全高問題

お便りを頂きましたのでそのお題で。
多分、私だけの考えよりも皆様で色んな意見を出して頂いた方が発展すると思いますのでよろしければご意見賜れれば幸いです!
背の高いゾイドの運用に関してです。

----------
ただいま、考えていることがありまして。
ZOIDSって、どこまで地形戦をやっているのかなと考えております。
ZOIDSには小型から大型までいますので、地形戦が不可能ということはないでしょう。
しかし、ゴジュラスに代表されるような全高が21mを超えるサイズとなると……。もはや地形戦はできないのではないかなと首をひねってしまいます。

いや、高層ビルの立ち並ぶ市街地や、ZOIDS専用の樹木が生えた森林などなら可能なのかもしれないとも考えます。
しかし、それ以外では?
特に、起伏のある丘などの場合にはゴジュラスサイズまで行くと全高が高すぎてまともな地形戦はできなかったのではないか。
そうなると、もう機体性能だけでゴリ押しする身も蓋もない戦術しか取れないのではないかと考えてしまうのです。

----------

との事で、ありがとうございます!
んまぁ、確かにゾイドはデカいから発見されやすいっていうのはありますよねー…。



地球の一般的な大きさの戦車と比べるとまぁ、ゾイドのデカいことデカい事…。
(戦車は現在の米軍主力であるM1エイブラムス戦車です。90式戦車もほぼ同じサイズ)


「Mark.1」という雑誌にゴジュラスが偵察を行うエピソードが掲載されています。
「夜間、上空を警戒するシンカーが飛ぶ中、帝国開発研究所に向かうゴジュラス」という感じでした。
その際、シンカーが上空に現れた時には「森に身を隠す」事をしていました。
なので、推測された通り、森林なら身を隠す事もできそうです。
市街も大型のビルならゾイドを隠すには十分かと思います。
バトスト4巻のマッドサンダーが突き崩しているビルの大きさ、そのほかにも市街戦を映した様々な資料から考えるに、ゾイド星にも都心部だと大型のビルがあると考えるのが自然と思います。



問題は仰られるような比較的なだらかな丘などの開けた場所でしょうね…。
全高のあるゾイドは遠くからでも容易に発見されてしまいそう。

これに対する見解として決定的なものは持ち合わせていないんですが、今の所の考えとしては「前傾姿勢」にて移動する事で解決できなくもないかな というものです。
ゴジュラス、ゴドス、イグアンなどはキットとしては直立ですが、前傾にもなれるのかなーと考えています。


こちらは2000年の次世代ワールドホビーフェアで発売されたカレンダーのゴジュラス。アニメ放映時にも映されることがあったかな…。
むちゃくちゃかっこええゴジュラスです。カノントータスも居るし重砲部隊ですね。
こんな風に前傾が可能だと思います。


このシーンのデスザウラーも、ドームの中に身をかがめて潜み、起き上がると同時にドーム天井を突き破ったのかな?

ウルトラザウルスも、ビガザウロと同様に首を下げ状態にも出来るのかなと思っています。
アニメでもグラビティカノンを撃つ際にそのようになっていたし。

なので発見を避けたい際は可能な限り全高を低くして移動。戦闘時には立ち上がって戦うという感じを想像しています。
(…上の戦車との大きさ比較を見るに、かがんだ程度で効果はあるのか? という疑問がないわけではないですが…)

ゴジュラスやゴドスが前傾できるならゴジュラスギガの革新的変形機構はどう解釈するんだと言われそうですが、この点の解釈としては
・ゴジュラスなど旧型は前傾姿勢が「できる」だけ。
 姿勢の変化に要する時間が長く戦闘時に悠長に変形する暇はない。
 また前傾しても最高速度が劇的に上がるような事もない。
・ゴジュラスギガは変形が「瞬時」に行える。
 姿勢を変えてからの追撃や追いついた後に起き上がって格闘戦をする事がシームレスに行える。
 ゆえに有効性が格段に向上しており革新的である。
という感じの解釈です。


あと、もしかすると…、
「機体性能だけでゴリ押しする身も蓋もない戦術しか取れない」との推測はあんがい正解かもしれないとも思いました。
「機体性能だけでゴリ押しする身も蓋もない戦術で構わない」という解釈です。
バトスト1巻にレッドホーンVSゴジュラスの一戦があります。
この際にレッドホーンは砲撃を行った後に突撃をするという戦術を採っています。そしてゴジュラスに破壊されている…。
砲撃を受けながらも、「格闘戦をせざるを得ない距離にまでゴジュラスが接近している」というのは大きく注目すべきです。
レッドホーンの砲撃をマトモに何発も受けながら…、しかも最後の方はかなり接近した位置からも被弾しただろうに、それでも破壊されていないのは脅威でしかありません。
大型ゾイドの大型砲を、しかも至近距離から受けても倒れない。
おそらくですがゾイド星における最強の砲は、やはりゾイドが搭載する砲だと思います。なぜならゾイドのエネルギーを使用して発射できるからです。
さてそんなゾイドの砲撃に耐えられるゴジュラスだから、ごり押しでも構わないという強引なものになったのかも…。

もっとも、後の時代にはコングのミサイルが登場します。これはおそらくミサイルであるからコングから外しても独立運用できる。
このように時代が進み技術が発展するに従い、ゴジュラスの強引な運用は次第に難しくなっていったとも思いますが。


最後、また別の説。
ゴジュラスの全高に関して、「見つかりやすさを承知であえて高くした」ような珍説も一つ。

ゴジュラスはグローバリーIIIの飛来より前に開発されているゾイドです。この頃は緩慢な”アーリータイプ”ですが、大きさは同じでしょう。
この時代のゾイド星中央大陸の戦いと言えば…、まさに前時代的なものでした。
前時代的というのは技術的な未熟でもありますが、戦略と戦術の未熟でもあります。

「History of Zoids」には、「囮部隊を使用した陽動作戦」をゾイド星に伝授するシーンが出てきます。
これにゾイド星人は大いに驚き、陽動作戦を使われた敵はまんまと騙され大敗しています。
中央大陸制覇をかけた全面戦争をしているのに、「この程度の作戦さえなかった」のは何とも。
この辺りは、地球人でいうと「中世の騎士」のような精神を持つゾイド星人ゆえかもしれませんねぇ。

さて中世のような戦いだったとすれば、戦いに誇りや名誉を感じる気風が極めて強かったと思います。
名のある者は愛機に独自の装飾を施したりしていたでしょうね。

合戦において、武士は「名乗ってから戦う」ような事も多かったそうで、これは後々に「誰の手柄だ」というのが分かるように宣言する意味合いがあります。
また、堂々と戦ってこそ武士であると言うか、逆にいうとだまし討ちをするなど武士としてどうなのかという風でもあった。
精神面を尊重する考えは、勝利を目標とするなら甚だ非合理的な選択をさせたりもします。

古来、日本では夜襲は卑怯であると考えられていたそうです。
その為、保元の乱にて源為朝は夜襲を一旦は計画したものの「相応しくないから」と最終的にやめてしまったとの事。

当時のゾイド星人が似たような精神をしていたとすれば、あえて目立つ背の高いゴジュラスを作って、堂々と戦場に赴き戦う事を目的にした事もあり得るのかなーと思ったりしました。
その後、地球人の来訪によって「合理的な」「勝利を目的とし、その事のみを追いかけた戦闘兵器ゾイド」が登場するわけですが、精神面は一瞬で切り替えられるものでもない。
そうした事もあり最後まで肥大化を続けたのかなとも思いました。

色んな背景があってゴジュラスは開発され、そして運用されたと思うと面白いと思いました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

戦闘機械獣のすべてでもゴジュラスの高さについては文句が言われてましたね。
そのデメリットも考慮しているが、やはりこいつは外せないというのが感じられました。
後年の砲威力の進化にゴジュラスがどれだけついて行けたのか分かりませんが、現実のティラノと違い、ゴジュラスと言うゾイド自身が自分の全高を下げるのを嫌がったのかもしれませんね。
前傾姿勢は取れるはずなのに、パイロットの操縦に反して言うことを聴かないとか。

後は単に弾数の話もあるかもしれません。
バトストはワンシーンだしアニメでは性能が誇張された面もありますが、やっぱりゴジュラスを破壊するだけの威力と弾数を備えたゾイドは(今でも)少ないのではないかと思います。
弾が無くなる⇒でも放置すれば前進を許すだけ⇒突進せざるを得ない、みたいな。
機動力は十字砲火や範囲攻撃で抑えられるけど、純粋に装甲に優れたゾイドはやっぱり厄介ということで。

No title

被弾を前提とした設計故あえての全高がたかいままの姿勢だったのかもしれませんね・・・
モチロンこの時代の恐竜の考え方はしっぽをひきずるタイプの姿勢だったわけですが逆に前方の装甲を頑丈にしておけば敵の強力な砲撃にも十分に耐え抜き持ちこたえることができる…というコンセプトだったのかもしれませんね

もっとも隠密行動はむずかしかったのかもしれませんね
考察通りゴジュラスガデカすぎて平原などでは容易に捕捉できそうですし後の量産型やガナーだと前傾姿勢でもバスターキャノンがさらに隠密行動を難しくしたかもですね・・・

とはいえうろ覚えなのですが中央大陸は地形が複雑とのことでゴジュラスがはじめてアイアンコングと戦ったのは平原でしたが・・・それ以外のところでは山脈だったり森林だったり頑張れば身を隠せるようなところが多々あったのかもしれませんね

No title

ゴジュラスを純粋な兵器として考えると、被弾前提でも勝算のある場合は前線で強引な突破に使いたいと考えます。しかしそうではなくなった場合には、やはりバスターキャノンを背負わせてカノントータス的な後方火力支援のための運用で使いたいと思います。またいざ後方部隊が敵の特殊部隊か何かに強襲された際には持ち前の丈夫さと格闘能力で部隊を守る役割も期待できそうです。
森林であればゴジュラス密林戦タイプにさらにギリースーツを被せて潜ませ、敵の索敵部隊などを突然強襲させるなどしたら、襲われた小型ゾイドなんかは半泣きになるんじゃないかと思います。どうでしょうか?

地球人とゾイド星人の戦闘や戦争に対する根本的な意識や気質の違いも影響しているのかもしれません
惑星の生態系と環境に準じた決して覆らない概念とでも言いましょうか、大艦巨砲主義かそれに近い精神が普遍なのかも
巨大ゾイドはハリボテなどではなく、陸を進む戦艦のような体躯どおりの揺るぎ無い戦闘力や耐久力の高さもその考え方を確固たるものにしている可能性があります

No title

ゴジュラスを取り巻く状況の変化は激しく変化を続けました。
それを踏まえたうえでゴジュラスはあの巨体だから必要とされたのではないかと思います。

ゾイド黎明期においては名乗りあっての一騎打ちを行う風潮の延長上にある戦場。
格闘戦をメインに据えた戦い。
火砲が未発達で、火砲のみでゴジュラスを倒すことがほぼ不可能な環境。
なるほど、このような状況の中では全高が高くタフネスと格闘能力に長けたゴジュラスは誰もが求めた無敵ゾイドでしょう。

少し年代が進むとまた状況が変わります。
アイアンコング等の出現による格闘戦の相対的な重要性の低下。
セイバータイガーやヘルキャットの投入による戦場の高速化。
なにより火砲の発展によって、砲撃戦でゴジュラスを潰すことのできる可能性が高まります。
しかし変化は敵だけに起きているわけではない。
ゴジュラスのサポートには優秀な後方支援が付くようになりました。
ウルトラザウルスやカノントータス等の優秀な砲撃機。
シールドライガーやコマンドウルフによる高速部隊の出現。
ここに至ってゴジュラスに求められる要素も変わります。
ゴジュラスが前衛として敵の圧力を支えて打ち払い、砲撃機が敵集団に決定的なダメージを与え、側撃や追撃を高速部隊が行う。
これらの連携の中でゴジュラスが役割を果たす時に、全高の高さはもはや論ずるに値しません。
この時代においてはゴジュラスに求められているのがタフネスであり、ゴジュラスのタフネスは間違いなく体の大きさが関係しているからです。
そしてこの時代においてもゴジュラスに代わる存在は生まれませんでした。
ゴジュラスに求めたタフネスは、ゴジュラスの巨体からしか生み出せなかったのでしょう。

さらに時代は進みますが、これ以後ゴジュラスは戦場の主役から一歩脱落した存在となったとしか言いようがありません。
火力も格闘能力もデスザウラーに及ばないのですから。
が、そのタフネスを凌駕する存在は共和国においても数えるほどしか存在しません。
マッドサンダー、ゴジュラスギガ、凱龍輝、キングゴジュラス、この程度でしょうか。
ゴジュラスの活躍していた時期の話なのでギガと凱龍輝のことは脇に置いておきます。ジ・オーガやマリナーはバリエーションとして考えています。禁ゴジュはそもそも比較しちゃダメです(笑)。
なんにせよゴジュラスは巨体のペイロードを生かした戦場の何でも屋としての道を歩んでいくことになります。
が、その前提にあるのはやはり巨体由来のタフネスと格闘能力が存在する機体であるというところがミソでしょう。
デスザウラーやギルベイダーに立ち向かうマッドサンダーの相棒として、火力支援をしつつかつて鳴らしたタフネスと格闘能力を以って体を張った活躍。
手薄な戦線の穴埋めに赴き、高速部隊と対峙しての時間稼ぎ。
拠点防衛のためにボロボロになるまで敵新兵器へと食い下がる。

巨体由来のタフネスがあって、巨体であるがゆえに格闘に定評があって、巨体であったがために火力増強の余地があった。
さまざまなデメリットがあったでしょうが、巨体であったからこそゴジュラスは共和国軍に必要とされ続けたのだと思います。

No title

 リアル地球の兵器の場合、小さいほど防御効率に優れるという事は主力戦車が端的に示していますが、ゾイドの場合では特有の再生する装甲、大型ゾイド程単純な出力が高い事(=重く出来る)を踏まえると、「ゾイドは大きい程防御力を強化できる」程にサイズに応じたゾイドコアのパワー上昇具合が著しいと類推できます。あとゾイドならではの「格闘戦」は言うまでもなくデカくて重い方が有利ですし。

 この類推を前提とした場合ですが、ゴジュラスやデスザウラー等の巨大ゾイドは敵に発見される事を考慮していない、より突っ込んで言えば「見つかっても問題ない」、第一次中央大陸戦争当時の未成熟なドクトリン込みであれば「寧ろ見つけてくれ」と言った思想のもと運用されていても何らおかしくはないでしょう。
発見されたら困る作戦行動をとるのであれば、より最適なゾイドは沢山いますからそちらを使えば良いだけです。

 ウルトラザウルス等の陸海両用機の存在から一概には言えませんが、ゴジュラスは現代兵器でいう主力戦車の立ち位置に近いと思われます。強靭な装甲と攻撃力(Mk-Ⅱとかなら火力も加わる)で味方を守り、前線を構築するのが主な役割です。
戦力としては絶大な分、燃費だの整備性だの戦地へ送り込むのが苦労するだの運用コストが激烈なのも良く似ています(整備性は自己治癒能力如何でマシかもしれませんが)。故にこそ、必要な時、ここぞというタイミングに絞って投入する方が効果的でしょう。ただでさえ配備するの大変な機体だし損耗は避けたいデス。

 総じてゴジュラスと地形の関係については
「基本、考慮していない。地形を活かした戦いは別のゾイドの役目」という結論で自分の中では落ち着いています。
ただしこれも、世界線や時代によって変化する可能性は充分にある事も違いありません。

追記、恥ずかしながらメカ生体時代の資料をあまり持っていないため、「ゾイドの自己治癒能力」が当時からあったのかを把握できていません……。これって機獣新世紀からの新規設定なのでしょうか?

No title

ロールアウト当時のゴジュラスはキャノピー以外は破壊できる火砲は存在しなかったでしょうから活躍できたのでしょうが、中型ゾイドまでデスザウラーを破壊できるようになった大陸戦争時代末期は受難の時代だったでしょうね(中央大陸戦争時の全てのゾイドにも言えますが)。ゴジュラスの場合、爪と牙を使うために前傾姿勢は取れると思いますが、尻尾のサイズが胴体と比べて小さいので、前傾姿勢のまま走ったら転ぶかも。大型陸戦ゾイドがキンゴジュ以外にでなかったのも、ゾイドの破壊力の向上以外にも目立つのも理由の一つだったりして。新世紀でもセイスモの全高は低く、ギガも前傾モードがありますし。下手すれば目立つゴジュラスは陽動作戦に使われたりしたのかも。もっともアナログな設計のボディのおかげかその後の大災害でもゴジュラスは生き残れたので、下手に改良されずに運用され続けたのはかえって良かったのかもしれません。
新世紀ではライガーゼロやジオーガ等再生能力があるゾイドの記事がありましたが、ゾイドはどの程度まで再生できるでしょうか? より新型のギガ足の関節を破壊されて撤退を余儀なくされたことを考えれると、再生できるのはせいぜい装甲ぐらいが限度のように思えるのですが。再生にかかるエネルギーも高そうですし。
余談ですがジオーガの量産型が量産型のブレードライガーのようにOSの効果を落として作られなかったのも、燃費と増大したパワーの代償による関節部などへの磨耗などの整備性の問題でしょうか? あのジオーガを無人制御でコントロールできるのなら、コンバットシステムを強化すればコントロールは可能に思えるので。

No title

他の方も仰っていますが、接近戦におけるコックピットへの被弾率の低下も、ゴジュラスの高さのメリットなのかなぁと思いました。

就役当時の帝国ゾイドはいずれもゴジュラスより全高の低い機体ばかりですし、あの位置にまともに攻撃できるのは、シンカー等飛行ゾイドか長距離からの曲射くらいではないでしょうか(長距離砲の威力・精度も当時はたかが知れていたでしょうし・・・)。
ふと自室にあるキットを下から見上げてみたのですが、キャノピーはかなり死角になり、レッドホーンや小型ゾイドでここを狙うのはかなり無理がありそうです。

そういう点でも、ゴリ押しで接近戦に持ち込む事が合理的な戦術だったのかもしれませんね。

No title

 恐らくですが、でっかいことに意味があったんでしょうね。

 ではどんな意味があるのか? 「でっかい=強い!!」実にわかりやすいですね。けれど、強さももちろんですが、多分「・・・大きい方が遠くまでよく見えるだろ?」ってところにあるのじゃないかと考えています。

 何しろ、ゴジュラスなどは昔からいた大型ゾイドで、その希少さから搭乗できるのは指導者階級だと思うのですよ。となると、主力というより指揮官機ではないかと。そして、指揮官に必要なのは戦場の情報です。
 当時、まだ技術も未熟でレーダーもろくに無い時代、目視以上に頼れるものはない(ゾイドの嗅覚とか視力が利用できればまた違いそうですが)とくれば、周囲を見やすいように装甲外してコクピットに風防つけよう。ということもあったかもしれません。

 これはピガザウロが旗艦型ゾイドと言った記述があったので思いついたことです。指揮とかに使えそうな装備が見当たらず、他のものといったら、長い首を生かして遠くまで見ていたんじゃないかなぁ~と。そして、同じく首の長いウルトラザウルスは長距離砲撃が売りです。

 遠くまでよく見えそう・・・

 ということで、ゴジュラス等が巨大であるのは、その大きさに価値を見出していた。そして、いざ中央大陸の戦いが始まると、強力な火器が登場したことで、大きすぎることが仇となってきた。と考えてみました。

No title

取り上げて頂き、ありがとうございます。

いや、何といいますか。World of tanksとかACV系とかのゲームをプレイして、最近は地形戦を繰り広げる機会が増えまして。
「じゃあ、ゾイドだったらどうなのだろう?」と考えていて疑問に思ったのです。

隠れるためや移動のために前傾姿勢を取っていたというのはあり得ますね。
そして、ギガのように変形機構と呼べるほど目覚ましいものではなかったと。

また、身も蓋もないとは申しましたが、絶対の装甲に自信があるが故に真正面から行く戦術を取っていたというのも頷ける考えだと思いました。

その他にもゴジュラス開発当時における惑星ゾイドの戦闘事情など……。
全てを取り上げることはできず申し訳ありませんが、色々な観点のご意見が聞けて、とても嬉しいです。
どれも、なるほどなと思える意見です。

そして、それらを含めつつ「正面からの装甲での受け止め合い(削り合い)と回避のし合いを行う戦場というのはどんなものなのだろうな」と、今は思いを馳せています。

これも、三式さんやご意見をくださった皆様のおかげです。
とても想像が捗ります。感謝です。

No title

今回も中々面白い議題ですね。
ゾイドよりもデカイ巨大な樹木などはアニメなどを見ていても普通にありそうですね、
無印のヘルキャット初登場回や/0のシャドーフォックス初登場回などを見ると、ライガータイプなどよりもずっと巨大な樹木の森が広がっていたりしますし、
市街地に関しても同様です。

ゾイド自体の全高に関しては、大型爆撃機であるサラマンダーやギル・ベイダーはともかく、
ゴジュラスやデスザウラーは陸戦兵器であの背の高さなので、
個人的には地形戦を有利に進めるよりはその圧倒的な巨体からくる心理的効果を狙っていた可能性が高いと思います。
そして背が高くて被弾しやすい分は、ゴジュラスの場合は持ち前の生命力で、デスザウラーの場合は自慢の超重装甲で防御を固めていると思います。

また、ゴジュラスの装甲に関しては、
機獣新世紀のファンブック1巻における機体解説(テクニカルデータ側の記述)にて、
「装甲に特殊チタニウムを採用したZAC2099(RZ版)仕様は重装甲化が更に進んだ。」
と言う旨の1文がありました。
この事から考えると元々ゴジュラスは装甲も結構頑丈に作られていたと思います。

前傾姿勢に関しては、PSゾイドやゾイドバーサスシリーズ辺りを思い返しても、突撃時や走行時にはゴジュラスはある程度の前傾姿勢は出来ると思います。
ただ、前傾姿勢が取れると言っても可動範囲的に限界があるでしょうし、
メカ生体時代にもゴジュラス9バリエーションの一体として登場したゴジュラスモンスーンみたいな体を地面に対して水平にした機体があった事から考えると、
「従来のゴジュラスやゴドスなどは前傾姿勢で走行してもバランスなどの関係から直立時と比べて機動力が上がると言ってもそこまで劇的なものではない。」
と言う今回の記事の中にもある可能性が高いのではないかと思います。
この点からゴジュラスギガの革新的な所を今回の記事も参考にして考えると、
「モンスーンと同じくらい地面に対して体を水平にした前傾姿勢をとる事ができ、
そこから瞬時に直立モードに可変する事を可能にすると同時に、
足回りも格闘戦時の踏ん張りなどに割くパワーなどを維持しつつ、より高速走行にも対応できる構造にした。」
と言う所にあるのではないかと思います。

最後に、ゾイド星特有の中世の騎士や武士的な風習と言う可能性も十分にありそうだと思います。
咥えて、地球の技術者にとってゾイドは未知の兵器でもあるので、
個人的には地球の技術をゾイドの性質やゾイド星の環境に合わせてローカライズする中で、
少なからずゾイド星の風習やゾイドの改造方法に合わせていった事が、巨大ゾイドと言う地形戦を重視したコンパクトな機体とは対照的な機体が生まれる一因になったのではないかと思います。

全高の問題はガンダムなどのロボットものを見たり、スパロボをプレイしていると、個人的に時折サイズ感覚がマヒしてくる事もありますが、
兵器としての運用を考えると深いです。

No title

ガンダムもそうですが、赤、青、白、金銀メッキなど派手なカラーのゾイドが多いことを考えると、ステルス性はあまり考慮されてないように思えます。一応迷彩カラーのバリエーションや消音装置や光学迷彩の技術があるので、ステルスの概念が皆無と言うことはないと思うのですが。
ゴジュラスのキャノピーの被弾率で思いついたのですが、対地攻撃用カブトムシ型ゾイドのサイカーチスが実戦投入されたのも、上空から共和国ゾイドのキャノピーを狙い撃ちする意図もあったのかもしれません。逆にダブルソーダはデスザウラーのファンやサンルーフかコングの背中のミサイルを狙うとか。

No title

>No Nameさん
多くのデメリットがある。でも
「そんな事は分かっているけど俺たちにはこいつがいなきゃダメなんだ」
というのがゴジュラスなんでしょうね。

ゴジュラスが前傾を嫌った可能性はありますね。
ゴジュラス・モンスーンが制式採用されていない事からも可能性を強く感じます。

弾数も考慮が必要ですね。
ゾイドの砲はマガジンがある場合が少なく、実弾砲は弾数が限られているだろうなあと思うものも多いです。
ビーム砲ならエネルギーが続く限り撃てるのだと思いますが。

>w15さん
大型の兵器は、ある程度「撃たれる」事を前提にしている場合もありますね。
戦艦クラスになると魚雷や艦砲を受ける事が必ず考慮されていますね。
ドッシリ感のある兵器に撃たれ強さは必須!
魅力的です。

230tにもなるゴジュラスだと、仮に身を隠せても歩くだけで地響きがしそうで、そちらで発見されたりもして…。
山脈などではゴジュラスでもウルトラでも身を隠せそうですが、平原も多い中央大陸。
やはり総合的に考えて隠密性は低そうです。

>がたんごとんさん
生還さえさせれば修理する事が可能なので、多少被弾しても「耐えられる」限りにおいては積極的に使いたいですね。
ゾイド用のギリースーツはあれば有効そうですね。
ただし本格的な偽装をしたスーツになるとメカニックに挟まってしまいそう、、。
ゾイドの走行などに迷彩塗装がされている例がある事から、スーツは現時点ではない・ないし少数と考えたいかなーと思います。

>横転臼砲さん
実際に数値で示されても「体感」が理解を拒む場合というのは多々ありますねー。
地球人飛来前に巨大ゾイドが巨大ゆえの活躍を印象付ける事をしていたなら…、それは日本海軍にとっての日本海海戦のような印象となって後々まで支配したのかもしれませんねぇ。

>NoNameさん
お見事です!
共和国軍がまさにそのような考えでゴジュラスを最大限に信頼して運用した事でしょうね。
素晴らしい考察に感動しました。
後々までタフネスでゴジュラスを越えるゾイドがなかなか登場しなかったのは誇るべき実績ですね。

>ベルナのウルフ乗りさん
たしかにゾイドの種類は多いので、役割分担を考えるとゴジュラスは「むしろ見てくれ」の可能性もありますね。
この辺りの考えは「ゴジュラスの無敵神話」の形勢に大きく寄与していそうです。

「再生」は機獣新世紀以降の描写ですね。
ただ、メカ生体時代にもあったと考えて良いと思います。

>NoNameさん
たしかに「強くて厄介」なゴジュラスは陽動としては最適ですね・・・。
しかも耐久力がバカ高いから長時間に渡って敵をひきつけることが出来る。最適ですねえ。
そういえば、小一ではゴジュラスが囮役になり単機で突撃する話がありました。
しかも、囮なのに生還して主力部隊と合流していました。すごいぜゴジュラス!

ゾイドの再生は、たぶん一瞬で行われるのではなく時間と共に徐々に再生する感じじゃないかなと思います。
待っていたら再生するより先に破壊される…。それゆえ逃げる。
あるいは、再生しても高質化するまでに時間がかかるような。
ザリガニが脱皮直後にフニャフニャになる姿。でもしばらくすると固い装甲が完成する感じです。

ジ・オーガの量産型はぜひとも実現したいプランですね。
おそらくですが機獣新世紀ゾイド当時にゴジュラスは数十機しかおらず配備数が少なすぎる。
それゆえ行えなかったのだと思います。
メカ生体時代ほどの数が居れば実現できていたかもしれませんね。

>M&Mさん
キャノピーは元々被弾しにくいうえに接近すればするほど狙いにくくなりますね。
敵としては徐々に狙いにくくなる…という事情の中でプレッシャーを感じつつ撃つ必要があったのかも…。

>石蔵さん
初期においてはゴジュラスが指揮機だった可能性は高いですね。
もちろん指揮機はビガザウロやゴルドスではあるんでしょうけど、前線ではゴジュラスがその任務を代行していたかも。

ビガザウロは頭部がビークルになっており飛行可能。ゆえに偵察などもでき有効というのがありますね。
通信はゴルドスとペアを組んで頑張って頂きたいトコ尾です。

>やまさん
おかげさまで有意義な話ができました!
ありがとうございます。
色んな疑問を元にゾイドの魅力を掘り下げていきたいですね。

>ラウルさん
心理効果は期待できそうですよねー。
初期においては特に。
しかし後期には逆に仇となり発見次第に積極的に攻撃される事もあったかも…。

しかし、ゾイドはデカイですが、ガンダムも高さだけなら同じくらいだったりしますね。
様々なロボットとゾイドを比べてみても面白いですねえ。

>NoNameさん
むしろ後期になれば目立とうとしている風にも感じますねw
迷彩カラーが現場にあるという事は、中央の考えと前線の考えは必ずしも一致していなかったのかも…。

ゾイド星の中世のような考えは「最前線とは無縁の」中央では後々にまで残り、一方の最前線は今そこにある戦闘こそが現実だから迷彩塗装をするようになった…かも。

サイカーチスは元々は長距離射撃機ですね。後方支援機です。
しかし実際の運用としては対地任務が多かった。
狙ったものではないものの、キャノピーを狙う意図から対地任務を担ったのかも…。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント