水でもかぶって反省しなさい

コラムを更新しました。
マーキュリーのやつです。こちら



これ、残り二説も実は既に書けているんですが、ブログでは昨今箱裏バリエ再現の掲載に集中していたのでUPしないまま時が流れてしまっています。
残り二説を掲載した後編は数日以内にUPしたいです。
ご期待を―&よろしくお願い致します。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ホントにコイツの存在は謎ですよね…
PSのゲームに出てくるマーキュリーだと

「ゴジュラスキャノンある分長距離攻撃に困らへん」

ですけれども…
帝国軍の飛行ゾイドの主力はレドラーであって
流石にギルベイダー、ガンギャラドクラスならバスターキャノンくらいじゃないと有効打にならなさそう…ってなるのですがレドラー撃ち落とすならバスターキャノンである必要も…ですしね…


残り2つも楽しみにまってます!!

No title

大砲設置の輸送機としてなら、わざわざ装備状態にするより、ばらしてコンテナに詰めるほうが効率的かも。
個人的にはやはり撃つ方かと思います。
つかうなら近接航空支援かな、と。
B-1、Aー10、AC-130とかある程度航空優勢が取れたのち、空からの支援で陸上部隊のサポートをする。
ノーマルサラマンダーは強力だが高価なミサイルが2本のみ。
しかし、改造機なら強力で安価な砲弾を何発も打ち込める。
(ゴジュラスキャノンはおそらく弾倉も砲身についていると思われるため)
ノーマルは戦略爆撃、マーキュリーは近接航空支援と役割分担?

航空機は航続距離=射程ですが、同時にそれは弱点で、爆撃するには敵の上まで自分で行かなければならない。
陣地を構えればそこから撃ち続けられる砲台と比べ、敵に近づけなければ意味がなく、撃ち落とされる危険がある。
ミサイルなどで長距離から攻撃もできるが、弾数が少なく高価。
通常の飛行ゾイドでは搭載火力にも限度があり、弾薬、燃料の関係で長らく戦場にとどまることもできない。

マーキュリーはそれを解決するための案の1つではないかと思います。サラマンダーベースなので航続力は十分。それを生かし長距離を移動でき、かつ長く戦場にとどまれる。
ペイロードも十分で、ゴジュラスキャノンなど大きく重量がある武装が積める。安価で弾数もあり、高威力、長距離砲撃化なのでサラマンダーは自分の性能を生かして安全な距離、高度で飛びながら攻撃できる。
飛ぶ砲台陣地?を目指した、とか。

あと、完全な推測ですが、ボンヴァーンの設定に出てくるゴゴという人物、彼はゴジュラスキャノン大好きとのこと。
つまり、そんな兵器に今までたくさん触れられる、運用できる職場にいた?
ゴゴは飛行ゾイド乗りだが、だからといって空軍兵士か?ゴジュラスキャノンなんてふつうは陸軍で使われるだろうから、空軍兵士が陸軍武器についてそんなこと言うのはおかしい。

陸の兵器に愛着があり、かつ飛行ゾイド乗り・・・
もしかして、ゴゴは陸軍航空部隊兵?と思ったことがあります。
陸軍航空隊なら近接航空支援も任務として実際にあるだろうし。
ただ、なんで彼がそこまでゴジュラスキャノンスキーになったかはわかりません。
サラマンダー受領以前にアンナ武装を載せられる飛行ゾイドに乗ってたとは考えずらいし、そもそもそんなゾイドいなさそう。
戦場で活躍するキャノンをみてあこがれたのでしょうか?

マーキュリー

個人的にこの機体は、ルーデルで有名なG型シュトゥーカ的な対大型ゾイド特化の改造型なのではと思ってしまいました。
バスターキャノンならアイアンコングやレッドホーン等の大型ゾイドは基本破壊可能ですし、通常型サラマンダーの空爆がアイアンコングには余り通用しなかったために、攻撃力増大の為に無理矢理サラマンダーにバスターキャノンを背負わせたのではないかと・・・
確か妄想戦記では、サラマンダー・ボンヴァーンと呼ばれるマーキュリーとほぼ同型の機体が特定のパイロットでないと操れない的な記述が
されていた気がします。

No title

>w15さん
ゲームだと超絶便利なんですけどねー。
いったい誰を攻撃するんだという所も謎ですね。
レッドホーン用としては過剰な気がするので、やはりコング・・・?
でもコングを狙おうとすると先に撃ち落されそう…。

>3aさん
やっぱりコンテナに積めというのはそうなりますよねー…。
新世紀に登場したガンブラスターを輸送した仕様がありましたが、あんな風な輸送機にしたら一番良いかな・・・?

ゴジュラスキャノンはマガジンが方針の基部付近についていますね。
少なくともあそこに入っている分は撃てるでしょうね。

ゾイドワールドは陸海空を飛び越えて操縦しちゃうパイロットがけっこう居ますね。
思えばクルーガーもガンブラスターとレイノスという全く違う機種を鮮やかに操っていました。
上司のグラハムもハウンドソルジャーの鮮やかな操縦はエース級でした。

あの星は武士道と言うか精神的なものを地球より重視するようなので、憧れで試しちゃう事もありえるような気はします。
そういえばウルトラザウルスの1200mm砲もそんな発想から生まれたものの一種だと思います。
すごい星。そしてそれゆえに魅力的ですね。

>ロイさん
たしかにサラマンダーの爆撃ではアイアンコングに致命傷を与えられていなかったですね。
そこから考えると対コング説は割とアリな気がしますね。
当時の共和国の状況からすると何でもいいからコングを倒せる可能性を模索せよ! という命令が下されていた可能性もある気がします。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント