小学二年生が…

小学館の雑誌、小学二年生が2017年2,3月合併号をもって休刊となるという…。
yahooニュース

んー、学年誌。どんどん無くなっていってついに一年生を除いて全滅しちゃうのか…。
かつて書店で全学年分の雑誌がズラリ並んでいて壮観だったのですが、時代ですねぇ。
学年誌を収集しているものとしてはいっそう深い哀愁を感じてしまいます。
先の記事のデスザウラーVSマッドサンダーも小二の記事です。
あぁはかなさを感じる。

記事を見ると、学年誌は73年に絶頂を迎えたようですね。
ところでコロコロコミックは77年に始まっています。
行きつけの個人経営の古本屋さんがありまして、そこは学年誌を含めマニアックな本がわんさある聖域なわけですが、そこの店主さん曰く「コロコロが始まった頃から学年誌が部数を減らした」との事。
(誤解されたら困るので言っておきますがコロコロを敵視しているわけじゃないので注意です)

まぁ、時代のニーズと言うものなんでしょうね。
個人的には男の子向けも女の子向けも、科学学習や自然学習、工場の事、そのほか色んな情報、そしてホビーや漫画もごった混ぜに載ってる学年誌のスタイルは凄く好きなので、やっぱり寂しいなと思います。
学年誌にはよく恐竜特集も載っていて、それでこの分野がますます好きになったというのもあるしなぁ。

メカ生体ゾイドは学年誌を中心に掲載されていて、なので機獣新世紀ゾイドがコロコロ中心になったときは「コロコロに変えるんだ」と思ったのですが、これあまあ部数の推移などを分析した結果というのもあったのでしょうねぇ。
(新世紀ゾイドも学年誌への掲載はあったけどストーリーに影響を与えるようなものは極めて少なかった)
そのコロコロも、少子化をはじめ様々な要因を考えるといつまでも安泰とは言ってられないと思います。
でも子供の文化は凄く大事だと思うので何とか生き残って欲しいなと思う次第です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

機銃新世紀時代から、掲載誌の中心をコロコロに持って行ったのは、当時のTOMYや小学館の(良くも悪くも)英断でしたね。
今となっては小学生向け漫画雑誌としてはコロコロの一人勝ち状態となりましたが、やはり危機感は感じているのか、コロコロ伝説やコロコロアニキと言ったかつてのコロコロ読者へ向けた雑誌の刊行につながっている気がします(コロコロアニキは結構売れているようですし)。
そろそろコロコロアニキでゾイドの漫画も掲載してほしいものです。上山先生の漫画好きでした。

No title

小学○年生はホビーとかの情報や漫画もありますが、学習に関する内容もけっこうあったりして子供のころは好きでした。
コロコロは純粋な漫画雑誌で85%ぐらいが漫画、残りはアニメやホビー、ゲームに関する情報ばっかりですからね。

読んでいた当時の記憶としてもコロコロの方が漫画がたくさんあるからやっぱり好きでしたが、学年誌はただの漫画や遊びの雑誌にならないように工夫をして作ってあったなと今思い出すと感じます。
単純な楽しい雑誌で終わらないように作っていたのはとても良いと思います。
ですが記憶が確かなら学年誌の方がちょっと高かったような・・・・そのあたりもネックなんでしょうかね。

言っちゃ悪いですがコロコロは読んでもただ楽しいだけで何もためにはならなかったな~と思います。確か親も学年誌は買ってくれましたがコロコロは買ってくれなかったですね・・・・。
あとこれは私の地域だけかもしれませんがコロコロの漫画に出てくるギャグはとにかく下らないのでコロコロを読むとおバカになるといわれてました(苦笑

No title

個人的に学年詩はあまり縁が無い方でしたが、こうして休刊の知らせを聞くのは寂しいですね・・・。
何だかんだで時代を感じます。

機獣新世紀で学年誌系と言えば、
昔親戚が持っていたのを見せてもらった中では、
ホビーとしてのゾイドを扱った漫画のゾイドバトラー雷牙や、
アニメ無印のコミカライズ(と言ってもオリジナル色が非常に強く、
ブレードライガーに装着するオリジナルの改造パーツが出たり、
レイヴンが改造ジェノでバンに勝負を挑んで来たり、
ラスボスがデススティンガーの背中にジェノブレイカーの上半身が融合した様なヤツだったりした記憶があります)が印象深いです。

自分はガンダムや勇者シリーズ目当てでテレビマガジンやたまにテレビランドを親に買って貰っていた所からミニ四駆目当てでコロコロに移籍しましたが、
何やかんやで誌面に掲載されていた色んなホビーに心躍らせた思い出があります。

ビーダマンやハイパーヨーヨーにもコロコロがキッカケでハマりましたし、他にも誌面で紹介されたおもちゃを見ていると、
「これ欲しいなぁ・・・。」と思うことがしばしばありました。

個人的にコロコロの漫画はギャグ系のヤツは「子供だったからこそ楽しめたんだなぁ・・・。」な感じたのが多いですが、
ホビー系やアニメのコミカライズなんかだと、
漫画版機獣新世紀ゾイドを始め、当時読んでたヤツは今読んでも面白いと感じるものが多いですし、中々にタメになるヤツもあったと思います。

例えばミニ四駆の漫画の「ミニ四ファイターV」(作者は「特攻!!ゾイド少年隊」の青木たかお先生)なんかだと、
割と初期の方でレースに勝ちたいが為に違法改造(レギュレーション違反のパーツの使用やモーターの分解改造など)をする事について取り上げた話があったり、
子供のレースに親が介在する事(所謂オヤジマシンの問題)に関した話もあったりと、
そのホビーを通して色々と考えさせる話があったりしました。
基本的にはミニ四駆の改造テクや大会参加時のアレコレなどを扱っている漫画でしたが、
こう言うエピソードなんかを読むとコロコロでもしっかりしている漫画は本当にしっかりしていると思います。

コロコロは今ではかつての読者に向けたコロコロアニキで往年の作品のリバイバルなんかをやってますが、
いずれは漫画版機獣新世紀ゾイドの続きも掲載されて欲しいですね。

No title

>No Nameさん
あの決断が大きな効果を出したのですね。
漫画雑誌が強い世の中とはいえ、ボンボンもガンガンも無くなってしまい、厳しい時代だろうなあと思います。
上山先生ゾイドの続きはぜひとも望みたいものですが、終わり方があれだったので超えるべきハードルが多そうでもありますね、、。
もちろん一つ一つ問題をクリアして実現してほしいですが!

>セイさん
今回の内容へのレスで無くて恐縮ですが、
できれば、以前に自ら「お気に障ったらすみません」とまで書かれるような内容で書き込みされておられて、それに対して真面目に返信を返しているわけですから、そちらの方で一言くらい頂けた方が私としては気持ちよくやり取りできますので、ご理解いただければ幸いです、、。
気持ちにしこりを残したまま進むのはひっかかるものがあってしまう。誤解されていないとは思いますがわずかでも心配を残したまま進むよりははっきりさせたうえで進んだ方が諸々良いと考えています。

>ラウルさん
廃刊ではなく休刊…というのが唯一の救いではありますが、やはり寂しいですね、、。

ホビー系の漫画は今でも楽しめるものも多いですね。
基礎的なテクニックを(大いなる誇張をしつつも)丁寧に教えてくれるものも多いです。また無茶な描写でも夢を感じさせるものが多く、いいなあと思えるものが多いですね。

雷牙も良い漫画でした。
小年誌にはあのような漫画が必要だと思います!

No title

>三式さん
あくまでもメールやチャットでは無いので、あまりやりとりすべきでは無いと思いましたのでお返事すべきか迷いましたが大変失礼致しました。

前回書き込みさせていただいたのは、どちらかと言えば「せっかくこんなに毎回色々なユーザーの意見が集まるのにメーカーさんに届かないのは勿体ないな」という気持ちもあったから、です。
今回ゾイドに新たな動きが見えているので、メーカーさんにはぜひこちらのHPは見てもらいたいなぁ!と思う次第です。
活発に活動しているZOIDSのHPも今はとても少ないので・・・・・
今回のアンケートも、自分はまだ考え中なのですが、集まった内容がメーカーさんの活動意欲やアイディアに活かされてゾイドがもっともっと発展していって欲しいと願うばかりです。

私信大変失礼致しました。
これからも更新や活動楽しみにしています。

No title

返信ありがとうございます。
念のために誤解のないように補足します。
いっていただくこと自体はとてもありがたい事です。
より良い交流には「発言する勇気」「受け止める度量」が必要と考えています。
ただし表現に気をつける配慮またはアフターフォローも必須であろうという事です。
発言する勇気、受ける度量、そして配慮。この三つが揃ったときに素晴らしい議論が進むと思います。
今後ともよろしくお願い致します。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント