あまりこういう事を言わせないで欲しいのです

先日の愚痴ぐち書いたコメントが来て云々という事を書きましたが本人から再度コメントがあったので私信致します。
メルアド等記載がなかったのでこちらに記載する事お詫び致します。

とりあえずは丁寧な言葉で謝罪して頂き、こちらの思いをある程度汲んでいただけたと思いました。
その事についてお礼を申し上げます。
ただそのうえで更に私とHPの方針についての要望が書き連ねてありましたが申し訳ありませんがお断りします。
説明しないと分かって頂けないようなので下記致します。

今回お断りするのは内容云々の問題ではありません。
度量の狭い事で申し訳ないんですが、もう私は貴方からのコメントを頂く事が苦痛なのです。

受け入れる事は強い事だと思います。このようなお断りをするのは私に度量がなく弱いからです。すみません。
ただ本当に申し訳ないんですが、精神的にそんな状態じゃないんです。

サンドバックのようにぶっ叩いて、注意したけど無視して更に叩いて、二度、三度、四度・・・と何度もぶっ叩いて。
たまりかねて先日のような記事を書いたらようやく分かって頂けたようですけども。
もうボロボロなんです。
殴り倒した相手に、「すみませんようやく理解しました。…さて、じゃあ今度は話し合いたいです。こうしてください」なんて言われても…、マトモに対応できないんです。

例えとして適切かどうかは分かりませんけども、例えば痴漢をして女性に恐怖とトラウマを植え付けた犯人が居たとしましょう。
で、その犯人が「反省しました。反省したから貴方がこれから同じ目にあわないような方法を考えました。今からそれを説明します」なんて言って玄関まで押しかけてきたら恐怖でしかないでしょう?

精神がもたないんです。恐怖もあるんですが、同時に相手を受け入れられない自分の小ささを思い知らされているようで辛くなるんです。
やってる方は、俺は落とし前をつけたとでも思っているのかもしれませんけども…。
正直、やられた方からすると来ないで下さいとしか思えないんです。
相手を叩きすぎて壊してしまうとはそういう事です。

一度や二度なら大事にならなかったでしょう。私にだってその程度の度量はあります。その時点で応じて頂けていたなら修復して良好な関係に至っていたでしょう。
でも、自分に嘘はつけない筈です。やった回数を思い出して見ましょう。思い出せないくらいでしょう? なりすましまでやった事もありますね? そういう事を何度も何度もやった結果がこれです。
それを認識して下さい。認識したなら、もはや黙るしかないと分かるでしょう?

見るなとまでは言いませんがコメント等をこちらに送る事はご遠慮ください。視界に入らないで欲しいという事です。
べつに永遠にとは言いません。ですが心を癒し受け入れるようになれるには相応の時間がかかります。
ご理解ください。コメントを再び可とする時が来るとすれば、それは私がその旨を言った時だけです。

私信は以上です。
(他の方もコメ欄等で氏についてあれこれ書く事は遠慮して頂けるとありがたいです)




以下、そういう事を書く心境になったのでつらつらと追記。

たまに…、こいつは叩いてもいい奴やろと思われる事があります。
また、私は放っておかず正面から想いを伝える選択をする事が多いので、こいつはダメージ受けんのだろうと思われる事もあります。
いやいや、そんな事はないです。
私にも心があります。当たり前ですが叩かれれば辛いです。目の前が真っ暗になり何も考えられなります。深く落ち込み悩みます。
むしろ、あーぁ何でこんなに気にするんだろうと情けないなあと思う位にダメージを負っています。

HPのコンテンツを見て頂いたら分かると思いますが、考える事が好きなんです。
それが探求する事には良い働きをしているんでしょうけど、逆に何か言われた時も考えすぎてしまう所があるのでしょうね。
多分、凄く脆いです。豆腐ですね。でも豆腐メンタルって悪い事だとも思わないんですが。
傷ついたと言ったら、豆腐すぎwwそんなんで傷つく位なら最初からすんなww みたいに叩かれている事はネットではよくあります。
メンタルが強固じゃない人は何もやっちゃいかんのかと思います。いずれにしろ、豆腐すぎww というのは叩く側の理屈です。

放っておけ、気にするな、妬んでるだけ。そのように仰って頂く事もあります。
多分、それは正しいと思います。ただ客観的な正しさです。
申し訳ないけど、心が辛いというのは本人の主観なんです。当人が当人の事を言われているから辛いんです。その気持ちは当人にしか理解し得ないものです。
それなのに「こうだから」という客観的な正しさを伝えられても逆効果である事を認識してほしいです。
落ち込んでいる時に客観的な正しさを言われると、君の考えは世間とは違うよと、君は誤った認識を持っている間違った人間なんだよと言われている気にさえなります。

深く傷ついた人が居れば、是非とも客観的正しさではなく寄り添う心をもって語りかけてください。
むろん客観的な正しさを示す事が重要な時もあります。
ただ私が思うに、深く傷ついた状態というのはそれを受け入れられるようなものではない。
傷が癒え客観的な正しさを受け入れられる状態になって初めて言っていい事だと思います。

有名税みたいなもんと言われる事もありますが、それが仕事ならある程度はともかく、個人が趣味でHPやってるだけなのに不条理でならないです。
注目度が高くなればそうなるのは理解しますが…。




これでも、あぁもうやめちまおう…と思った事はあります。一度や二度ではなく、何度も。
それ位にまで精神が病んだ事は思い出したくもないですが稀じゃない程度にはあります。
でもその度に、うぅーん…でもなぁ…更新するかぁ…と危ういバランスながら戻ってきています。

そんなまで言うならしんどい時は更新休めば? とも思われるかもしれませんが、私にとってZoids Ignitionはやるかやらないかなんです。
そこは譲れない覚悟であり誇りなんです。張り詰めすぎる事は良くない・多少の遊び幅をもたせた方が良いというのは理解しています。
ですが、Ignitionは点火という意味です。私が燃え上がっていない限りZoids IgnitionはZoids Ignitionじゃないと思っているんです。それは毎日更新です。
その張り詰めた中にあるからこそ様々な考察が出来るしゾイドに対する思いや熱を持続する事が出来ると思っているんです。
多分、たった一日何かの拍子に更新をサボったら、その日から一気に何もしなくなるかもしれない気がしています。

でも、個人サイトにはそういう所が多いんじゃないかなあ…。うちは毎日更新というかなり極端な例ではあるんですが。
更新は楽しいからやっているんだけど、やっぱり面倒な時もあります。
でも、自分の「好き」を維持したくて。ある程度の張り詰めた気持ちをもって更新しているサイトも多いんじゃないかな。ハッキリと意識してというよりは無意識的にだと思いますが。

活発に動いていたサイトがある時から終了の告知もないまま一切更新されなくなった。それはよくある事ですが、「何かの拍子に折れてしまった。その原因は何でもないような事かもしれないけど、それによって張り詰めていたものが一気になくなってしまい終了告知さえ出さないまま終わってしまった…」という事が多いんじゃないかなあと思っています。




私はHPって「参加自由」っていう看板を出しつつ庭でバーベキューやってるようなもんだと思っています。
食べ物焼いてるんですね。
私は色んな方と楽しく交流したいから、頑張って肉や野菜を仕入れて焼いてお出しするんです。もちろん自分でも食います。
もっともっと人が多くなれば楽しいと思います。
楽しんでくれる人が居る事は嬉しいのですが、例えば「シーフードも焼いてみたら?」とかそういう提案もより多くの人が楽しんでもらえるアイデアだから嬉しいです。
もっと言えば「この肉固い」「ドリンクの種類が少ない」なんていうのも、それを改善したらより多くの人が楽しんでもらえるアイデアだからありがたいです。

でも中にはその提案を受けられないものもあるんですね。
検討はする。出来るだけ受け入れる方向で考えたい。
でも、ちょっと値段が高すぎるから仕入れられんなぁとか、固いと思う人も居るけど多くは丁度いいと言ってくれてるから現状でいいんじゃないかなとか。そういう場合もあるんです。
そういう場合は提案ありがとうでもちょっと無理ですと言って断りますのでそこで終われば良いですね。

世の中には色んな人が居るので、アイツは提案したのに受けなかったのでダメだとか、あそこはシーフード無いからクソみたいな言い方をされる事もあります。
んー…、趣向に合わないものがあれば私としては力量不足で申し訳ない限りなんですが、参加自由というのはつまり退席も自由という事です。
同じように庭でバーベキューを主催している人はごまんといるから自分の趣向にあった所を探せばよろしい。
探してもないのなら、その方自身が自分の庭でバーベキューを主催し人を呼ぶという選択肢もあります。

ややこしい人は退席する事はなく、何度断ってもごり押しして来たり、楽しく参加してくださる方にまで不満をぶつけだしたりするから面倒くさいし迷惑になってしまいます。
いつの間にか、主催者の庭でやってるバーベキューである事を意識しなくなってしまわれるのですね。

別に思うのはいいんです。趣向は人それぞれだし努力しておもてなししても限界はありますから不満は出るでしょう。
でも主催者は参加してくださる方に「あなた達が来てくれたから楽しめています。今後もいっそう楽しんでいただけるように努力します」という感謝を持ち、
参加者は「あなたが主催してくれたから集まれているのです」という思いさえ持っていれば、相互に気持ち良い関係になれるのではないかと思います。
もちろん意見を言って頂ける事はありがたいのですが、暴言のようになる事はなくなるんじゃないかなと思います。

理想的には、主催者が張り合いを持って食材を仕入れて焼く。しんどいと思う時もあるけど良い関係を築いてくれる参加者が居るからまだ頑張ろうと思える という関係だと思うのです。

そのようなやり取りの中で、この庭が自分に合うと思えばずっと居て交流を続けて欲しいし、合わないと判断すれば残念ですが退席して頂ければ良いと思います。

説明になっているんだかなっていないんだかよく分かりませんが、私はそんな風に思っています。
そんなわけで、ブログもHPも更新していきたいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

読んでいて個人的に思う所があったのでコメントします。
イジメを例にしたちょっち暗い話なのでご容赦を・・・。

自分、昔は小・中・高〈思い返せばその前からも)ずーっとイジメられる側だったので、今回のお気持ちはよく分かります・・・。

イジメられる側にとってイジメる側と言うのは凄く怖い。
ふり返れば私自身にもイジメられる原因は少なからずあったと思いましたが、
当時は中々それに至れませんでしたし、今思えば性格的にもイジメられ易い所があった様に思う時もあります。
しかし、それ以上にイジメる側の行いは不愉快だし怖いし精神的にとても辛いものです・・・。
自分がゾイドやガンダム、ミニ四駆などの趣味にのめり込んでいったのは、
そう言ったイジメられ続けた中での癒しであり、心の支えとしての側面もありました。
(もちろん、それらが大好きである事がのめり込んだ一番の理由ですが。)

そんなイジメられた側の心理から言えば、今回の件についての私の個人的な見解ではありますが、
例えイジメた側が相手の事を理解して自分の行いを反省した上で仲直りを持ちかけて来てくれたとしても、
そこで直ぐに「話し合いたい」・「こうしてください」と言われるのは、
イジメられた側にとってはこれまでの事があるから素直に受け入れ難い事です。
それが何度も同じことを繰り返された上であれば尚更です。

イジメた側がこれまでの事を反省するのはいい事です、その上で相手と話し合いたいと思うのも良いです。
しかし、それを「これまでの事は本当に申し訳ありませんでした反省しています。 さて、今度は話合いをしたいです。 こうしてください。」と、
反省して直ぐに言うのはイジメられた側にとっては堪ったものではありません。
イジメられた側にとっては、これまでされた辛い事の記憶も新しい内にイジメてきた相手がその舌の根も乾かない内に迫ってくる様なものです。

反省して、その上で話をしたいのであれば、
まずは反省した旨を述べた上で、話をする前にせめて相手の事を考えてしばらく冷却期間をおいて欲しいと私は思います。
イジメられた側にとって、それだけイジメた側と言うものは恐怖の存在なんです。

これまで散々イジメを例にしてきましたが、
これは極端な話、加害者と被害者の関係が成り立つ事柄には大体当て嵌まると思います。

また、こう言った人間同士のコミュニケーションは、
ネットだろうと現実だろうと人間同士が向き合って話している事に変わりはありません。
匿名でお互いの顔が見えないというのも極端な事を言ってしまえば気休めにすぎませんし、
むしろ文章と言う形でどういう人物であるかが鋭敏な形になる事さえあります。
だからこそ、ネットでも現実でも相手を思いやる精神は大事なものです。

私は基本的に物事を好意的・肯定的に捉えつつ、その物の悩み所や自分との相性などを含めて良い所と悪い所を見い出して、それを丁寧に伝える事に努めながら、素直にコメントなどをしていくスタンスでいます。
しかしその一方で、自分はプレッシャーに滅法弱ければ他者から自分に向けられる負の感情などにも凄く弱いです。
そう言った事もあって、私は長年自分のサイトの運営を続けている三式さんの事をとても尊敬しています。

今回の件は自分の度量が狭いとか、相手を受け入れない自分が小さいとか、そう言う事は無いと思います。
むしろ何度も繰り返していたであろう相手にここまで真摯に向き合い続けた事は十分に立派な事だと思いますし、自分ならきっともっと早い段階で折れていたと思います。

人間何事にも限度と言うものがあります。
とくに精神的なものの場合、何が限度を超えて決壊するトリガーになるかは分かりません。
だからこそ、限界を感じた時は素直に限界だと言えばいいと思います。

長々と湿っぽい話を続けてしまいましたが、今回もまた自分にとって思う所があったのでこの様なコメントをいたしました。

私は三式さんのスタンスはとても立派であると思います。
先日の「対話をしましょうという事」へのコメントの返信もとても嬉しかったです。
これからも無理をなさらない範疇で頑張ってください。

長文失礼しました。

コメント失礼します。悪質なコメントで気分が病んでしまってこれからの貴方の記事が読めなくなってしまうのはとても辛いので是非ともそういう方々がいる一方でとても楽しんで見ている人も沢山いることを思い出していただいて負けずに活動を続けて頂けることをお願い申し上げます。応援してます。

No title

>ラウルさん
ありがとうございます。
いじめ問題の議論を見るとよく争点になるのはいじめられる側に理由はあるのかという事ですがこれほどバカバカしい議論はないと思います。
仮にいじめられる側に何らかの理由があったとして、それはいじめても構わないなんていう事に繋がるはずはないからです。
人はそれぞれ個性があるから必然的に気に入らない部分等も出てきます。
それを突破口に傷つける方向に走る人が居れば愚かな事です。人は理性があるのだから、感情を制御し共生できるようになりたいです。

辛い経験を語らせてしまい申し訳ありません。
今後ともよろしくお願い致します!

>サンライズ曙さん
もちろん多くのご支援いただいていること認識しています。とてもありがたい事で大いに支えられています。
これからもご支援をよろしくお願いいたします!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント