くりむぞーん

メカ生体以外のゾイドの線画。

クリムゾンホーンです。
リバセンの新型の中では随一の大物ですね。

レッドホーンがごってりとなっていて顔もよりデカくなって迫力十分。
良き良き。
背中の密集した砲はハリネズミのような具合。多砲塔戦車のイメージでしょう。
背中はギミックも凝ってて良い感じです。ただ動かない砲塔が一部にあるのはチト残念でした。
あと砲身のデザインが微妙だと思っていて、あれなら素直に円柱型の砲身で良かった気もしています。

背中のデザインは密集したハリネズミのような砲というのが魅力でもあり弱点でもあると思います。
ゾイドの場合は小型砲を密集させるより大型砲をドカンと積んだものがおおくハッタリ感があって好きかなー・・・とも。
(側面に大型砲もあるけど目立たないようになっているので印象に薄い)

ただまあ、リバセンの世界観は大型ゾイドがのきなみ行動不能で小型ゾイドが中心となった世界観だったから大型砲じゃなくて小型砲が密集した仕様というのは正しいのだろうなあとも思います。

顔は良いですね。レッドホーンとはまた違った感じですが、クリムゾンの顔も三次元曲面を使った秀逸なラインだと思います。
あごのキャップ受け部分をレッドホーンと比べると金型の進化を感じる事もできます。
デッドクラッシャーホーンも鋭くなっててかっこいい。
ただ唯一思うのは、フリルの荷電粒子砲は余計だったかなーと思っています。


フリルはない方が好みかも…。
射角がかなり微妙にしか付かない事も微妙感を強く思わせます。

計画では尾部先端もクリムゾン専用装備になる予定で、ダチョウ型超小型ゾイドのような造形になる予定だったのだとか。
ぜひ見てみたかった気がする。
電ホビにクリムゾンの作例が載った号を見ればその絵なんかも載っていたと記憶しています。

色付けはまだです。
そのうちに…。
クリムゾンとレッドホーンカスタムの色は三本の白線が凄くカッコいい!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

クリムゾンホーンは機獣新世紀序盤(ファンブック1巻の帝国快進撃の1シーン)のレッドホーンの活躍と合わせて小型ゾイド中心の環境における大型ゾイドの脅威が伝わってくるゾイドですね。

個人的には両サイドのアームにリニアキャノンが付いている事と合わせて背部の多砲塔装備は要塞感が出てて好きです。

その一方で、私もフリルの砲はちょっとごてごてし過ぎてて無い方がいいかなぁ、って思います。
ただ、この角のボリューム感も中々捨てがたい魅力があるので、
荷電粒子砲ではなく、Eシールドなどの別の装備であればよかったとも思います。

ところで、尻尾先端の装備ですが、うろ覚えですが確か電ホビに載ってた作例か設定画だったかに載っていたヤツだと、
クリムゾンホーンにした時に余るレッドホーンのビークルを流用する事で、
通常時はHMMレッドホーンみたいな尻尾先端にビークルが付いているような状態になっていて、そこからビークルが分離して追加された新規パーツの足が展開する事でダチョウ型になる、って感じったと思います。

あと、電ホビの作例だとジークドーベルを連れたダークホーンカラーのクリムゾンホーンの作例もカッコよかったです。
ダークホーンもそうですが、レッドホーン系は暗黒軍カラーが凄く似合うと思います。

No title

クリムゾンホーンには荷電粒子砲が搭載されているのに新世紀のレッドホーンタイプには搭載されていない・・・
興味深いですねぇ

No title

偏向荷電粒子砲……。
確かに、スティラコサウルスの特徴はフリルの六つの角とはいえ、ちょっと太すぎるし、キットとしてはかさばるというか。

でも、あの凶悪さが増した顔はカッコいいんですよねえ。
HMMとかでリファインされてもいいですよねえ……。

小型砲塔のデザインも、未来的な感じがして好みです。
色々と惜しいゾイドでしたね。
もうちょっと活躍が見たかったです。

「スティラコサウルス型」ゾイドとして

恐竜好きとして、レッドホーンは好きですが、クリムゾンは買いたいとは思えませんでした。ギミック要塞や戦艦みたいで面白かったし、活躍も目を見張るものがあったんですがね。

主な理由はモチーフの再現度の違いです。
レッドホーンはスティラコサウルスの頭部形状がかなり大胆に変えられているにも関わらず、パッと見たときにちゃんとモチーフの恐竜らしく仕上がっていました。あのセンスは今でもミステリーにすら感じます。

一方クリムゾンはそのレッドホーンの意匠を受け継いではいますが、フリル(ホーンレット)の形状がモチーフから離れてしまったように感じました。武装のレイアウトの都合上、あの形が都合がよかったのかもしれません。

せっかくレッドホーンをアップデートするなら、MSのアイザックみたいに頭部後方にホーンレットを張り出したデザインで落ち着いていれば、新時代のスティラコサウルス型ゾイドとして魅力的だったんじゃないかと思わずにはいられません。

背中に武装を積むことが多いゾイドの場合、角竜型ゾイドのホーンレットは邪魔になりやすいのは理解できるんですが。

No title

>ラウルさん
小型ゾイドにとっては脅威になったでしょうねー。
砲門数が大幅に増えているので、余計に脅威度が増していそうです。

背中のユニットは、小型砲が多いので迫力が少しなー…と思った事もありますが、小型ゾイド中心のリバセンを考えると凄く理に適っていますね。
フリルは個人的には荷電粒子砲ではなく時期嵐の中でも確実に味方各機に通信を送るための強化アンテナのような設定だとベストだったかなーと思っています。

電ホの作例はリバセンのはどれも凝ってますよね。
さすがタイアップしただけはあると言う感じ。
クリムゾンの作例は、製品ではオミットしてしまった箇所まで補完する気合の入った作例で印象に残っています。

>W15さん
実はハッタリで全く別の装備だったかも…という可能性も……。

>やまさん
もうちょっとバランスがあればなーと思います。
特に下部のものは脚に干渉しすぎて…。
後ろに向けていると歩行時に脚が当たって前にいっちゃうんですよね、、。

顔は三次元曲面を活かした感じでいいなーと思います。
下あごが別のカラーなのも好きです!

>A-10に乗りたい人さん
何となく分かります。
スティラコサウルス型というよりはレッドホーンを基にした強化タイプという趣が強いですね。
ゾイドはノーマルタイプはモチーフに忠実、MK-IIはノーマルタイプを超兵器化といった感じがしますが、クリムゾンは後者に近い発想ですね。

角竜はフリルやホーンレットで色々と差を出せるモチーフだと思うので、そんなゾイドがまた見てみたいですね。
ティラノサウルスに次ぐ人気カテゴリーがトリケラトプスを始めとする角竜だと思うので、ぜひまたチャレンジして欲しいです。

No title

これが出たときには、とてもワクワクしました。レッドホーンもダークホーンも好きなので、その新改造型が出るとは。でもあまりに値段が高くって……(泣)

せっかく頭部をすげ替えるのなら、いっそ別のタイプの角竜型にしてもよかったかな、と思います。角竜って、角やフリルにいろんなタイプがあっておもしろいですから。
ただ、その荷電粒子砲を取り付けないで(もしくは付けるにしてもゾイド本来の部分でない「外付けパーツ」と考えて)見ると、モノクロニウス型に見えると思います。よいと思います。

なんで威力の小さそうな小型火砲ばかり増やしたのかと、重武装世代の自分は思っていましたが、そう言われてみると、この時代の仮想敵は小型機ばかりなので、合理的な武装でしたね。で、後の時代になると中型以上が増えたのでクリムゾンホーンの武装は不合理となり、元のレッドホーン仕様に戻されました、ということで、レッドホーンに一見後戻りしてしまった部分までうまく話の辻褄が合いそうです。

個人的には、あの人工的なアーム部分に最も違和感を覚えました。メカとして考えればどこにアームがあろうと機能的であれば別によいと思うのですが、やはりゾイドが動物を象ったメカである以上、背中から手が生えているのはちょっとどうかと思います。あれがなくても完成しているデザインなのですから、なくてもよかったのではないかと思います。それに、(これもまったく個人的な好みの問題ですが)アームで敵機を掴み上げて戦うより、その立派な角で突き上げて戦う図のほうが絵になると思います。

もう少し値段が安ければ、いくつか買って改造したりして楽しみたかったゾイドです。

No title

この時代にレッドホーンの改型が出るとは驚きでしたよね。
性能的な拡張性の高いレッドホーンですが、キット的な発展性も抜群ですね。

角竜だとモノクロニウスやカスモサウルスなんかも勇名なので、ぜひ開発して欲しいですね。
スティラコサウルス型にこだわったのは野生体の種類がそれしか居なかったから…かな?

アームは同感ですねー。
バイオティラノのリブ・デスサイズにもちょっと違和感が、、、。
ロボだと良いのですが。

クリムゾンの隠し腕は、開発中のスケッチによるとゴジュラスを固定する目的で使用し、固定した後に角で突くという戦術が想定されていたようです。
悲しいかなリバセンの世界ではゴジュラスが登場しておらず、そのように使われる事は無かったのですが…。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント