ゴジュラスとコングの発展性について

ブログでゾイドの事を書いているとゴジュラス関連はいつも異様に盛り上がるなと感じています。
やはり特別な魅力を持つゾイドだと思うばかりです。
さて本日はそんなゴジュラス、そしてライバルのコングについて新たな話題です。

「発展性」について。

アイアンコングが優秀とされるのは操縦性の他にも発展性でしょう。
こやつは大陸間戦争でも大いに活躍し、オルディオスに勝つ寸前までいった機やキングゴジュラスを迎え撃った機まで確認されています。

はてさて一方のゴジュラスたるや負けまた負け…。
うーん、ゴジュラスの発展性は低いのか。「MK-II」が到達できる極地だったのか!?
と考えてしまうんですが、ふとそんな事もないと思うようになりました。
否むしろゴジュラスもコングも発展性は同程度に高いと考えるようになりました。
その理由を下記します。

重要なのは機獣新世紀ゾイドでのアイアンコングとゴジュラスの比較です。
このとき、依然として「砲撃ではコング、格闘ではゴジュラス」という力関係だったと思います。
ゴジュラスの方は装甲が強化され防御力が倍増していたので、ややゴジュラスの勝率が上がった感じでもあるのかな。



アイアンコングの発展性の高さは先に書いた通りで、暗黒コングの活躍は凄まじい印象を残しています。
改めて凄い。
されど、これらは暗黒技術で超超強化された万能コングではないと思います。
なぜなら、万能コングであるなら新世紀コングも同等ないし近しいスペックになっていると思うからです。
しかし、そこまでのものではなかった。
そこから考えると、暗黒は量産できない事情があったのでしょう。

可能性が最も高いのは、エナジーライガーのように「凄まじい能力を発揮するが稼働時間が短すぎる」ではないかと思います。
コング自身のエネルギー総量には大した変化が望めない。そこで「ディオハリコンやブースターなどで瞬発的なエネルギーを高める」「エネルギーを一気に使うので稼働時間が一瞬で尽きる」ような仕様をしているのでしょう。
おそらく、その短さたるや数分が限界で投入できる作戦が少なすぎるといった仕様を想像します。

ではなにゆえ暗黒コング…性能は高いが稼働時間に難があり兵器としては欠陥とも言える仕様が多く作られたかというと、これは戦況を見ると分かってきました。
暗黒軍は大陸間戦争のほぼ全期にわたって「防衛」をしています。
暗黒大陸に上陸し奥深くに進む共和国軍。それを迎え撃つ暗黒軍という構図です。

侵攻ではなく防衛です。これはキーワードです。すなわち稼働時間が共和国軍ほど求められない。もともと動く範囲が狭いから。
暗黒コングの戦歴を見てみよう。

アクアコングはシールドライガーを絞め殺してウルトラザウルスを水中銃で葬っています。ですがこれは極端に強いという事はないでしょう(水中銃の威力は大したものですが)。



しかも、その後にはゴジュラスに羽交い絞めにされて身動きが取れなくなっています(最終的にどうしようもなくなり自爆)。
この事から超強化ではないように思える。


ブラックコング(ビームスマッシャー試作型を搭載した機)は、学年誌では「上陸した共和国軍を迎え撃って」登場しました。
新バトストでは「新兵器開発研究所の防衛」として登場しました。


性能はシールドライガーを真っ二つにした(ミッチャム……)事から掛け値なしに破格なんですが、いずれにしろ「迎え撃つ」という形なので稼働時間がさほど求められなかったと思います。


デビルコングはオルディオスを追い詰めていますが、これはまさに防衛で基地内に進入した共和国軍を迎え撃っています。


なお基地外の防衛はデッド・ボーダーが担当していた。普通に考えれば、こんだけ強いならお前が外で守れよという話です。
なのに基地内に居るという事はやはり稼働時間に問題があったと考えるべきです。
(エヴァンゲリオンよろしく基地からアンビリカルケーブルを繋げられていて無限のエネルギー供給がある仕様だったりして・・・)


キングゴジュラスを迎え撃ったゴールドコングも凄まじい性能のようです。


ガイロス宮殿を守るゾイドとして配備されていました。
ガイロス帝国首都での戦いには一切関与せず、ただ宮殿にキングゴジュラスが進入した際に始めて動いた。
やはり稼働時間に問題があったと考えるべきと思います。


ゾイドのエネルギー配分というのは…、要するに水風船があって、それに針で穴を開けるとチョロチョロと水が出てくる。長い時間をかけてようやく水はなくなる。これがノーマルタイプ。一方、これらの暗黒コングは水風船に大きな穴を開けているようなもので、凄い勢いで水が出てくるけど一気になくなる。そんな風に考えます。

これらのコングはむろん凄まじい強化仕様です。
ただし万能ではなく必要な目的にのみ対応する…言い換えれば目的以外では使えない特化仕様だと思います。
そしてそれらの特化型コングを最適に運用した暗黒軍という事でしょう。

コングの発展性はイメージするほどの究極さではなく現実的・常識的な範囲内でのもの。
ただし、それでもコングが発展性に優れているという評価は覆らないとも思います。
なぜなら重要拠点の防衛の切り札として運用されるゾイドはデッド・ボーダーでもデスザウラーでもなくコングの改造機である事が多かったから。
やはり帝国・暗黒の大型ゾイドの中では最も発展性に優れている部類だと思います。

結論としてはコングの発展性は高い。だがブラックコング等は強化型というよりは特化型。
量産機として・兵器としての評価が最も高いのはMK-II量産型だと思いました。




では次にゴジュラス。
色々と考えると、ゴジュラスの発展性はコングに勝るとも劣らない優れたものだと思うようになりました。
初期の9バリエーションとかは無理やりなものが多いのでひとまず放置します。
コングと同じく大陸間戦争期で見たいです。

この時期のゴジュラスはMK-II量産型が主です。ご存知の様に連戦連敗でいいところが無い…ように見えるんですが、これはコングの場合とは逆の事が言える。
共和国軍は常に侵攻をしていました。なので作戦においては稼働時間の長さ・行動半径の広さが求められる。
特化型ゴジュラスは作ってもロクに使えないものになろう。稼働時間を確保できずば意味が無い。
使いやすい仕様…すなわちMK-II量産型として運用するのが最適との考えに落ち着きます。
それゆえその姿で戦い、そして防衛に適した配置や仕様の敵に狩られる事が多かったのでしょう…。
発展性を単に「コングが優れている」「ゴジュラスはそこまでではない」と捉えるよりも、戦況を加味した考察があるとより面白いと思いました。


ゴジュラスについてもう少し。
実はこの時期にもあっと驚かせるゴジュラスは存在します。
対ギル・ベイダー戦に投入されたマグネゴジュラスとレーザーネット砲装備型ゴジュラスです。

マグネゴジュラスは中央大陸に飛来したギル・ベイダーを迎撃しています。
暗黒軍は防衛が主でしたが、ギル・ベイダー完成からしばらくの間のみは侵攻をしています。
この時期のみ、共和国軍は防衛で戦っています。
そんな戦況で登場したマグネゴジュラスは防衛仕様の設計です。腕のマグネット型装備からは強力な磁力を出し飛行ゾイドを空中で固定してしまいます。
二機がかりでギル・ベイダーに挑んだマグネゴジュラスは、見事にギル・ベイダーを空中で固定しています。
この後にオルディオスが突撃して撃破する戦術でありました。


ただ残念ながら、ギル・ベイダーには護衛としてフライングボーダーが随伴していました。
マグネゴジュラスはフライングボーダーの妨害によって照準を外してしまう。それによってギル・ベイダーが動きを取り戻して反撃開始。逆襲をくらい負けてしまいました。
遅れて到着したオルディオスも勝機を逃しており何も出来なかった。

ただこの戦闘。ギル・ベイダーは自身で反撃する事ができていない。
まぁ、時間をかければマグネゴジュラスに競り勝って逃れる事も出来たでしょう。
ただ、フライングボーダーが居なければオルディオスの到着が間に合い確実に撃破されていたであろう。共和国軍としては惜しい一戦でした。

レーザーネット砲装備型ゴジュラス(名称不明)は、マグネゴジュラスと同タイプのゴジュラスです。


空中に強力なレーザーネットを展開してギル・ベイダーの動きを止めて固定します。やはり二機がかりでギルに挑んだ。
こちらもオルディオスとの連携を目的にしていますが、幸いにも今回はオルディオスが間に合い無事にギルを撤退に追い込んでいる。

防衛で運用されたゴジュラスを見てみると、まぁ華やかさはあまりないよなぁ…。
撃破寸前までもっていったわけじゃなく、あくまで空中に固定しただけ。
でも、あのギル・ベイダーを固定しているわけだから凄い。なかなかアッパレです。
二機がかりとはいえ、さすがはゴジュラスです。底力がある。

この仕様を見るにつけ、ゴジュラスも目的に応じた能力に特化する事は十分に可能だったのではないかと思えます。
極めて発展性が高い。
ただし戦況が侵攻であったゆえに最良の仕様が汎用性の高いMK-II量産型であった。
仮に防衛が主であれば、コングMK-II量産型を迎え撃つ防衛特化型ゴジュラス…稼働時間など様々な問題はあるがとにかく強い…という構図も見られたかも。

(※ただし対デスザウラー用にだけは特化できないと思います。なぜならあまりにも体形や機体特性が似ており対デスザウラー用を作りにくい)

あと、そういえば対ギル・ベイダー用ゴジュラスといえばもう一種類ありました。
こちらは「ゴジュラスボルガ」で、チェーンでギル・ベイダーをからめとって地上に引き摺り下ろす設計です。
先の二機が磁力などで動きを奪ったのに対して、ボルガはチェーンで物理的にからめとっているのが大きな特徴です。


さてボルガですが、やはり二機がかりでギル・ベイダーの確保を挑みチェーン砲を打ち上げた。
見事にギル・ベイダーを確保するボルガ。チェーンを巻くとギル・ベイダーが徐々に地上に近づいてきた…ものの、途中でチェーンがぶっちぎれてしまいます。
そのままつんのめったゴジュラスは地面に激突してバラバラになってしまいました…。


これはしかし、綱引きでいうと両陣営の力が強すぎ綱が切れたような状態。
チェーンがもっと頑丈であったなら…と悔やまれます。
ゴジュラスの引く力が強すぎたゆえに切れた際に自身を壊してしまったのかも…。

私は三つのゴジュラスVSギル・ベイダーから考えるに、ゴジュラスもなかなかやりおるわいと思いました。

改造ゾイドは魅力的です。
我々は主に「こんな改造タイプが居るからこのゾイドは発展性が高い」と解釈しがちだと思います。
むろんそれは正しい。改造できているのだから。
ただし、その上で「なにゆえこのような仕様が求められたのか」を加味すれば更に発展的な解釈・読み解きができると思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

負けが続いているとはいえ量産型ゴジュラスは戦略的に価値が高かったでしょうね
格闘も砲撃もできるし防御力も高いし…
ただデスザウラーがゴジュラスを全て凌駕する性能だったのが無念でしたね…
自慢のパワーもガルタイガーやジーク・ドーベルの運動性能に翻弄されてそうでしたし

一方のコングはすざましいの一言につきますね…
要所要所で強敵として立ちはだかるっつう描写がゴジュラスの負けの印象と全然違いますね

No title

ジオーガがコングPKとの戦い以降、ゴジュラスギガ開発基地防衛戦まで目立った活躍の描写がなかったのも、オーガノイドシステムによる燃費の悪さかも。
大陸間戦争は技術革新が激しい時代でしたね。マッドサンダーもデッドボーダーやガンギャラドに倒されたりしましたし、暗黒軍も改造デスザウラーをハウンドソルジャーの槍で串刺しにされたり、マッドサンダーのマグネーザーを叩き折ったギルベイダーのビームスマッシャーもゴッドカイザーの爪で切り裂かれていたので。ハウンドソルジャーの槍やゴッドカイザーの爪の硬度はマグネーザー以上でしょうか?
ゴジュラスは暗黒コングのような強化型は少ないものの、より強力な次世代機のキングゴジュラスが開発されていましたから、次世代機に恵まれなかったコングよりは恵まれていると思います。ただ、大災害以降、生き残ったのがなぜか中央大陸戦争初期の旧式ゾイドが大半でしたが、キングゴジュラスやギルベイダーのような大陸間戦争末期のゾイドは環境の激変には弱かったのでしょうか?
ゴジュラスボルガのチェーンの件ですが、写真と文面を見る限りゴジュラスがバラバラになった後でチェーンも千切れているように見えるので、ゴジュラスがバラバラになったのはチェーンよりもゴジュラス自体のボディの強度の問題だと思います。ギガなら引きずられるだけでバラバラにはならなかったかもしれませんが。

No title

個人的には妄想戦記のゴジュラスマリナーもゴジュラスの発展性の高さを示しているのではと思います。
水中戦でデススティンガー相手に持ち前の耐久力で食い下がり、最後には2対1とはいえ見事撃破に成功しています。

どうしてゴジュラスなのか?

ゴジュラスボルガなんて作られた当たり、マッドサンダー改造機なんかよりは量産性に優れ
戦術的、戦略的価値が高かったのは確かでしょうね
最近思いついた疑問、何でギルベイダーを引っ張るのがマッドサンダーでなくて
ゴジュラスの改造機ゴジュラスボルガなのか?に対する自分なりの解釈ですが。
この辺は、やっぱりコストの問題かな!とゴジュラスは色々期待されてるんですよ♪
(ゴジュラスよりマッドサンダーの方がパワー上だろうし)

個人的にはマグネゴジュラスの活躍が印象深いな。ゴジュラスボルガは
バトストで知りましたが、マグネゴジュラスは学年誌でちゃんと見た記憶があります。

ゴジュラスでギリギリ勝てるゾイドは?って質問もしたいと書きましたが、
アイアンコングでギリギリ勝てるゾイドも気になりますね!

後、ゴジュラスの魅力ってゴジラ+ティラノサウルスのデザインを
上手く取り入れたカッコイイゾイドだからなんて自分は考えてます!

No title

>されど、これらは暗黒技術で超超強化された万能コングではないと思います。
>なぜなら、万能コングであるなら新世紀コングも同等ないし近しいスペックになっていると思うからです。


単純にディオハリコンが大異変で枯渇したからではないでしょうか?
旧時代のガイロスゾイドは改造ゾイドを含めディオハリコン使用前提で設計されてましたが、ディオハリコンというスーパー燃料が枯渇し、最悪の場合ディオハリコン関連の技術も異変の混乱で喪失したかもしれない新時代では暗黒コングばり魔強化は無理ではないでしょうか?

No title

>w15さん
同タイプのゾイドだけに厳しいものがありましたね。
かつてレッドホーンはウルトラザウルスに対して「同タイプのゾイドだけに対抗しづらい」とありました。
同様の事がゴジュラスVSデスザウラーにも言えるのだと思います。
戦い方が似ているしフェイントをかけようにも同タイプだから相手もすぐに対応できる…。
ゴジュラスにとってまさに転的だったと思います。

防衛戦だったらと思うと、どのようなゴジュラスが生まれていたかがとても興味深いです。

>No Nameさん
ジ・オーガも燃費は悪そうですね。
ゴジュラスなので短くはないと思いますが、ノーマルに比すればだいぶ落ちていそう。ただでさえ重いものを満載しているのに更にOSですからねー。

暗黒ゾイド各種や同時代の装備は細かい考察が必要ですね。
マッドサンダーVSガン・ギャラドは「ダムのエネルギーを使用して」という怪しい文言が添えられています。
ハウンドソルジャーは、たぶん背部強化砲をしこたま撃った跡に突撃したのかなーとか、そもそもあのデスザウラーを見るとノーマルタイプほどの防御力はないと思えるところとかがあります。
ゴッドカイザーは翼を切り裂いていますがマグネーザーではありませんね。といっても大した切れ味です。
ギル・ベイダーがウイングバリアーを点火していなかったから切れたのかもしれません。

チェーンはどうでしょうね。たしかにジオラマを見るとこの瞬間のチェーンは無事なようにも見えます。
ギガだとどうなったかは興味深いです。
ただギガはもうちょっと重量が欲しいです、、。

>No Nameさん
マリナーもありましたねー。
妄想戦記は妄想ゆえ公式戦記と捉えて良いのかは微妙ですが、改造機としては凄く魅力的だったと思います。
あっちを発売して欲しかった・・・。

>ゴジュラスファンさん
ボルガの部隊にはウルトラザウルス二機も随伴していました。なのにゴジュラスが引っ張ったのは不思議ですねー・・・。
共和国軍が、飛行ゾイドだからそこまでパワーは無いだろうと思っていたのか。
あるいは、飛行ゾイドの動きを捉えるにはフットワークの良い(旋回性の高い)ゴジュラスが適任だったのかもしれませんね。
このとき、ギルを固定した後にすぐチェーンをウルトラにも巻きつけ共同で引っ張っていれば…と思えますね。

>nnMnnさん
その可能性もあるとは思いますが、ならばなにゆえ万能コングが内部など稼働時間が限られたと思えるような運用をされているのかが気になるところです。
新世紀の時代に、資源として枯渇した可能性は大きく感じています。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント