎えたとも思っています。
さて、そんなバトリサ1~3ですが、あとがきページの一部を抜粋します。

161004a.jpg
クリックで拡大

この部分、凄く重要だと作者的には思っております。
なので、そんな風に今後活用していければ良いなとも思っております。

ゾイド研究は今後も続いていきます。


そうそう、在庫は2巻が2冊、3巻はまだ余裕という感じです。
必要な方はお問い合わせをお待ちしております。
(入れ違いでなくなった場合はご容赦ください)

そんな感じです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

3巻の疑問

バトリサ3巻を読んで疑問に感じたことがあったので質問です。

①ブラックチャレンジャーについて
バトリサ3では共和国軍に鹵獲されたためやむなく破壊したとありました。一方、学年誌ではギルベイダーの前座みたいな扱いでおざなりに思えたのですが、暗黒軍はどのような運用を考えていたのでしょうか?
個人的には監視衛星兼重爆撃機ではないかと思っています。

②共和国首都爆撃について
首都爆撃後に市民の間で厭戦気分が広まったとありましたが、これはおかしくないですか?
確かに8万人もの犠牲が出ましたが、中央大陸戦争でもデスザウラー率いる帝国軍により首都を空け渡しているのだから爆撃くらいではそこまで心理的ダメージを受けるとは思えません。
歴史的にも真珠湾攻撃は米国民の戦意を挫くのが目的の1つでしたが、かえって結束を高めてしまっています(南方進出がスムーズに進んだという意見もありますが)。
無論、米空母から発艦したB25による爆撃で日本海軍に衝撃を与えた例もあるので、完全否定は致しません。

長文失礼しました。

No title

ブラックチャレンジャーについては
http://zignition.blog3.fc2.com/blog-entry-3041.html
こちらをご覧ください。
このように想像しています。

首都については、デスザウラーの際は市民は避難しており人的被害がなかったという点が大きく違いますね。


あと、「私はこう考えた」という方向で議論して頂けるのはありがたいのですが、しょせんフィクションの考察というのは各人の妄想なのだから「否定する」という方向で言われてしまうのは悲しいのですけれども・・・・。
議論は楽しんだり昇ったりする為にあるのであって否定し押し下げるようなものではないと考えています。
むろん明らかな間違いだってあるでしょうけどそれにしても最大限の配慮のある言い方があるのではないかなあと思っています。

失礼しました。

キツイ言い方に思われたようですね。申し訳ありませんでした。B25の例でフォローしたつもりだったのですが…。
議論に関しては私も同意見で決して誹謗中傷する気はありません。もう少し言い方に気を付けますね。
改めて申し訳ありませんでした。

No title

返信ありがとうございます。

これを機に、より発展的な議論が出来ると良いですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント